FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 00:30:08 «edit»

Category:回顧

燃え尽きた、、、真っ白になっちまったWIN5反省会 

■新潟10R 阿賀野川特別 1000万 芝2200
1着-トータルソッカー
2着◎エンデュミオン

----------
今年の新潟の芝条件で重賞レース以外はすべて1,2番人気での決着。

いきなり突き当たるのが宏司と三浦。

この2人どちらも今年のWIN5の芝で未勝利。

北村宏司 0- 2- 1-25/28 0.0% エンデュミオン
三浦皇成 0- 3- 3-27/33 0.0% ペレ

ただ、どちらの方が上手いのかとなるとさすがに宏司。

ペレも悪くはないが、ルメールから三浦は鞍上弱化し過ぎ。

最近ヴィクトワールピサ産駒の好走も多く◎はこちら。
----------

混戦に見えても前走のレース映像を見るとエンデュミオンで勝てる。

そう考えて三浦を消して田辺と2点にしたのがここ。

だったものの、なんなんだ宏司のこの超絶クソ騎乗は。。。

なんか溜め殺しスランプだったときの豊みたい。

この馬の好走はすべて5,6番手以内。

前走の圧勝も3番手からの楽抜け出し。

にもかかわらず謎の後方待機。

レースを見ていてここまで腹が立ったのは久しぶり。

あっちをチラり、こっちをチラりと度々左右確認。

ずるずると位置を悪くしてしまいにゃ最後方近くまで。

直線に入るまで進路の確保もせずに無為無策。

挙句に大外ぶん回しでクビ差届かず。

いや、これ割と真面目に八百長じゃないの?

さすがにここまで酷い騎乗は新人でもやらないでしょ。

宏司のせいではずれたのもあるけど、3歳馬としては菊を見据える舞台。

ポポカテペトルやオウケンブルースリもこのレースから秋のクラシックに行った。

1頭の馬の将来を左右するほど重要だったはずだが。

ちなみにこれを負け犬の腹いせなんていうのはおかしい。

こんなの見せられて切れないようでは本気で競馬をやっていない。

■札幌10R 大通公園特別 1000万 ダ1700
1着○シェダル
2着◎ロンドンデリーエア

----------
ルメールが乗る以上1倍台も覚悟しないといけないロンドンデリーエア。

前走内容が秀逸だけにやむなし。

3月の中山で豊が下手に乗ってシェダルの3着がある。

スケールと馬柱の綺麗さを考えると上位人気で終わらせたい。
----------

勝ち時計は1.46.6と遅かった。

その割に追い込んだクリノが3着だったし、
早め抜け出しのロンドンは差された。

前走鮮やかだったからルメールならロンドンの人気は当然。

シェダルは前走早めの競馬をして差されたが、
今回は好位で我慢した。

にしてもあんな押して押しての競馬でよく届いたなあ。

武史はソリストサンダーで
早仕掛けして負けたのを次走で修正していたように適応早い。

こういうのは若さの伸びしろだねえ。

■小倉11R 北九州記念(G3) 芝1200
1着-レッドアンシェル
2着-モズスーパーフレア

----------
荒れるならここだし、荒れてくれないと困るのもここ。

例年通りの狙い方で問題はないと結論。

配当的な妙味は当然ながら56789人気

入稿時オッズ
ジョーカナチャン 5人気 逃げ
カリオストロ   6人気 逃げ
プリディガメント 7人気 追込
アンヴァル    8人気 差し
レッドアンシェル 9人気 差し

条件合致はプリディガメントとアンヴァル。
----------

もうこれ全部買えばよかったじゃん。。。

ロードカナロア産駒で狙い撃ちしたアンヴァルが最先着したものの4着同着。

モズスーパーフレアが崩れないことは百も承知。

単にどの馬でもいいから穴が交わしてくれというWIN5用の戦略。

だったのだが、結局レッドアンシェルだけが差し切った。

これはもう完敗だわ。

CBC賞で復調気配は感じていたが、ここはトップハンデ57キロ。

1800時代ならまだしも1200に短縮されてからのトップハンデは初勝利。

さすがにこのレースの過去の傾向に合わなかったよ。

ただ、真っ向勝負でモズに完勝は評価すべき。

ブリンカー装着効果でここまで変わるもんかね。

追込みの利くこの舞台でモズを交わせなかった組は絶望的。

中山芝1200は逃げ馬天国だけに、
舐めているとワンツー決着再現も十分にあり得る結果。

■新潟11R NST賞 OP ダ1200
1着◎ヒロシゲゴールド
2着△ヒデノヴィーナス

----------
そこそこ混戦なのがここ。

コース巧者は特になし。

先行抜け出しが基本の新潟ダ1200だけに5番手以内くらいが理想。

実績的にヒロシゲゴールドが有利。

しかし宏司は10R11R続いて1番人気馬ってどうしたのか。

乗れる騎手って程じゃないのに枕営業?(笑)

エージェントが頑張ったのかね。
----------

10Rでクソ騎乗をかました宏司がしっかりと勝利。

いつも言ってるように下手糞でも逃げ馬は買えの法則。

激流の中山ダ1200を凌げるなら新潟でも通用の下地は余裕。

■札幌11R 札幌記念(G2)芝2000
1着◎ノームコア
2着-ペルシアンナイト

----------
今回はノームコアを上位に採る。

実際に直接対決ではVMで先着している。

洋芝が庭のはハービンジャー産駒。

距離?

妹がクロノジェネシスだしなあ。

それに3歳の時とはいえ、
紫苑Sで2000mを楽勝している。

ミルコ同様に典ちゃんという障害が立ちはだかるがおそらく大丈夫。

武史や和生がいるときには真面目に乗るから。
----------

ハービンジャー狙いは正解だったが、
ペルシアンナイトは来ないと思ってた。。。

展開も想定内だったが、ラッキーライラックのミルコにはガッカリした。

なんかもうかつての神通力的な何かがないよね。

勿論、馬の力不足というのも否定できないとはいえ、
ノームコアの典ちゃんが完璧騎乗だっただけに天地の差。

ラッキーライラックが復活したのはスミヨシが差しに転じたタイミング。

今日も先行するにしてもあそこまで主張したのは不可解。

思い切り目標にされただけ。

オルフェーヴル産駒の割に軽いスローが向いてる?

■回顧
いやなんかもう、最近は読み違いばかりでいい加減しんどくなってきた。

初回からWIN5やってるけどここまで酷いのもなかなかないかも。

ドエムの豚野郎なのに痛みを感じるようになっちゃダメだ。

来週また生き返ろう。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3939-453b2ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング