FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 21:45:54 «edit»

Category:回顧

来週来週また来週WIN5反省会 

■中山09R サフラン賞 500万 芝1600
1着◎サトノレイナス
2着▲テンハッピーローズ

----------
1R目でもあり、即死を避けるためにも慎重に入りたいところ。

だが、後ろの点数を考えると絞りたいのも本音。

2歳戦はまだまだ横の比較がやりにくいだけに
ここは素直に人気どころでお茶を濁すのも手。

ディープ2頭で何とかならないか。
----------

正直デビュー戦のサトノレイナスの走りで
ここまでの強さを予想できたのかというとそうでもない。

ディープでルメールでサトノフラッグの下で国枝で。

だから多分強いんだろうというのが本音。

実際、デビュー戦で3/4馬身差だったジュラメントは最下位。

いかに力を出していなかったのかという内容。

着差は1馬身1/2だが、これは強い。

■中京10R 白川郷S 1600万 ダ1900
1着◎ハギノアレグリアス
2着▲キーフラッシュ

----------
ハギノアレグリアスの人気は分かるが、
3歳馬というのが引っ掛かる。

土曜はカフェファラオが勝ったとはいえ、
この時期の3歳が1000万を圧勝しても
人気になった1600万で負けるのは普通によくある。

少額ならこの馬1点もありだが、
点数を増やすならこの1倍台は逆手に取るのもありか。

でも最近の傾向が前半堅くて拍子抜けばかりなんだよなあ。

2,3人気を拾う作戦ならワンチャン。
----------

1倍台の馬はガチ勢にとって敵でありお客さん。

飛んだら配当が跳ね上がるし、
勝たれると点数が一気に無駄になる。

だからって大勢と同じことをやっていたら意味がない。

点数を使うからこそガチ勢なわけで。

にしてもキーフラッシュは残念だった。

3着には7馬身の差がついているだけに
今日のところはハギノの強さに脱帽するしかない。

勝ち時計の1.56.3は
土曜中京のシリウスS(G3)の1.57.8を大きく上回った。

ん?あれ?おかしいぞー。

重賞の時計より1600万の方が1秒5も速いぞー。

やっぱりカフェファラオは疑ってよさそう。

馬場差の大きな芝よりもダートの時計の方が信頼度高いし。

■中山10R 茨城新聞杯 1000万 芝1800
1着×ウインカーネリアン
2着△ルリアン

----------
牝馬はともかく牡馬が信用できないのが今年の3歳。

一方、先週の3歳は1000万をハーモニーマゼランがすんなり勝った。

NZTでアブソルティスモがこれに優に先着。

距離も1F違いならってところだが・・・。

ルリアンは前走不良だったとはいえ、
紛れの少ない新潟で人気を裏切った。

ウインカーネリアンなんかは皐月賞4着なのに
札幌の1000万で5着だったのはどうか。

こういうのがあるからわからなくなる。

しかも芝で用無しのゴ三浦師匠では。
----------

3R目でそろそろ荒れる気配もってことで警戒したのがここ。

直線入り口でグレイテストが先頭に立った時には
いい配当来るかって期待もしたがなんてことない。

WIN5の芝でセントウルSダノンスマッシュが初勝利だったゴ三浦師匠。

仕方なく押さえていた馬が勝利。

前走1000万で5着とは何だったのか。

いや、この馬はただの中山専用機かもしれない。

■中京11R ポートアイランドS OP 芝1600
1着△ドナウデルタ
2着▲ピースワンパラディ

----------
見た目混戦ぽいけど広げたら損しそうな雰囲気もある。

中京は前残り傾向があるので後ろの馬は狙いにくい。

基本はディープ、カナロアで。
----------

アロハリリーが面白そうなのをあえて我慢。

大人しく上位人気で終わらせた。

この1,2着は友一と元気ちゃんの差だね。

経験は大事。

上で揉まれている分、友一は勝てる騎手になった。

■中山11R スプリンターズS(G1) 芝1200
1着▲グランアレグリア
2着×ダノンスマッシュ

----------
シェアを見たときにグランに集中しているのがわかる。

そりゃまあここが無難かもしれないよ。

しかしまた東京のマイルと中山の1200がリンクしない印象も強い。

だってこの馬は本来マイルでアーモンドアイより強かった訳。

出すなら毎日王冠からの秋天ルートが本筋。

スプリントなんか使ったら可能性を狭めるだけ。

疲れはしないんだろうけど捕まえられませんでしたってのは普通にある。

スタートから出して行かないと追いつかないもの1200。

あと、ディープ産駒がスプリントG1勝てない歴史。

データ派だからこれはどうしても引っ掛かる。

心情的には勝たせたくないというのも大きいが。

ダノンスマッシュのセントウルSは
スプリンターズを勝つなら理想的な乗り方だった。
----------

我ながらロマンを引きずってるのが分かる予想の仕方。

感情抜きで当てるのも正義だが、
好き嫌いをするのも競馬。

まあグランアレグリア-ダノンスマッシュでは面白くないから
色々と難癖をつけて荒れる可能性を探しただけ。

結果が1,2着でも驚く理由は何一つない。

ただ、モズスーパーフレアは可哀想だったな。

ビアンフェの競りかけはルール違反でもない。

でもあれだけの邪魔をするならば、
佑介はもう少し勝つためのプランを用意して欲しかった。

ラブカンプーよりさらに3馬身差の最下位では言い訳が成立しない。

ミスターメロディは祐一が言うには手前を替えなかった模様。

勿体ないねこの馬。

勝ちに行っての4着だからこれは責められない。

サウスポーなんだねえ。

クリノガウディー5着はよくやった。

レッドアンシェルは祐一で見たかったけど力負けも確か。

以前ならミルコで鞍上強化喜ぶところだったのに
今のミルコには怖さがない。

■回顧

当たったことは当たったが、死なずに済んだという方が正しい。

このくらいなら2口以上でも拾っておかないと。

嬉しいことに中山中京という悪夢のようなクソ開催もこれでおしまい。

来週からはいつもの東京京都新潟の3場。

巻き返して行かないと。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3945-5af3bf1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング