FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 12:14:28 «edit»

Category:WIN5

京都11R 秋華賞(G1)の予想 

■京都11R 秋華賞(G1) 芝2000

いつもならこの時間帯はWIN5で殺伐としているのだが、
台風の関係で今回は秋華賞の予想のみ。

土曜の京都の芝は5鞍。

不良馬場で馬券になったのはほぼほぼ前にいた組。

騎手もあまり行く気がなくてペースも落ち着いていた感じ。

こんなときだからこそ消極策より積極策が効果的。

周りの出方ばかりをうかがっているようではダメ。

後ろにいたら見せ場もなくそのままというのは避けたい。

それはともかく秋華賞というレース。

創設当初は荒れまくっていまだにその印象が強いのだが、
いつのまにか傾向は堅くなっている。

過去10年で勝ち馬の人気は1人気4勝、2人気2勝、3人気4勝とすべて3人気以内。

その前の10年は1人気2勝、2人気6勝、10人気、12人気が各1勝。
10人気はティコティコタックで12人気はブゼンキャンドル。

これはもう堅いレースなんだろうね。

ならば台風だろうが3歳牝馬だろうが馬場が悪かろうが、
データ派を自認するからにはこの傾向を逸脱する必要はない。

スケベ心を出すにしてもデータ派の矜持は保つべきだろう。

穴馬を狙うにしても勝ち馬に関しては3人気以内から選定しなければならない。

入稿時点の人気

1人気ダノンファンタジー 3.6
2人気カレンブーケドール 6.8
3人気エスポワール    7.1
4人気クロノジェネシス  8.9
5人気コントラチェック  9.0

コントラチェックがルメール人気なのは察しがつくにしても
違和感があるのはエスポワールか。

アドミラブルの下という良血で重馬場の前走を圧勝している。

能力的にも新馬でワールドプレミアやメイショウテンゲンと好戦。

そりゃ買いたくなる感じか。

引っ掛かるとすればミルコがこの馬ではなくサトノデムゼルを選択していること。

とはいえ乗り替りがシュタルケなら厩舎サイドの評価がミルコよりシュタルケなのか。

まあこれはグレーゾーンかもしれないが気乗りもしない。

違和感がないのは勿論クロノジェネシスの方。

このレースの基軸はダノンファンタジー目線でいいと考えている。

★桜花賞
1着グランアレグリア  不在
2着シゲルピンクダイヤ ダイワメジャー産駒は重賞1800の壁
3着クロノジェネシス
4着ダノンファンタジー
5着ビーチサンバ    過去ダノンに先着なし

★優駿牝馬
1着ラヴズオンリーユー 不在
2着カレンブーケドール
3着クロノジェネシス
4着ウィクトーリア   不在
5着ダノンファンタジー

この馬は突き抜けて強い訳ではないが大崩れもしない。

強い相手にきっちりと負けて弱い相手には取りこぼさない。

これは乗っている川田と似ているというかまったく同じ系統。

スネオ型なんだろうね。

ならば先着実績のある馬からピックする流れ。

シゲルピンクダイヤはチューリップ賞、桜花賞と
ダノン以上の走りをしているが買えるのはマイルまで。

これはWIN5始まってからのダイワメジャー産駒の重賞勝ちが、
カレンブラックヒルの毎日王冠と小倉大賞典しかないから。

結局、先着の可能性があるのはクロノとカレンしかいない。

エスポワールをデータブレイクとすれば3人気以内のデータに入るのもこの2頭。

勝ち馬候補はダノン、クロノ、カレンまで。

要は2,3候補は穴を狙い放題?でいいのかなと。

打倒ダノン候補としたクロノは北村友一がかなり足を引っ張っている。
オークスは仕方ないにしても桜花賞は致命的なセンスのなさだった。

今回はエリ女が目標で秋華賞が叩き。
最も気になったのが調教師のコメント。
「切れ味といいスピードを持っています。最後の瞬発力を生かしたいですね」

最後の瞬発力???外ぶん回して追い込むつもり?(容易に想像)

こういうことやってると1着は取れないんだよなあ。

カレンブーケドールの紫苑Sは残念な結果ではあるが、悲観するほどでもない。

信頼感のアテは国枝先生であること。

この先生は昨年のアーモンドアイもそうだし、アパパネもそう。

本番ではしっかりと走らせて来る人。

秋の超速馬場でディープの子がルーラーの2頭に交わされたのはあれだが。。。

ただその2頭パッシングスルー、フェアリーポルカが戸崎と三浦でしょ。

戸崎先生の被害馬は多過ぎて数えきれない。

関東馬の戦績を見ているとしょっちゅう戸崎割が発生して出世の遅れた馬を見かける。

戸崎でも強いダノンキングリーなんかホントとんでもないと思うよ。

話を戻すとそのカレン繋がりで面白そうだったのがシングフォーユー。

この馬笑っちゃうほど人気がないのね。

スイートピーSは田辺が下手乗りしてカレンにクビ差2着だったのだが、
別に狙える根拠はそれだけではない。

母シングライクバードは祖母シングライクトークに繋がり。
マーメイドSでエアグルーヴの2着した馬。

それ以前にシングウィズジョイの妹。

この馬も11人気でターコイズSを勝ち、12人気でエリ女2着の激走型。

血統的にもこの手の爆発タイプは穴の妙味がある。

そしてこの馬も戸崎割の被害馬。

普通は買わないがこれは期待と贔屓含めて爆穴で。

シャドウディーヴァは岩田君がせこい乗り方をして四苦八苦していた。

ハマれば3着までの可能性が僅かにというところ。

前走下手だったがウィクトーリアと好戦実績評価。

ブランノワールは夕月特別組の相性と京都芝2000の浜中が狙えるので一考。

◎カレンブーケドール
〇ダノンファンタジー
▲エスポワール
△シングフォーユー
△クロノジェネシス
△ブランノワール
×シャドウディーヴァ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3792-55cad3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング