FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 21:34:26 «edit»

Category:回顧

返還があっただけまだマシだったWIN5反省会 

■京都10R 桃山S 1600万 ダ1900
1着×サクラアリュール
1着-ロードブレス

----------
エルリストンの人気はわかるが、勝ち切れるかは微妙。

適性も京都よりは阪神のイメージが強い。

京都のダートは1800より1900が断然荒れやすい。

逃げ先行の前残りは警戒しつつも差しも決まる条件。

ロードブレスはダ1900で2戦2勝で悩ましい。

ただ、選択権のある川田がこの馬ではなくサンライズセナを選んだのはどうだろう。

ダートの4歳は割引だけにこの人気だと手が出しにくい。
----------

ロードブレスは最初に気になったものの、川田が選ばなかったのと前走接戦した相手がダンサクドゥーロなのがしっくり来なかった。

その上、下手に東スポ読んだら勝ち時計が大したことないって書かれてて割引決断。

前に行って勝っていた馬が後ろからこれだけ走ったならこれは前走川田が下手に乗ったというしかない。

サクラアリュールは後ろからの競馬だがよく差してきた感じ。

こういうときの豊は大抵溜め殺しで終わるだけに意外だったかもしれない。

まさかの同着だったが、ロードブレスの強さが目立った。

■東京10R 鎌倉S 1600万 ダ1400
1着―カタナ
2着―ハルクンノテソーロ

----------
なかなかの混戦具合で頭が痛いメンバー構成。

とりあえず上位安定しているのがハーグリーブスやサザンヴィグラス。

堅実に走っている一方で1着の魅力的には疑問もある。

雨が降ったらペイシャネガノが怖かったが良っぽい。
----------

雨が降ったらペイシャネガノは嫌だなと考えたときに、同じく東京ダ1400でこの馬が負けていた相手がカタナだった。

一応ここまでは辿り着いていたのだが、良の開催だから振り出しに戻した。

この日の東京は前残りが多発していただけに警戒を怠ったのがまずかったか。

それに武史はWIN5的に要警戒だったとはいえ、狙っているのは芝の1200。

ダート1400だったことで抜けてしまった。

■福島11R やまびこS 1600万 ダ1150
1着〇ロードエース
2着▲バーンフライ

----------
まずは前走中山ダ1200の激流をそれなりに走った2頭。

イッツクールとロードエースは押さえておきたい。

これに条件があいそうなバーンフライまで。
----------

元気ちゃんは芝は下手糞だけどダート短距離は穴を出す。

これは唯一綺麗にハマった案件だったかも。

■京都11R マイラーズC(G2)芝1600
1着▲インディチャンプ
2着-ベステンダンク

----------
インディチャンプの追い切り自体はそれほど気にはならない。

それよりは1枠1番と58キロの方が懸念材料だろうか。

このレースの過去10年で58キロで勝った馬がいない。

レッドヴェイロンは気になるも左回りに良績。

血統的にも東京マイルの馬。

キングカメハメハ産駒の成績が振るわないためパス。
----------

負かすなら唯一該当しそうだったフィアーノロマーノが除外。

ペースはクソアンドクソスローの好位をインディチャンプが追走。

もうこの時点で勝負あり。

昨年はまだ他にもいい馬がいたが、今年はいないんだもの。

それに祐一も無難に回って来たから好騎乗。

1枠1番とかそういう問題じゃない。

力が違い過ぎた。

■東京11R フローラS(G2)芝2000
1着-ウインマリリン
2着×ホウオウピースフル

----------
ダイナカール一族同士の争いが楽しみではあるのだが、スカイグルーヴとレッドルレーヴの新馬戦の中身は異なる。

当方が熱心なエアグル教信者だからスカイグルーヴ1点しか選択肢がない。

京成杯で不覚を取った相手クリスタルブラックの皐月賞凡走は謎だったが、屈腱炎だったことが分かりスッキリできた。
----------

前後半5Fが58.6-60.1という前傾ラップとなったが、10Rの鎌倉S同様に前が残る展開。

向こう正面では追い風で直線に向いてからは向かい風となっていたため、早めにアドバンテージを取っている馬に展開が向いた。

このレースはミモザ賞組が毎回人気を裏切るので武史は好きでもデータを重視。

それよりショッキングだったのはスカイグルーヴの凡走。

少なくともホウオウピースフルに負けて欲しくはなかった。

ただ、どうも調整に誤算があったようでマイナス14キロの馬体はそれが原因らしい。

確かに京成杯からこれだけ間が空いたのに馬体が増えていないのはおかしい。

本番での上積みを期待するにはプラス体重で楽勝するくらいでなければ意味もない。

となると今年のフローラS組はおそらく要らない年なんだろうなと。

■回顧

祐一の名前のせいでインディチャンプの取りこぼしを勘ぐってスカイグルーヴを信じるという逆の結果に。

まあ大虐殺があったのは鎌倉Sのカタナなのだから、ここを攻略できないことには勝利はなかった。

フローラSも3番人気までに票が集中して4番人気ウインマリリンはオッズの谷間を越えたところ。

なるほど、福島メインもオッズの谷間を越えた5番人気。

そりゃ4桁配当を越えた訳だ。

しかもフィアーノロマーノの除外でかなり返還もあっただろうし、京都10Rも1着同着。

それでもこんな配当なんだから難易度はかなり高かったといえる。

惜しくもなんともないから諦めはつくし、フィアーノの分だけ返還あったからダメージは小さいか。

来週の春天回こそ、これまで累計700万以上稼いでいる縁起のいい回。

ここが狙い目だ。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3922-64f5a889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング