FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 00:42:23 «edit»

Category:回顧

吠える吠える吠えるWIN5反省会 

■新潟09R 驀進特別 1000万 芝1000
1着◎トーホウレジーナ
2着-ポートナイトサイト

----------
前走快勝のトーホウレジーナ。

菜七子については割り引く必要はなさそう。

ラブカンプーでもしっかり乗ってたしね。

勝負弱い印象はあるが。
----------

千直8枠は今日が誕生日だった菜七子へのプレゼントだった?

スタートを決めて先手を取るとそのまま押し切り。

2着も2番手のポートナイトサイト。

こちらは初芝が千直だった割に好走。

一旦様子見を決め込んだが、2番人気なのだから競馬ファンは怖い。

不良馬場だったこともあり、後ろの馬に出番なし。

雨が降った時点で勝負ありだったかもしれない。

■札幌10R HBC賞 1000万 芝1200
1着▲ショウナンマッシブ
2着◎ファンシャン

----------
2走前にロフティーピークとハナ差のファンシャン。

そのロフティーが前走の知床特別を隼人のヘグリで取りこぼし。

内容的には騎手が悪かっただけの敗戦で即通用した。

スライドするとファンシャンも勝てる計算は成り立つ。

前走500万も2馬身半差の楽勝と勢いもある。

秋山君で人気がないならむしろ狙ってみたい。
----------

グランドピルエットが除外で返還。

予想で触れたようにファンシャンは
かなり自信があったのだがまさかの2着。

インを突いた武史の好判断がアタマ差の勝利を呼び込んだ。

これを外から回す騎手では勝てない。

武史が上手かった。

カステルヘルミは消して正解。

■新潟10R 信濃川特別 1000万 芝2000
1着-ターキッシュパレス
2着-アドラータ

----------
弱い者いじめ大得意の生姜君がルリアンで必勝態勢。

こういうときの彼は頼りになる。

重賞で勝てないからむしろここ勝ってレパード怪しいのでは?
----------

重馬場適性が明暗を分けたかもしれない。

ルリアンの位置取りは決して悪くなかったが、
好位から伸び切れずの3着敗退。

上がり最速の脚は使ったが、前の馬を捉え切れず。

ターキッシュパレスは評価していたイズジョーノキセキを負かしていた馬。

他に買うならこの馬だったが、前走このクラスで負けているのが引っ掛かった。

とはいえ、2頭しかいない3歳馬の1頭が勝ったのだから不思議でもない。

良ならルリアンが勝っていたと思いたいが・・・。

■札幌11R エルムS(G3)ダ1700
1着○タイムフライヤー
2着▲ウェスタールンド

----------
福島や小倉のダ1700と違って重賞の札幌なら大荒れはなし。

ある程度上位人気で計算は立つ。

10Rはともかくここは広げたくないかも。

先週のエストで禿げ散らかされたのでウェスタールンドは押さえたい。

この馬ダ1700は2戦2勝。

タイムフライヤーは前走楽勝したが、
ハイペースの展開で見た目以上に派手な勝ち方。
----------

前走プロキオンSで万馬券を取らせてもらったこともあり、
個人的な応援の◎エアスピネルは7着に終わったが、
〇▲のワンツーなら予想としては成立している。

勝ち切れない展開が多いウェスタールンドとはいえ、
今日はタイムフライヤーの強さが一枚上手。

昨年は6着に敗れたレースでもあったし、
前走楽勝したとはいえOPクラス。

全幅の信頼を置くには心許なかったが、
今日の勝ち方ならG1通用までありそう。

重賞勝ち実績のある馬を負かして自身もダート重賞初勝利。

血統的にも晩成ハーツクライだけに
アウォーディーくらいの活躍なら期待出来そう。

エアスピネルは久々に豊とのコンビ。

スタート決めるも内枠で行き場もなし。

掛かる仕草もあっただけに残念な結果。

次走も狙いたい。

■新潟11R レパードS(G3)ダ1800
1着-ケンシンコウ
2着○ミヤジコクオウ

----------
堅かった重賞も近3年は荒れているが、今年はどうか。

新潟は天気が崩れて不良のダートなのも気になる材料。

で、今夏の新潟開催のダートだがすべて前残り。

さらにレパードSの勝ち馬は過去10年でグリム以外全馬が1800以上経験あり。

今年のデュードヴァンは後ろから行くタイプで1800経験なし。

グリムは逃切り勝ちだった。

重賞で用無しの生姜君。

好相性JDD組はミヤジコクオウ1頭。

和田もアテにならないけどデータ的には消せない。
幸の方がよかった。

展開的にはやはり前々重視。
----------

ライトウォーリアって逃げ馬じゃなかったのかよw

子猿はしばらく買わないことを決意。

まあそれはともかくとして元気の好騎乗ばかりが目立つ結果となった。

スタートして競り合いながらもタイガーインディからハナを奪い取る。

ここで行くか引くかが勝負の分かれ目になった。

元気がこれで行かなければ展開は変わったかもしれない。

データの推奨ミヤジコクオウは2着と力を見せたが、
和田も気合をつけながらの追走でこれなら仕方ない。

デュードヴァンの川田にしても
前に行かないと勝負にならない新潟のダートだけに
先行した判断は責められない。

過去10年でマイルまでしか経験がなかった馬は
グリムしか勝っていないが、この年はスローの前残り。

前傾ラップで押し切ったケンシンコウは文句なしの強い勝ち方。

■回顧

今日の対象レースで1点にするかどうか悩んだのは、
トーホウレジーナ、ファンシャン、ルリアンの3頭。

諸々検討した結果、
即死は怖くて広げたのがトーホウレジーナ。

だってコンピレーションやアルミューテンも
横の比較で怖かったもの。

ファンシャンにしても札幌が荒れている傾向から
全幅の信頼は置きづらい。

最終的にルリアンなら川田が弱い者いじめで拾えるんじゃないかと。
むしろデュードヴァンの危険な人気馬扱いは予想でも触れた通り。

レパードSについてはレース単体での的中は出来なくても
WIN5全体としての的中は出来たレースかもしれない。

木曜に出馬確定した際には22277の392点で想定していた。

約4万円。

ここから試行錯誤が始まって
トーホウレジーナ1点は怖い~
ルリアン1点にしないと他のレースで点数足りない~
みたいな紆余曲折で正解からむしろ遠ざかってしまった。

たまに同士のWIN5中毒者のフォロワーさんから
的中報告をもらうおとがあるのだが、今日もあった。

ジュマルさん
@311_1976

ホンマおめでとうやで~

ウチのブログを読んでくれてる人は基本的に
WIN5やってる人が殆んどなのだが、
やっぱりこういう報告はいいね

WIN5沼にハマってる人間にしか理解できないことは多い。

やらない人間や結果論だけで
話している人間とは分かち合えない感情がある。

だからこそ他人の的中にも喜べるし、
他人のWIN4にも同じく悲しめる。

それだけのこと。

では最後に今日のWIN5の経過だけおさらい。

2766777票(33.750%)1人気トーホウレジーナ(31.4%)

458507票(5.5930%)2人気ショウナンマッシブ(18.0%)

19977票(0.2437%)2人気ターキッシュパレス(11.7%)

5468票(0.0667%)1人気タイムフライヤー(26.2%)

131票(0.0016%)7人気ケンシンコウ(3.6%)

まず1回目の虐殺が新潟10Rでルリアンが飛んだこと

票の減少率としては7番人気ケンシンコウだが、
虐殺度はルリアンの方が高いだろう。

なぜなら1倍台の馬は1点で勝負する人間も多い。

そしてルリアンを1点にしてのケンシンコウであれば、
押さえられていた人間もまた一定数いただろう。

ただ、それは1点にしての条件の上でのこと。

これを2点3点と増やしたが最後、点数は何倍にも膨れ上がる。

悲しくなかれ、ちなみにルリアンが勝利して
ケンシンコウだった場合、想定は20万程度。

1倍台でも勝率は5割だから疑えがWIN5の基本。

基本を疎かにしたのも反省材料。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3937-31f68fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング