FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 14:10:02 «edit»

Category:回顧

やることなすことすべて裏目だったWIN5反省会 

■東京09R ホンコンJCT 1000万 芝2000
1着-エターナルヴィテス
2着×シャドウアイランド

----------
頭数が少ないだけに無駄打ちは避けたいところ。

ルメール&藤沢のヴァンランディの人気は仕方なし。

レターオンザサンドは能力的には足りていそうだが休み明けで脩がどうか。
----------

前後半3F36.5-34.8の後傾スロー。

その割に解せないのは番手のルイジアナママやコスモインザハートの惨敗。

この流れで残れないのは馬が弱過ぎる。

まあ酷かったのはルメールのヴァンランディ。

スローなのに後方のまま。

直線入り口で慌てて進路確保しようにも後手後手。

前が塞がるなかでやっと追い出したら時すでに遅し。

ホント舐めてるなあとしか。

■阪神10R 加古川特別 1000万 ダ1800
1着△スズカフロンティア
2着-ゴールデンライオン

----------
先を考えると広げたくても我慢したいところ。

ローザノワールは気乗りしないのだがなぜか人気。

ただ、展開的に楽逃げなら残り目も。

スズカフロンティアは佑介が不気味。
----------

5F通過62.7のクソスロー。

だが、隼人の大マクリで一変。

とはいえ前が厳しかったとも思えないラップだけに負けた馬は弱い。

ローザノワールなんて謎人気だった。

ゴールデンライオンは展開利が大きかった。

勝ったスズカフロンティアは勝ち味に遅い馬で2,3着量産タイプ。

これは佑介の好騎乗。

今の佑介なら騎手買い出来るレベル。

今年本当に調子がいい。

■東京10R 麦秋S 1600万 ダ1400
1着×ハーグリーブス
2着▲ロンドンテソーロ

----------
怪しいのはルメールのハーグリーブスとレーンのバーンフライ。

仕方ないので押さえまで。

脩は下手糞だが単騎でいけるようならロンドンテソーロ。

渋ったダートならスピードが活かせるかも。
----------

ハーグリーブスなんか前走だらしなかったし、
3着連続で過剰人気。

ロンドンテソーロのが余裕で強いと思っていたのだが・・・。

この馬乾いたダートより湿ってる方が得意なのかもね。

全然別馬みたいな勝ち方。

クリノフラッシュがバカ逃げした分だけロンドンにはしんどかったか。

■阪神11R ストークS 1600万 芝1600
1着-スイーズドリームス
2着-ダブルシャープ

----------
弘平推しとしてはボッケリーニは評価したい。

ブルーメンブラットの仔に豊は応援。

ただ、あまり信用できないのが2頭。

和田のアドマイヤスコールに復調気配が見えるのでこれから。

これまで散々アンチを苦しめて来たディープのラテュロス。
----------

弘平ボッケリーニは出遅れて後方。

ディープの仔に警戒するのは既定路線だけにスイーズドリームスとラテュロス。

ただ、スイーズドリームスは前走狙ったら2着に負けて気乗りしない。

人気のない方を狙うかとラテュロスにしたら向こうが勝ってこっちは3着。

というかディープの2頭が揃って1,3着だもんな。

こんなのディープ馬券で楽勝だぜ。

なお、はずれた模様。

■東京11R 安田記念(G1) 芝1600
1着-グランアレグリア
2着▲アーモンドアイ

----------
昨秋からチェックしている京都と東京の馬場差を活かしたい。

東京の馬場はかなりトリッキーで超速。

軽くて切れるのが条件。

枠も八百長かと思えるような1番2番。

東京の超速馬場。

2頭とも逃げ先行型。

天地人これ以上ない条件が揃った。

アドマイヤマーズはともかくグランアレグリアは買えない。
----------

いやあ、久しぶりに回顧するのも逃げたいくらいの大ハズレ。

我ながら苦笑いするしかない。

まず土曜深夜の雨が予想以上に大量に降ったこと。

水捌けのいい府中のうんこ馬場なら何事もなかったかのように
超速馬場キープだと思ってた。

実際10Rで33秒台前半出てたし。

超速馬場の場合は短距離寄りの馬がそのまま残るのはいつもの傾向。

だが、34.2-34.3なんていう普通に前残りのラップにもかかわらず、
逃げ先行組が全滅の読み違い。

挙句、能力比較で凡走する可能性がほぼないと見ていたダノンの2頭が惨敗。

ダノンプレミアムなんか不良を59キロで好走していたのに
稍重で13着の上にレーンが馬場のせいにしている。

戸崎はセンスがなかったから下げた上にちぐはぐな競馬で7着。
しかもノメったってさ。

アーモンドアイの敗退については完全にこれ力負け。

出遅れてもすぐリカバーできたし、むしろ内の悪いところを避けられた。

差しのインディチャンプ、グランアレグリアと大差ない位置。

前年の覇者インディチャンプを負かしたなら能力は出し切れてる。

グランアレグリアが走り過ぎたというか強過ぎただけ。

詳細はサイトの方で振り返りたい。

■回顧
アーモンドアイは怪しいと考えて安田をダノン2頭と
アーモンドの3点にしたのは入り口としては悪くなかったが結果が最悪。

脳死で3番人気以内の3頭にしておけばよかった結果論。

想定配当的にはアーモンドの1着なら200万くらい

飛んだ割には想定の2500万を下回る2300万だったのは意外。

もっと配当つくと思ってた。

今回はホント悉く読み違いばかりだった。

自分の予想が悪くないと思えたのは9Rのルメカスクソ騎乗くらい。

下手にWIN4じゃなくて助かった。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3928-dd4acb03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング