FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 17:47:23 «edit»

Category:回顧

明けまして即死でございますWIN5反省会 

■京都09R 福寿草特別 500万 芝2000
1着-レクセランス
2着-アメリカンシード

----------
6人気1勝

小頭数とはいえ、予想的には絞りづらいメンバー。

何しろ比較できるデータ量が少な過ぎる。

解説云々よりこんなのは終わってからいくらでも後付けできる。

絞るなら1点でもいいし、それ以外は岩崎以外全頭買いくらいはする覚悟が必要か。

いっそ何も考えずに3人気以内にしておけばデータ的には何とか。

逃げ切り注意。
----------

63.6-59.9=2.03.5の後傾3.7の超スロー。

完全にアメリカンシードの勝ちパターンだった。

逃げ馬に注意と言いながら足りないのではないかという不安。

そう思えるほどにレッドフラヴィアの新馬戦が鮮やかだったのが大きい。

この超スローを早めに上がってゴール前で差し切ったのがレクセランス。

この馬はレッドと対照的に新馬のレベルに疑問だった。

負かした馬の次走が酷く、勝ったという以外に見どころもなし。

川田人気にしか思えず、軽視してしまったのが失策。

確かにデータの少ない時期で決めつけてしまうのは早計だった。

データ通りに3人気以内でやめておけばよかったが、
残りのレースで穴を拾いたいと路線変更した結果がこれ。

ケヴィンは不向きな展開からよく3着まで押し上げた。

気性的に難しい馬だが四位の消極策もどうなのか。

期待したレッドはブービーから7馬身差のぶっちぎり最下位。

新馬の内容はアメリカンシード以上だっただけにこれは不可解。

ポジションも悪くなかったからトラブルでもあったのかと思えるほど。

■中山10R サンライズS 1600万 芝1200
1着×エンゲルヘン
2着-ジョーアラビカ

----------
もっと荒れているイメージが強かったが、意外と1人気が勝っている。

ただ、勝ち馬を見てみるとほぼ納得の顔触れ。

で、ここはジョーアラビカでさらに大外。

メンバー構成も弱小なら荒れる可能性が非常に高い。

個人的に行けそうと思ったのはインスピレーション。

ピンと来た馬の名前が実際インスピレーションなのだから
狙わない理由がない(勝春以外)
----------

33.3-34.7=1.08.0の前傾3.4

これはもう武史の好判断、好騎乗。

エンゲルヘンは行ってこその馬。

前走は溜めたのが失敗。

まあ江田照が飛ばしたから無理についていくのもリスキーで仕方なし。

今日は逆に強気に自分からレースを作っての勝利。

典ちゃんが追い詰めたところがゴール。

残し切ったのが素晴らしい。

ジョーアラビカは大外からよく伸びて来た。

勿体なかったのがインスピレーション。

短距離に腕は必要ないと予想で書いたが、
勝春はやっぱり下手糞だった。

騎手が違えば勝てた内容。

■京都10R 門松S 1600万 ダ1200
1着〇ジャスティン
2着▲レッドルゼル

----------
この条件、人気馬が敗れたとしても小波乱に留まる。

レッドルゼルは順当人気。

距離短縮が悪かろうはずもないが、番手までが好走条件。

今回は行きたい馬が多く、思わぬペースアップの可能性も。

ポジション下がって揉まれる形になると危うさも。

その可能性を高くするのが快速馬ジャスティンの存在。

前走33.0-36.9の急流を粘り込んだ。

敗れはしたが実質勝利と言える内容。
----------

ダートでデータブレイクした池添をあえて積極的に狙ったが、
〇ジャスティンとしたように▲レッドルゼルが敗れるならこの手のケース。

これについては想定内の結果。

34.4-35.7=1.10.1の1.3前傾でしかない。

前走激流の中山で33.0-36.9の前傾3.9だもの。

これなら残れる理屈。

ただ、レッドルゼルの強さも普通に見られた内容。

3着馬は5馬身も離されており、これは勝った馬を褒めるべき。

■中山11R 中山金杯(G3) 芝2000
1着▲トリオンフ
2着△ウインイクシード

----------
中山金杯は3人気までを押さえておけば大抵は何とかなる案件。

一昔前は馬鹿みたいに荒れていたが、近年は平穏。

2,3着に穴が来ようとWIN5には関係なし。

頭さえ堅ければ的中できる。

トリオンフはエビ明けの前走で力を見せた。

58キロのハンデよりも三浦のハンデの方が気になる。

ウインイクシードはゼ戸崎や石川君でも重賞を勝てるセダブリランテスは相手が悪過ぎた。

しかも昨年の金杯でウインブライトを負かして勝ったような馬。

同斤で0.2差は現状の力差だろうが、セダブリランテスがいないなら怖くない相手関係。
----------

既にトリオンフ購入後ではあったが、
三浦の落馬でミルコに大幅鞍上強化の朗報。

昨年の三浦は確かにこれまで以上に活躍したが、それはダートでのこと。

芝では変わらず戦力外の扱いだった。

それだけに好調の三浦よりはまだスランプでもミルコの方が上。

内容もまさに勝つための最善と言える乗り方で結果を出した。

レースは60.2-59.3と淀みなく流れて後ろの馬は動くに動けない展開。

内前につけていた馬だけで上位を独占。

内目で脚を溜められたテリトーリアル、ノーブルマーズは枠の恩恵。

また、外から積極的に勝ちに行く姿勢を見せたミルコの勝負勘。

58キロを背負って二番手から早めの残しは技あり。

ウインイクシードは松岡が完璧に乗りこなした内容。

セダブリランテスと好戦したなら通用して当然。

着差はわずかアタマ差。

三浦にこれをやれと言っても間違いなく無理。

■京都11R 京都金杯(G3) 芝1600

京都金杯も中山同様に大荒れはしていない。
1着×サウンドキアラ
2着◎ダイアトニック

----------
サウンドキアラの謎人気は当方には理解ができないが、
ダイアトニックとカテドラルの一騎打ちと見ている。

カテドラルは輸送があるよりも滞在の方が安定しているし、
京都の芝1600の武豊なら昨年ブラックムーンでも
このレースを勝ったように他に比べると信頼できる。

ただ、この人は不発も多いので◎にはしない。
----------

前売りでは1人気にすらなったサウンドキアラ。

正直なんでこんなに人気しているのかと思っていた。

前走的にはリゲルSが好相性なのはわかっていても
ストロングタイタンやキョウヘイに負けているようでは物足りない。

OP程度でこれでは重賞で通用しないと即断。

ところがまあマルターズアポジーの逃げもあって
中山同様に淀みない流れ。

前後半3Fも34.9-35.0で平坦ラップ。

勝ち時計は1.34.0と平凡。

ボンセルヴィーソはダイワメジャー産駒には最適な流れと展開。

とはいえここまでの好走は予想しづらかった。

ダイアトニックの北村は上手いとは言えない騎乗ぶり。

好スタートを決めておきながらズルズルとポジションを下げ、
勝負どころでもワンテンポツーテンポ判断が遅い。

ようやく進路を確保できたときには勝ち馬はもう逃切り態勢。

誰が乗っても勝てるレベルの馬ではないが、
腕があればもう少しやりようがあったとも思える内容。

勝ったサウンドキアラは53キロのハンデにも恵まれたが、
今日は展開と弘平の判断が上手かった。

この着順の差は自分から勝ちに行ったか行かなかったかの差。

カテドラルはまあピンかパーかみたいな馬なので
三振もあればHRもある。

豊がどうこうって話ではない気がする。

■回顧

不確定要素が多かったため、当初は広げる予定だった福寿草特別を
北村に期待して減らしたのが裏目。

せめてデータ通りに3人気までは押さえておけばよかったと後悔。

サンライズSは買いたかった横山親子が、
よりによって8枠に揃って入ったために穴狙いに作戦変更。

これが福寿草の点数を減らす原因となったが、
広げたのに武史では意味がなかった。

ジャスティンの勝利はレッドルゼルが負けるパターンの想定内で
問題がなかったし、トリオンフは三浦でも押さえたくらいの評価だった。

ミルコなら勝って不思議ではなかったが、
ウインイクシードを評価していた身としては痛し痒し。

まあどちらも押さえていたのだが。。。

とまあいくら悔やんだところで最後の京都金杯は
ダイアトニックとカテドラルの2点にしていたからダメ。

WIN4で悶えるよりは即死でスッキリ。

そんなこんなで残念だった皆さんに来週は日月で連続開催を用意してくれるようです。

最近はなかなかのトンネルでメンタルが磨り減って来ているが、
特効薬は的中しかないのはわかっているから逃げられない。

ここのところクソ堅いかクソ荒れるかの両極端になっている傾向は気になるが、
だからって低配当を狙ってひっているようではWIN5をやる意味がない。

少額ならそれもありだが、3桁配当を狙うなら弱音は吐けない。

2011年から皆勤賞でやってんだ。

これくらいで今更へこたれねえよ。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3870-9017d4e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング