FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:45:58 «edit»

Category:WIN4

中京11R チャンピオンズC(G1)の予想 

■中京11R チャンピオンズC(G1) ダ1800

まずは入り口からG1馬を考える。

出走馬でG1勝ちがあるのはインティとゴールドドリームの2頭。

かしわ記念、フェブラリーSで直接対決があり、
フェブラリーSはインティが展開に恵まれてクビ差勝利。

出が悪く前半で脚を使ったかしわ記念はゴールドドリームが快勝。

素のポテンシャルはゴールドドリームか。

前走南部杯では不覚を取ったが、
この馬は過去3年5着、2着、3着と盛岡がそれほど得意ではない。

あくまで中京のここがベスト条件。
外人祭りの現状でもルメールはしっかりと存在感がある。

ダートの断然人気ルメールは危険というデータはあくまで自己条件。

カネヒキリでJCDを勝っているようにG1では普通に買える。

相手も当然インティ。
豊が衰えたといってもそれは腕よりも芝の馬質。

芝でもいい馬さえいればキタサンブラックやワールドプレミアなど
まだまだG1で狙える騎手である。

また、この馬は前走みやこSが想定されうる最悪の展開と結果。

あのレースは当初から59キロ、逃げ馬が多数出走、プラス川田と
飛ぶ要素が多数含まれていたのだから想定内。

むしろ前記ゴールドドリーム、インティと
人気の下がる原因となったときはいずれも川田が犯人だったことがわかる。

ゴールドの17年は南部杯で川田が5着、インティは今年のみやこSで川田が15着。

これだけでも川田がいかにG1にふさわしくない騎手なのかがわかろうもの。

なんだか全盛期の祐一や戸崎のような馬質だけでリーディングを取るイメージ。

いい馬に乗るから多少へぐっても馬券にはなる。

ところが1着条件のWIN5だとそれではだめ。

だからこそこちらとしてはより厳しい目で見るようになってしまう。

なってしまうというより現実だから目をそらせないだけか。

抜けて強い、間違いないというポジティブな印ではないが、
減点材料が少ないのがとりあえずのこの2頭。

出遅れさえなければ豊が逃げれば周りは無理には競り掛けないだろう。

これはもうコパノリッキーやキタサンブラックで
なんでそんなにスローばかりで卑怯だと言われたのと同じ。

このレースもせいぜいテーオーエナジー程度だが、
同馬は近走逃げていない。

前が残る中京のダートならすんなり先手さえ取れればスロー濃厚。

南部杯組と違って武蔵野S組は来ないため、
ワンダーやタイムは消す。

問題は川田のクリソベリル。

直感と経験則的にこの馬は危険な印象。

川田が乗っている時点で既に危うい。

というよりもケチをつけるからには全レースの映像を改めて見てみた。

ワンサイドで勝ってはいるものの、これはこれで川田がうまく誤魔化している。

これまで密集した馬群や厳しい展開のレースを一切していないというかさせていない。

内枠を引いたときも一旦下げて外を回しているように
極力馬にストレスが掛からないように走らせている。

これについては川田がうまくやっているからというのは評価したい。

その反面、常に周りに馬のいない外々からレースをしているため、
これまでと一気に相手関係が強化されるG1の舞台で、
川田より格上の騎手が多数いる中、そんな舐めプは不可能だろう。

まだ外枠なら能力分は走らせることもできたかもしれないが、
3枠5番ではレース中で外に出す余裕とスペースはおそらくない。

また、クリソプレーズの子は一本調子の馬が多い。
安定していい馬は出してもG1級が出ていないのはそういうところもある。

リアファルが最も近かったが、肝心の菊花賞でルメールがミスをした。

兄クリソライトも弱い者いじめは得意でも強い相手にはあっさり白旗の馬だった。

川田と似たようなタイプ。

3歳でもゴールドドリームを負かしたルヴァンスレーヴが特別だっただけで、
あの馬が出ていれば勝っただろうが、クリソベリルはその域ではない。

元々が3歳馬にはハードルの高いレースがダートのG1。

オメガとチュウワは両方買うか両方消すかの馬。

ウェスタールンドは自分から勝ちに行くと勝てないタイプ。

昨年のような死んだふりからのどさくさに紛れるのが好走条件だが、
今年はスミヨンが正攻法でどこまでやれるか。

一発があるならライアンのサトノティターン。

気性的に基地外っぽいが、そういうのはエイシンヒカリのようになくもない。

8人気ゴールドドリームでWIN4にされたときの騎手がライアン。

ポテンシャルはなかなかで侮れない。

あとは康太次第だが、ハマれば怖いモズアトラクションまで。

攻めるなら潔く、クリソベリルは消す。

勝たれたら素直にあっぱれ。

◎ゴールドドリーム
〇インティ
▲サトノティターン
△チュウワウィザード
△オメガパフューム
△ウェスタールンド
△モズアトラクション
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3838-705610cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング