FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 00:22:20 «edit»

Category:回顧

なんてことないただのハズレ回だったWIN5反省会 

■阪神10R 播磨S 1600万 ダ1400
1着〇デターミネーション
2着-サンライズナイト

----------
雨は多少気になるが、無難に拾っておきたいところ。

年を越してこの時期になると1600万でも4歳が通用するようになる。

1400mで圧勝経験がある馬を優先してみたい。

見渡したところではペイシャネガノ、デターミネーション、エルモンストロ。
----------

シスルが逃げてメイショウサチシオがこれに続く。

サトノギャロスは出遅れたが、押っつけ押っつけで無理に上がる。

データーミネーションは外から好位に取りついて3番手。

アユツリオヤジの太宰は引っ張って引っ張ってどうしようもない。

直線に入ってデターミネーションが
メイショウサチシオに並びかけるとあとは突き放す一方。

ダート短距離の川田はWIN5的にも取りこぼしが少ない。

人間的には好きにはなれなくともこの騎乗は評価できる。

■中山10R 総武S OP ダ1800
1着×メイショウワザシ
2着▲ハヤヤッコ

----------
師走S3着が評価されてメイショウワザシが人気。

勝ったナムラカメタローは次走佐賀記念を制して裏付けがある。

ただ、2着マイネルユキツバキに0.2差の3着ならこれが線引き。

ではマイネルユキツバキを評価するとして先着実績のあるのは?

韓国馬事会杯のゴライアス。
----------

武のメイショウワザシがすんなり先手。

5F63.4のスローペースにまんまと落としたのはさすが。

スタートよかったアイファーイチオーは控える選択。

この馬こそ逃げて好走していたのに意味が分からない。

それより疑問が残ったのは三浦のゴライアス。

手応えの悪いアイファーより前で馬の行く気は十分。

にもかかわらず引っ張って行かせなかったのは理解に苦しむ。

喧嘩してまで控えるくらいならいっそ逃げてしまえばよかった。

スローペースで無駄に消耗させただけの無為無策。

デアフルーグはこのスローで唯一後方から追い上げたが、
それまでの走りを考えると近走は物足りなさを感じる。

■中京11R トリトンS 1600万 芝1600
1着-ペプチドバンブー
2着◎ピースワンパラディ

----------
先週は中京で広げて点数を無駄にしたのが痛かった。

リピーターとしてはミエノウインウイン、アントリューズ、スリーマキシマム。

横の比較で重視できそうなのはここにはいないアトミックフォース。

ウェルカムSでアントリューズが0.2先着。

精進湖特別でピースワンパラディはアトミックフォースにタイム差なしの3着。
----------

折からの雨の影響で中京の芝は不良にまで悪化。

この時点でまともに予想するには無理があった。

不良で圧勝した実績のあるピースワンパラディはともかく、
良で好走していたアントリューズとエングレーバーは、
重が得意なワンダープチュックに入れ替えた。

栗山求氏が言っていたように中京芝1600はロードカナロアが好成績の条件。

ただ、アントリューズだけを見て、ペプチドバンブーも
同じくカナロアだったことは見落としてしまった。

中京も馬場は悪く、差し馬場。

宮記念もこんな馬場のままだろうか。

■阪神11R 大阪城S OP 芝1800
1着-レッドガラン
2着-サトノフェイバー

----------
堅そうな弥生賞直前の関西メインということで一番怪しい。

普通ならサトノアーサーに飛びついて即断即決でよさそうなのだが・・・。

雨降ってるのがなあ、気になるなあ。
それにシュタルケ買っていいのは中山だけって気がする。

まあ種牡馬的にはディープ断然のため、ディープ狙いでいいとは思うが。
----------

稍重で5F59.5なら特にスローというわけでもないはずだが。

逃げたサトノフェイバーが2着で、2番手レッドガランが1着。

力で勝ったのか展開のお陰なのか消化不良。

荒れると思ったレースでこれは拍子抜け。

勝ったレッドガランはロードカナロア産駒。

机もアテにならないと思っていたのに勝ってしまった。

■中山11R 弥生賞(G2) 芝2000
1着〇サトノフラッグ
2着◎ワーケア

----------
賞金的に絶対3着以内が欲しいのはサトノとオーソリティ。

追い切りは物足りなかったが地力上位のワーケア。

ディープ記念なんで名前つけられてディープの子に武豊でしょ。

ネタ的にここは勝たないといけない雰囲気。

ワーケアの軸は間違いなさそうだが、1点は避けたい。
----------

いやあ、思った以上に強かったサトノフラッグ。

ワーケアに完勝したからにはコントレイルの背中も見えて来る。

ホント、あの新馬戦はなんだったんだろうか。

マーフィーがダービー馬だっていうからどんなもんかと半信半疑だったが、これなら皐月賞で買いたくなるのはこの馬かもしれない。

アンチディープにはしんどい感じ。

豊もこの条件でしばらく勝てていなかったけれど、馬質が落ちていたのが原因と証明。

勝てるだけの馬に乗ればまだまだやれる人だね。

■回顧

全体的には中京の8番人気だけの波乱で残りは1,2番人気のみ。

にもかかわらずなぜ114万?

前に似たようなの拾ったことあったけどクソ安かった記憶しかない。
まああのときは1倍台が2つも勝ってたからなあ。

確認してみると同じ8番人気でもこっちのは19倍程度。

ペプチドバンブーは25倍。

そゆことね。

ただ、今回の配当は惜しいとは思っても悔しいほどじゃない。

不良になった時点で中京は諦めもついていたし、ピースワンパラディが勝っていたとしても想定配当は3万程度。

別に気にならない。

ご縁がありませんでしたってとこ。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3915-3bcb84a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング