FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 18:16:14 «edit»

Category:回顧

今日もタラレバ定食が不味いWIN5反省会 

■東京10R 奥多摩S 1600万 芝1400
1着△ライラックカラー
2着◎メモリーコロネット

----------
傾向としては堅め。

行く馬が少なそうなことから前残りが濃厚。

ライラックカラーはいくらなんでも人気がなさ過ぎ。
ただ、勝ち切るにはワンパンチ足りてないのも納得か。
----------

36.6-48.3-44.8-33.1の超スロー。

城戸君のアンリミットの逃げ選択は悪くはなかった。

これをマークして番手につけた蛯名も完璧。

直線では競り落として完全に勝ちパターンだった。

にもかかわらず後方にいた育也のライラックカラーが末脚一閃。

これまで切れ負けして勝ち切れなかった馬が別馬と思えるような末脚。

ルルパンブルーの子でルーラーシップだけに
ここまで狙い続けていたのだが4554着の4連敗。

これはもう1600万に壁があるのかと諦めたのがこのタイミング。

ただ、気になったのは速い時計に対応できていないのではないかの疑惑。

今回は前後半3Fが3.5秒なんていう超のつくスローペース。

通常はスローの前残り確実の展開のはずなのに
差して来たライラック、ジョーアラビカ、ミュージアムヒルが掲示板。

東京の馬場のせいなのかどうかはわからないが、
物理的に不可解な結果となったのは引っ掛かる。

■京都10R 修学院S 1600万 芝1800
1着〇エスポワール
2着◎ゴータイミング

----------
まずは素直にゴータイミングを評価したい。

小倉の不甲斐ない負けはあったが、
次走野分特別で一変しての快勝。

時計も優秀で2着カリボールの上がりを0.3上回った。

エスポワールは人気先行した秋華賞で9着完敗。

3歳2頭を評価するとはいえ、油断はできない。

まとめて負かすならイェッツトはどうか。

元々重賞級の評価をされていた馬。

休み明けを嫌われるなら妙味。
----------

秋華賞は人気で惨敗したエスポワールが変わり身を見せて快勝。

エスポワールの先行は外目から折り合いが危なっかしかったが、
直線に入っても脚色が衰えずに快勝。

ゴータイミングもイェッツトも力は見せたが、
スローを先に抜け出したエスポワールにはまだ余裕があった。

ただ、2,3着の2頭は次走で勝ち負け必至。

■福島11R 福島記念(G3) 芝2000
1着△クレッシェンドラヴ
2着-ステイフーリッシュ

----------
先週の教訓を活かして福島はリピーターからチェックしたい。

レッドローゼス
クレッシェンドラヴ
ミッキースワロー
アロハリリー

以上が該当。

ただ、レッドローゼスの前走の敗退が消化不良。
特に不利なくスローの外目4番手を追走。

3番手以内で決着した前残りだったにもかかわらず、
あまりに無抵抗過ぎる後退。

この臨戦から福島にコース替りするとしても疑問は残る。
出来落ちと見て軽視。

今回は敗れた福島民報杯と異なり1キロもらえるクレッシェンドラヴが上か。

クレッシェンドラヴは七夕賞でミッキースワローに2.5キロもらった。
今回は3.5キロもらいで前進。
----------

ハンデ重賞とはいえ、勝ったのはクレッシェンドラヴで
2着に57.5キロのステイフーリッシュ、3着に58.5キロのミッキースワロー。

単純にハンデ差の分だけクレッシェンドラヴが先着した。

これはハンデキャッパーもしてやったりの決着だろう。

平坦小回りなのにまくり差しが利くのも福島の特徴。

力通りの結果。

ミッキースワローはG1級じゃないから足りなくて負けている。

■東京11R オーロC 芝1400
1着-テトラドラクマ
2着〇プールヴィル

----------
今回の悩みどころがここ。

いっそ予想は放棄した方が楽になれそうな気さえする。

とりあえずは能力上位のトゥザクラウン。

だが石川君割引にここでも遭遇。
さらにスワンS組が来ないデータまで揃ってしまう。

これは胡散臭い。

それならまだ秋山が乗りに来たプールヴィル。
この馬のために遠征だから手応えがあるということ。

これと同様に追込み組でジョイフル。
こちらも前走直線だけの競馬。
----------

3着に△ジョイフルも来ているのだが・・・。

しかしやはり見逃せないのは東京の芝か。

このレースのラップも34.4-45.6-45.7-34.5と平均。

10Rが遅過ぎたとはいえ1600万。
OPでこれなら位置取りの前後は差がないはず。

ところが6番手から抜け出そうとしたプールヴィルは惜敗するも
1着テトラドラクマ、3着ジョイフル、4着トウショウドラフタ、5着エイシンティンクルとことごとく追い込んだ馬が好走。

むしろこの展開で惜敗のプールヴィルは相当強い内容。

そして東京の芝が差し追込み天国になっていることがあからさまになった。

テトラドラクマは東京専用と言っていいような馬だったが、
NHKマイル以来は精彩を欠く現状。

同条件パラダイスSで見せ場なく10着からここまでの一変は読みにくかった。

東京芝1400条件は宏司がこれまで数々の穴を出して来たが、
今年の宏司はまだWIN5で未勝利だったこともあって躊躇。

初騎乗で追込みがハマったとはいえうまく乗った。

さらに10Rのライラックカラーに続き、テトラドラクマもルーラーシップ産駒。

ってあれ?もしかして今日の東京はルーラーシップ1点で抜けれた?

知るかそんなのw

■京都11R エリザベス女王杯(G1) 芝2200
1着▲ラッキーライラック
2着★クロコスミア

----------
3歳牝馬路線で最も強いのはラヴズオンリーユーで間違いない。

2頭の評価は変わらずラヴズが上だ。

ミルコもWIN5で京都芝2200条件の勝率は5割と驚異的な成績で断然。
当方の見立てではあくまでラヴズVS古馬の戦い。

古馬ではずっと贔屓にしてきたラッキーライラック。
府中牝馬Sは差しの決まる馬場だったとはいえ、
あの展開から押し切れなかったのは正直しんどい。

早めに先頭に立ったとはいえ突き抜けたスカーレットカラーは0.2と明確な着差。

このレース直後から言っているように◎はスカーレットカラー。

大筋は2頭の戦いとなる。

データ派を標榜する立場上、例外のラヴズ◎にはできないが、
ここはやってみないと優劣はわからないと考えた。
----------

戸崎からバトンタッチの佑介クロコスミアの逃げは5F62.8とスロー。

ぬるいラップにした時点で締めたもの。

これまでもフロック扱いで楽をさせてもらっての粘り込み。

個人的には馬鹿にしてもらってこその好走条件。

捕まえに来られると府中牝馬のようになる。

また、非根幹距離の2200という半端さがステイゴールド向きの舞台。

芝2000と2400ではディープが圧倒するのに
芝2200だけディープが弱くなる。

この辺りも遠からずラヴズの敗因かもしれない。

オークスからのエリ女直行で16キロ増のみに敗因は求められない。

少なくとも力は出せる出来だった。

スローに落とし込んだクロコスミアを交わすだけの競馬だったにもかかわらず、
返り討ちにあった格好の3着はさすがに始末が悪い。

ハイレベルと考えている3歳だけにこれは今後も気になる内容。

また、勝ったラッキーライラックの父オルフェーヴルはステイゴールドの産駒。

クロコスミアはステイゴールドの直仔。

ってあれ?もしかして簡単?

後付けの理由だから今更だけどね。

◎スカーレットカラーは府中牝馬Sからの臨戦にもかかわらずプラス14キロ。

確かに馬体増とともに力をつけてきた馬だが、
極限で戦うG1に出す馬の作り方としては疑問。

高橋亮君の調教師としての手腕がどうだったのか。

こんな状態でエリ女に出すよりも
いっそのこと天皇賞に使った方がよかった。

これも結果論だがさすがに愚痴も出る。

岩田君はスロー警戒していつもより前目のポジション。

それ以前に8枠もしんどかった。

毎日王冠と府中牝馬のラップ比較を出した以上、
パドックで心変わりしてはずれたらそれはそれでカッコ悪い。

秋華賞以外は出るたびに◎にしてきたラッキーライラック。

府中牝馬の敗退で心が折れてしまった。

だが、本番でスミヨンというのがわかっていたなら
まだ引っ張ってもよかったと反省。

でもそんな迷いも古谷君が◎なんかつけたからなくなっちゃった。

■回顧

東京は2つとも唯一出走のルーラーシップ産駒。
京都も2つとも唯一出走のオルフェーヴル産駒。
福島は5頭出しステイゴールドの1番人気クレッシェンドラヴ。

ハマるときはハマるのが血統の怖いところ。

でもってここで重要なのは東京も京都も非根幹距離。

そして福島に限っては1800ならディープが圧倒的で
2000はディープが割引なこと。

バリバリの血統マニアで狙い撃ちすれば
データ的には実は買えなくはない馬達だった。

でもそんなの終わってみないとわからないよ。

先週3か月ぶりに2つのレースが荒れたと思ったら
連続して今週も2つ荒れましたよっと。

そうそう、最近はぬるいWIN5が多かったしね。

それでも当たってないけどさ。

東京10R 芝1400 ルーラーシップ 11人気ライラックカラー
東京11R 芝1400 ルーラーシップ 8人気テトラドラクマ
京都10R 芝1800 オルフェーヴル 2人気エスポワール
京都11R 芝2200 オルフェーヴル 3人気ラッキーライラック
福島11R 芝2000 ステイゴールド 1人気クレッシェンドラヴ

福島以外は非根幹距離
ライラック繋がりでも2頭来てるw

897万かあ。

今の自分のスキルでは遠いなあ。

200-300万くらいが戦闘力。

こつこつやるしかねえべ。

マイルCSは◎ダノンプレミアム?

生姜君が障害になるなこれだと
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3822-87e265c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング