FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 15:09:20 «edit»

Category:回顧

忙し過ぎて後回しWIN5反省会 

■阪神10R 御堂筋S 1600万 芝2400
1着-バラックパリンカ
2着▲ツーエムアロンソ

----------
対戦比較的にバイマイサイドが他をリード。

グレイトフルSは取りこぼしたとはいえ、4着モズベッロは日経新春杯を快勝。

バラックパリンカは展開の助けが欲しい。
自分から勝ち切れるタイプではなさそう。

一発の魅力ならツーエムアロンソ。
----------

典型的な行ったままのレース展開。

今の馬場なら前残りを警戒しないといけなかった。

5F通過63.4なんていう超スローなら仕方なし。

対戦比較で負けた相手ばかりが出ていたから
何かしらに交わされると思っていたのが誤算。

保険で押さえていたから何とか助かったけどこれはほぼハズレ。

■中山10R 京葉S OP ダ1200
1着-ヒロシゲゴールド
2着△テーオージーニアス

----------
中山ダ1200の武豊は巧い。

テーオージーニアスはカペラSを2着ならここでは上位。

ただ、展開頼みなところもあって勝ち切れないのがネック。

岩田君も中山ダは苦手なようでここまで未勝利は割引。
----------

雨で稍重の中山のダートは時計が速くなって前が止まらなくなる。

そのまんまの結果でヒロシゲゴールドがまんまと逃切り。

芝より速いのが中山ダ1200の特徴。

ここも32.9-36.3なんていう超前傾ラップでも後ろが届かない。

豊なら買ってたんだけど康太が気乗りしなかった。

でも康太も上手くはないけど1200の逃げは結果出してたんだよな。

ここは盲点となってあえなく轟沈。

2,3着というのがまたしんどい。

■福島11R 福島民報杯 OP 芝2000
1着〇マイネルサーパス
2着-ドミナートゥス

----------
ラフィアンが好相性のレース。

福島は警戒してつい広げてしまうが、拍子抜けで点数を無駄にするケースも多い。
----------

ウインイクシードで自信があったレースだが、マイネルサーパスはともかくとしてドミナートゥスは前走大敗から一変。

レッドローゼスは勝浦らしいクソ騎乗で4着。

勿体ない競馬してるよなあ。

■阪神11R アンタレスS(G3)ダ1800
1着―ウェスタールンド
2着▲アナザートゥルース

----------
土曜もタイセイビジョンで棚ぼたをもらってここもクリンチャー。

前走マーチSでスワーヴアラミスとクビ差なら十分に勝ち負け可能なメンツ。

川田の空き巣は失敗濃厚なため、ベストタッチダウンは割り引きたい。

前で競馬したいだろうが、逃げてこそとなると競られると脆い。

展開ハマればモズアトラクションやウェスタールンドの突っ込み。
----------

ベストタッチダウンは危険な人気馬臭が半端なかったので納得。

川田はホント狙えないというか割に合わない騎手になっている。

無駄に人気馬乗り散らかすからWIN5的にはいいのかもしれない。

にしても阪神で禿げ散らかして連勝なのは驚き。

■中山11R 皐月賞(G1)芝2000
1着▲コントレイル
2着-サリオス

----------
1枠1番コントレイルは相手関係さえ足りていれば回って来るだけでいい。

問題は結果的に相手が弱かったホープフルSと皐月賞で力関係がどうなのか。

この枠を引いた以上はある程度は出して行かないと祐一にイン突きするだけのスキルはない。

サリオスは馬体的に胴が詰まった感じで筋骨隆々。

陣営がNHKと皐月賞を迷ったくらいだからやはり短距離向きと見ている可能性が高い。

ここは色気を出しての出走で、ダメならすぐにNHKに切り替えるだろう。

FSの内容はJFより見劣るもので父ハーツクライの適性も微妙。
----------

最も割引材料の少なかったサトノフラッグのここまでの凡走は意外。

負けても馬券内と考えていたのだが、弥生賞で問題にしなかったウインカーネリアンにまで先着を許して5着はいただけない。

詳細分析はまああっちでやるとして、WIN5のデータ的には問題がなかった。

サリオスの好走には正直面喰ったが、1着ではないならデータの勝ちと見ていい。

実際もペルシアンナイトとダンツフレームくらいしか前例がなく勝てない可能性を指摘している。

ダンツとペルシアン2頭の共通点はG1級(のちのG1馬)ということ。

すでにG1勝ちのあったサリオスが同じ着順なら整合性は取れる。

今後は同様のケースで無印まで軽視することはないかもしれないが、WIN5的には変わらず消しでいい。

期待したクリスタルブラックはまさかのエビちゃん。

1年半から2年半の見込みならもう復活は苦しいか。

凄くいい馬だっただけに残念。

■回顧

ヒロシゲで死んだからどうしようもない。

コントレイルも馬さえ強ければ祐一でも回って来るだけで勝てるといった通りの結末。

つい配当狙いで色々広げてしまったが、最後に辿り着くまでに死んだら意味がない。

過去5年で最低でも400万以上だった皐月賞の回が139万?まあこれくらいなら取っておかなくてはいけない。
3桁配当前半は守備範囲だけに悔いが残る結果。

ただ、やっぱり雨の影響が大きかったと考える。

雨のときは勝負をするなというのがポリシーだからやむなしと諦める。

次だね次。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3921-1925691e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング