FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:49:02 «edit»

Category:WIN5

阪神11R 阪神JF(G1)の予想 

■阪神11R 阪神JF(G1) 芝1600

リアアメリアのアルテミスSは確かに強かった。

スタートから終始引っ張って折り合いなんてついていない。

これは生姜君やらかしたと思いきや、
そのまま直線で押し出すとあっさり突き抜けてしまった。

新馬は持ったまま8馬身の圧勝。

母リアアントニアは米国の2歳チャンプ。

ノーザンで父は阪神芝1600最適のディープ。

川田と中内田のコンビ。

みーくんとか言ってる仲だから佑介より川田にいい馬を乗せる。

ここまでお膳立てが揃うとそれも納得。

G1で通用しない川田も馬の力だけで勝てる2歳G1なら問題なし。

それは2歳G1最多勝が同じキャラの祐一なのも説得力がある。

追い風になるのが春の阪神のような八百長馬場ではないこと。

春は本当に酷かった。

公正競馬なんかまったく考えていないような内しか伸びない超速馬場。

前にいても上がり最速でレコードが出る有様だった。

それを考えると秋の開幕はともかくとして
先週今週は外からの差しもしっかり届くまともな馬場。

また、先週こそレコード連発で怪しかったのが、
今週は展開とペース次第で結果も入れ替わるまともな状態。

なら馬さえ強ければ外から不利なく差してくれば紛れも少ない。

どう考えてもリアアメリアでいい。

ここまでは素直に考えた当然の理由。

さて、これを既定路線とするのは当然だし、問題もない。

とはいえWIN5で高配当を狙うなら疑問は残る。

そもそもここを1点で済ませるならほぼ低配当不可避である。

少額で戦うならそれでもペイできるだろうが、
点数を突っ込む側としてそれは面白くもなんともない。

たとえ今回1点でよかったとしても長期的な運営を考えると
WIN5の正解とは言えないのがもう何年もやっている人間の感想。

かといって他に穴がいるのかというとそうでもない。

秋のトレンドである3人気以内でいい。

実際に負かす可能性があるのは2頭だけ。

twitterでも色々と比較のデータはあげているが、
クラヴァシュドール、ウーマンズハートが
リアアメリアに1倍台を許すほど差があるとはとても思えない。

現に阪神芝1600も東京芝1600もクラヴァシュは
リアアメリアより時計も上がりも上の数字で走っている。

目に見える数字の裏付けでは負けるどころか上。

さらに見逃せないのが秋の東京の馬場。

あれ普通に追込み天国である。

秋G1でラップ比較をして大きく裏切られたのが東京と京都の馬場差だった。

いやもうホント酷い目に遭った。

毎日王冠、府中牝馬と追込みで
鮮やかな勝ちっぷりだったダノンキングリーとスカーレットカラー。

本番の京都で見事に人気を裏切る結果。

それでも巻き返したのは同じレースで早めに勝負して敗れた組。

ラッキーライラックにインディチャンプ。

その逆で京都でもう一つだったJCカレンブーケドールは
得意の東京でしっかりと結果を出した。

これは逆パターンとなるため、巻き返し必至の予想で整合性が取れた。

ならアルテミスSとサウジアラビアはどうだ。

1.34.3で上がり33.0とはいえ追込み勝ちのリアアメリア。

レコード1.32.7の先行して33.1の上がりで2着のクラヴァシュドール。
勝ったサリオスと上がりは同じ。

そのサリオスは来週朝日杯でおそらく1番人気確実視されている。

当方がデータ派を自認している以上はこちらを選択するのがポリシー。

ウーマンズハートは新潟で2戦して1.36.2と1.35.0と時計は見劣る。

だが、上がりはいずれも32秒台。

そもそも新馬の上がり32.0というのは2歳史上初ではないか。

ワグネリアンが中京デビュー戦で32秒台を出してダービーを勝てたなら
この馬を評価しない理由もないし、時計がどうこう以前に32秒で切れている。

時計を問題視するなら上がりが掛かっている場合であってこれは別。

まあ致命的な問題があるとすればそれはもう血統。

2011年からのWIN5阪神芝1600の種牡馬成績で
ディープが勝率14.8%に対し、ハーツはわずか2.9%でしかない。

これはもうね、目をつむるしかないね。

昨日今日じゃなくてWIN5始まってから全部だもの。

後はもう川田のハンデがどうかだけ。

チャンピオンズCについては結果的に内枠を引けたのが大きかったし、
乗り方もインティについていけばよかっただけで
あれは川田よりも豊の進路のトレースに成功したのが現実。

それに応えられるだけの力もクリソベリルにあった。

今回は外だけに川田自身の乗り方をしなければならない。

まあそれも馬が強過ぎて帳消しというオチは十分あるけど。

WIN5としては1点にはしない。

馬券的にもここは堅いと見て色気は封印。

下手に広げるより厚めに行った方がいい気がする。

◎クラヴァシュドール
〇ウーマンズハート
▲リアアメリア
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3845-7deb1197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング