FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 18:15:01 «edit»

Category:回顧

痛くもかゆくもなかったWIN5反省会 

■京都10R 渡月橋S 1600万 芝1400
1着-アンリミット
2着-スイーズドリームズ

----------
1R目からいきなりの混戦で絞りにくいレース。

人気も割れて難解だけにここは広げておきたい。

まともならアクアミラビリスが抜けた存在なのだが、
前走で不可解な15着は気になるところ。
----------

これは城戸君の好判断が大当たり。

乗れない騎手や穴馬で鉄則なのが前残り狙い。

終わってみれば逃げたアンリミットが1着で
2番手のジュランビルが3着の前残り。

スイーズドリームズまでは警戒していたが・・・。

WIN5リピーターはアンリミットとトウカイオラージュの2頭。

決め打ちすれば2頭で済んだかもしれない。

■東京10R 青竜S OP ダ1600
1着×デュードヴァン
2着〇ダノンファスト

----------
3歳ダート最強の可能性もあるカフェファラオを追い詰めたタガノビューティー。

横の能力比較で上位評価はやむなし。

ただ、東京のダートは現在前残りが激しい状況。

逃げ先行馬有利なだけに取りこぼしには注意したい。
----------

いつも後ろからのタガノビューティーはともかく
ダノンファストがなぜ後ろからなのか。

何か知らないけど典ちゃんは東京では後ろからの競馬
中山で先行抜け出しをさせているのに謎だ

ただ、デュードヴァンが強いのは確か。
川田が上手いというより馬が強い。

チャンピオンズカップのクリソベリルのような勝負根性。

狭い間から抜け出した。

ダート無敗だっただけに前走芝の敗退は度外視出来たか。

■新潟11R 八海山S 1600万 ダ1200
1着〇エルモンストロ
2着×オンザロックス

----------
ここも絞りにくいレース。

エルモンストロの前走は祐一が下手に乗った。

ただ、プラス14キロの馬体も短距離の追走には軽さがなかった。

新潟の方がレースはやりやすいだろう。
----------

酷いときは前の馬しか残らない新潟ダ1200だが、
最近は差しが届いている。

エルモンストロはやはり前走の祐一が上手くなかったか。

岩田の息子は勝ち負け出来る馬に乗れば結果を出している印象。

■京都11R 栗東S OP ダ1400
1着◎サクセスエナジー
2着〇レピアーウィット

----------
サクセスエナジーの前走は59キロで3馬身半突き抜ける楽勝。

しかも前が残りやすい重ではなく良でのもの。

54キロのヴァニラアイスを寄せ付けなかったのも評価できる。

別定戦の前走より1キロ軽くなる58キロでハンデ戦なのだから条件は良くなる。

1F延長も1400は走りなれた距離で問題ない。
----------

今回最も自信のあったレースで結果的にも◎〇。

ただ、酒井君の乗り方が正解だったのかどうかは疑問。

58キロのトップハンデで前半33.8でずっと追い通し。

これじゃ普通は息が入らない。

それでも交わされなかったのはよほど馬が充実している証。

近走少々物足りなかった馬が完全復活といえそう。

■東京11R ヴィクトリアマイル(G1)芝1600
1着▲アーモンドアイ
2着×サウンドキアラ

----------
有馬で引っ掛かったのが敗因とするなら
掛かり癖を気にすると促してまで前の位置を取りにはいかない。

あくまで王者のレースをするなら後方からいつも通り差し切り圧勝を狙う。

仮に前期でもう1走宝塚でも出すなら折り合い重視が正解だろう。

短距離仕様のレースをするより、いつも通りで圧勝してこそ。

で、また気に入らないのがG1・7勝に並びたいから
とりあえずVMで数だけ拾おうとしてるんじゃねえかって疑惑。

勝って当然と言われるほどの絶対感はないなってのが今回の印象。

でも仮にアーモンドが負けても日本人騎手が勝てるイメージも湧かない。
----------

三浦のトロワゼトワルが逃げて豊のコントラチェックは控えた。

これでもうスロー確定で前半3F34.2。

断然人気アーモンドアイは好発を決めて先行勢の直後の4番手の外。

この時点で勝負あり。

出遅れて、ハイペースで追走に苦労して
直線捌けないというのが取りこぼしのイメージだったが、
好位追走からの外目ではお手上げ。

まあ今回敵視したのは偏にノーザンの使い分けに対するアンチテーゼ。

圧勝されたからって予想のスタンスは変えない。

この馬の強さは分かってるのだから。

だったらどうなったら危ないのかでも考えるしか楽しみがない。

断然人気が飛ぶなんてことは珍しくないのだから。

■回顧

最近のWIN5はとにかく読みがずれる。

9番人気と11番人気を買ったら10番人気にやられたり色々。

自分のセンスがないのが原因とはいえ情けない結果が続いている。

京都のアンリミットなんて広げたつもりだったのだが、
急いで買ったために操作ミスで入ってなかった。

ただ、救いがあるとすれば32万程度で済んだこと。

アーモンドアイがいる以上は仕方なしか。

これももし2,3番人気でも勝っていたら3桁超えだったろうから怖い。

データ上は1倍台ともいえど2回に1回は負ける計算。

さっさと来週に頭を切り替えたい。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3925-6cf272c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング