FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:34:28 «edit»

Category:WIN5

東京11R 天皇賞秋(G1)の予想 

■東京11R 天皇賞秋(G1) 芝2000

予想の大部分はほぼほぼnoteのエントリで触れたので省略。

いつもの天皇賞に異物混入がされたのは、
スミヨンとサートゥルナーリアのコンビ。

現在、日本のトップ級はほぼルメールに集中してこれが独占。

外野としてはルメールファーストでの使い分けは
競馬そのものの魅力を奪いかねないもので反対派である。

いい馬が集まれば今年のようにいくらでも客は入る。

ノーザンの意向はあれど魅力的なレースがあってこそ。

粗は目立ってもことサートゥルナーリアに関しては
完璧に乗りこなしていたミルコを降ろしてまで
ルメールに替えたのはアーモンドアイとぶつけないための
あえての忖度だったのかとも思えるほど。

春の惜敗は自業自得としか言いようがなく、
ミルコのままだったならば皐月もダービーももっと楽に勝てたのではないか。

まあそんなたらればはここで言っても仕方がない。

その後のノーザンの事情の変化である。

種牡馬として飛車角だったディープとキンカメの死去は
種付け料の商売にはかなりの影響が考えられる。

宝塚や有馬から逃げ回る牝馬のアーモンドアイばかりに
注目が集まっても引退すればそれはただの繁殖牝馬。

生み出す金は種牡馬とは比べる対象ではない。

なら次の手を考えるのが商売。

現役最強馬の評価を受けるアーモンドアイを天皇賞で破り、
JCを勝てばダービーでの不甲斐ない敗戦や距離不安の雑音をシャットアウト可能。

皐月賞を制した中山で有馬を勝って秋三冠を取れれば年度代表馬は確定。

アーモンドアイを香港に登録したということは、
おそらくもうサートゥルと戦うことはあるまい。

あくまでノーザンの評価はルメールよりスミヨンが上である。

スミヨンもブエナビスタで取り逃がしたJCと有馬のリベンジをしたいだろう。

ルメールはスミヨンと仲が良くないだけに噛ませ犬にされるのは
意地でも避けたいだろうが・・・。

当方は純粋にレースそのものを楽しみたいのだが、
近年の競馬はどうにもノーザンの手のひらの上で転がされているのが現状。

16頭中10頭がノーザンの馬なのだから彼らがやりたいようにやれてしまう。

表面的な情報のみで勝負している競馬ファンとは立場が異なる。

これはこれである意味、目に見えない壮大な八百長のようなもの。

そう考えるとスミヨンでサートゥルを勝たせに来たのは察しが付く。

これをプライドで妨害する立場のルメール。

少なくとも勝ち馬に関しては他の選択肢はないのではないか。

◎サートゥルナーリア
〇アーモンドアイ
----------
スワーヴリチャード
アエロリット
ユーキャンスマイル
ダノンプレミアム
ワグネリアン
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3809-3af73e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング