FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 18:06:19 «edit»

Category:回顧

もう予想しなくてもいいんじゃないかなWIN5反省会 

■東京09R シャングリラ賞 1000万 ダ1400
1着〇ペイシャネガノ
2着▲アイアムハヤスギル

----------
不良とはいえダートはある程度人気通りの決着が想定。

時計も速くなり、後ろからの馬は割り引きたい。

傾向も3人気以内でほぼ決着している。

ここは欲張らずに無難なところでまとめたい。

前走勝ちよりも前走惜敗組を上に評価。
----------

不良のダートでただでさえ時計が速くなり、
前が止まらない展開が想定。

35.5-34.5では後続が届かないのは当然。

2番手サーストンバーラムこそ力不足だったが、
強気に出して行った3頭で123着。

フォッサマグナが想定以上に人気になって怪しかったが、
これはルメールに敗因を求めるのは酷な話。

アイアムハヤスギルのマーフィーは
無難に乗ってきたが今日のところは勝ち馬が強かった。

■京都10R 渡月橋S 1600万 芝1400
1着〇ボンセルヴィーソ
2着-キアロスクーロ

----------
内が有利な京都だけに前々で競馬がしたい。

引っ掛かるのは三浦のトライン。

休み明けとはいえ前走がだらしのない負け方。

弘平がどうのという内容ではなかった。

そこへきて三浦で鞍上強化とはとても言い難い。

行ったままになるとお手上げかも。

三浦は信じてはいけない。
----------

外の2頭がハナ争い。

とはいえ前後半3Fが34.9-35.1なら平均ラップ。

休み明けで息が持たなかったグランドロワは早々に後退。

ボンセルヴィーソが2番手から楽に抜け出した。

前走東京で負けてなお強しの競馬。

前売りでは人気がなかったが、
当日になって一気に2番人気まで浮上。

浜中キアロスクーロは見せ場を作ったが、
勝ち切るまでの脚はなかった。

トラインは気性的になかなか乗り難しそう。

今日も恐る恐るの追走でスパッと切れない。

この手の馬はいっそ思い切った競馬をした方がいいかも。

■東京10R ウェルカムS 1600万 芝1800
1着-ヴァンドギャルド
2着-プレミオテーラー

----------
マイルではなく1800という距離が厄介。

アントリューズなんかはマイルまでの馬でクラスにも壁を感じる。

ヴァンドギャルドもいい内容で連勝しているにもかかわらず岩田の息子。

ただでさえ外人祭りの府中で勝ちに来ているとは思えない起用。

それならまだ人気が下がっても外人騎手の馬を狙う方に妙味。

リンディーホップのルメールはテレ玉杯の内容なら
馬場が渋ったのを味方に粘り込みならあり得る。

トラストケンシンは不気味だが、プレミオテーラーとどっこい。
1着よりも穴でといった感じ。
----------

雨で前残りならルメールのリンディーホップだと思ったのだが、
プレミオテーラーを交わせずに3着まで。

後ろから外を回した馬は揃って惨敗。

好位追走から外に進路を取ったヴァンドギャルドの手応えだけがやたらといい。

追い出すときに後ろを振り返る余裕まであったのだから完勝。

着差こそ半馬身だがこれは後ろを警戒した分で着差以上の強さ。

外人祭りの東京で岩田の息子なんて青二才にはまだ早いと決めつけてしまった。

望来はこれがWIN5初勝利となった。

冷静に考えると祐一でも連勝したような馬が弱い訳がない。

感情的になった当方と違ってしっかりと1人気の支持。

競馬ファンはさすがだ。

思えばきさらぎ賞、毎日杯で1人気だった馬。

ひと夏を越しての成長はめまぐるしい。

OPに入っても壁はないだろう。

人気確実だが買いたい。

■京都11R オータムリーフS OP ダ1200
1着-スズカコーズライン
2着〇テーオージーニアス

----------
芝では勝てない幸もダートなら信頼できる。

端午S勝ちのヴァニラアイスから。

テンからぶっ飛ばす中山ダ1200の前走は度外視。

あんな忙しい流れで戸崎まで乗せていたら止む無し。

まあ戸崎も苦手な条件ではないからこれは陣営の選択ミス。

テーオージーニアスは前々走で復調を見せて前走は完勝。
----------

京都ダ1200で飽きるほど見せられた前残り。

34.7-35.6の前傾0.9

強気に逃げた三浦スズカコーズラインが快勝。

下手糞でも逃げ馬なら買えといつも言ってるにもかかわらず。

スローならヴァニラアイス、ハイならテーオージーニアスで
どちらにも対応できるつもりだった。

ヴァニラアイスは交わすどころか突き放されてしまったとはいえ、
これは相手を褒めるべき。

スズカコーズラインは前走NST賞で期待して凡走したため、
感情的な反発プラス三浦というのが致命的になった。

最近三浦がやらかした後に次のレースでやられるケースが目立つ。

条件はダートである。

次は芝の三浦はけしてダートの三浦は押さえることにする。

ただし、3人気以内が目途。

そういえば先週もアポロテネシーでダートを勝ったっけ。

■東京11R ジャパンC(G1) 芝2400
1着◎スワーヴリチャード
2着△カレンブーケドール

----------
確たる軸馬が存在せず難解なレースとなった。

言えそうなことはG1馬は腐ってもG1馬ということ。

JCのリピーターであるスワーヴリチャード、レイデオロ、シュヴァルグランは評価。

これに東京と京都の馬場差に読みを狂わされ続けた中で、
東京で走れるカレンブーケドール。

ワグネリアンは内枠を引けた運があるため、
WIN5では買えない生姜君でも連下には保険で。

アルゼンチン組はバッサリといきたい。

ルメールやフランキーと魅力ではあれど、
G2はG2でしかない。

目黒記念やアルゼンチンを走っていただけであって
ルックやムイトにG1通用の下地はない。
----------

JCリピーターの3頭から◎を探すところまでは大前提。

秋天経由のスワーヴリチャードにすんなり。

オールカマーのレイデオロは不甲斐ない走りと
藤沢流のぬるい追い切りで割り引いた。

シュヴァルグランはもっとやれると期待した割に9着は残念な結果。

レースは騎手側にも馬場を意識したのか流れる展開。

ダイワキャグニー脩の刻んだラップは不良に近い重で5F60.3だから速い。

これがいつもの超速八百長馬場なら平均だが、
昨日から降り続けた雨で馬場は渋りに渋ってしまった。

前で競馬するにしても力がないとサバイバルに残れない状況。

早々にダンビュライトが垂れて、エタリオウも後退。

確かに前にいないと勝負にならないレースではあったが、
力のない馬では残れないシビアなレース。

それだけにカレンブーケドールの2着は評価したい。

この秋はずっと東京と京都の馬場に翻弄されてきたが、
ようやく東京で好走して京都で凡走した馬の巻き返せる舞台がここだった。

そしてハイラップのオークス、JCともに好走。

これは力がなければできない芸当。

3歳世代が弱いとちらほら聞こえ始めたが一石を投じることが出来れば。

スワーヴリチャードはとにかくもうマーフィーの完璧騎乗に尽きる。

スタートしてのポジション取りはワグネリアンの方がよかった。

3,4角での上がり方が明暗を分けた。

スワーヴリチャード 7-6-5
カレンブーケドール 4-3-2
ワグネリアン    6-6-8

勝ちに行った1,2着馬と違って下げたのが致命傷。

なぜ下げた?

勝負どころでは四面楚歌で追い出しがワンテンポツーテンポ遅れた。

これはもうマーフィーと逆ならカッタノハワグネリアンだったろう。

重馬場でディープ割引にはなっていても
結局は10Rでヴァンドギャルドルド、11Rで234着。

嫌いでも強いものは認めないといけないなあ。

ただ、渋った馬場と時計が掛かったのは
切れる脚のないスワーヴリチャードには最高に向いた。

マカヒキは典ちゃんもびっくりな豊のポツン。

レースが終わったころに突っ込んできただけでこれは参考外。

むしろ似たような位置から交わされて5着のユーキャンスマイルにはがっかり。

こちらは切れが武器だけに重馬場で持ち味が生きなかった。

終わってみれば天・地・人の重要さが身に染みる。

■回顧
2週続けて5Rすべて3人気以内の決着。

予想するのがバカバカしくなるが、全レース3人気までの3頭で243点。

先週は25万、今週は73万。

思考放棄の脳死で買っていれば2週間で95万の儲け。

しかしこんなのは気付いたら片思い。

東京、京都の開催も終わり。

来週はまた心機一転。

ういんごのワグネリアンを消す宣言は成功したが
チャンピオンズCのクリソベリルは強そうなんだよねえ。

それにこの手の騎手の下手乗りはダートだと帳消しになるケースが多数。

あっさり勝たれても不思議はない。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3834-6ef736e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング