FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:29:43 «edit»

Category:WIN5

東京11R ヴィクトリアマイル(G1)の予想 

■東京11R ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600

前走期待値は阪神牝馬S組が過去10年で4勝と優秀。

近5年で4勝なのだから絶対的に注目が必要な傾向となる。

ただし、ここでの注目はそれを使ってきた馬の着順。

2018ジュールポレールは5人気5着
2017アドマイヤリードは3人気2着
2016ストレイトガールは3人気9着
2014ヴィルシーナは5人気11着

どの馬もそれなりに実力馬ではあるが好走してからの臨戦がほぼない。

阪神牝馬で期待を裏切ってからの巻き返しが狙い目。

やはり大きいのは阪神と東京の馬場差ではないか。

今年の馬場もずっと検証していたのだが阪神の馬場はフラット。

これは本来なら何の問題もないのだが、問題があったのは騎手の側。

フラットだからこそ普通に乗ればいいものを
誰も彼もが行きたくなくて引っ張り通し。

その結果、マイル戦で前半35秒台以降のクソスローのラップ。

で、馬場はいいもんだから時計だけはそれなりに出る。

後ろにいた馬なんかは当然届くはずもなく、
そりゃ前にいて内にいて楽をした馬が勝つのは至極当然。

だからこそ馬鹿みたいに馬の足を引っ張った騎手が断罪されるべき。

ところが東京の馬場となるとこれが別物。

東京の場合はフラットではないのが近年の作り方。

スローになると逆に差し追込みが決まる。

それだけならまだマシなのだがハイになると今度は前が残るから誤差が出る。

JCのスーパーレコードにしてもキセキが行き切ったからこその結果。

当然中山だと止まると読んだのが有馬で◎ブラストワンピースを本線的中できた理由。

なんだか最近は馬よりも馬場で
予想を組み立てるようになってしまったのがいいのか悪いのか。

それくらいに馬場造園課の介入は深刻なレベルになっているのが昨今の現状だろう。

土曜の京王杯にしても34.2-33.9なんてラップだから半端な結果になった。

これだとほぼイーブンだから中団が正解となった。

逆にトゥザクラウンがもっとラップを刻んでいれば頭まであった可能性も。

自己条件でも1.19.5が出ていたような馬場だから
0.1しか詰めていないレコードに価値もクソもない。

トゥザが刻んでいればもっと詰まっただろう。

キンカメで切れ勝負はやってはいけない。

とまあ馬場についてはこんな感じなのだがここは典ちゃんが厄介。

さすがにポツンはほぼないと言えるがどれくらいのラップで刻んでくるのか。

額面上は毎日王冠を勝って安田記念ではスワーヴリチャードを押さえて2着なら
例年のVMなら問題なく勝てる。

京都では走らないからワンターンの東京がベスト条件。

気になるのはなぜ連れて行ったのか理解に苦しむアメリカ遠征。

これのダメージがあるかどうかだけ。

幸い追い切りはそれほど悪くないから買える。

阪神牝馬のラッキーライラックは映像を見ながらこのド下手糞がと切れながら見届けた。
引っ張って折り合いを欠いた共同通信杯のドゥラメンテでやらかしたような負け方。

とはいえ逆に考えるとビッグアーサーのように前哨戦を逃げて圧勝して
本番は控えてやらかしたり、阪神牝馬組が連勝でVMを勝っていないことを考えると追い風。

個人的にはレーンにでも乗り替わってくれた方がよほどすっきりするのだが
松永ミッキーがあえて脩でもう一度と頭を下げての心意気。

まあ自身がかつてメジロブライトの騎乗で非難されて降ろされた過去もあるから
これはこれで人情味があると考えれば応援したい気になる。

また、前哨戦で失敗したからこそ本番で同じ過ちはしない確率が俄然高くなる。

ならば元々は牝馬三冠を期待していた馬。

ここは迷わずの◎。

中山記念の乗り方をすれば今の東京なんてベストマッチだけど脩はそこまではやれない。

3枠6番はもう少し外が欲しかったが今週は雨も降らなかったので許容範囲。

早め早めに先行して強気に抜け出してもらいたい。

人気でもまともなら怖いアエロリットが対抗。

問題は次のグループ。阪神牝馬好走組が裏切るのは想定内。

前々で展開に恵まれた組と後ろから脚を余した組の評価を入れ替える。

ミッキーチャーム、アマルフィコースト、クロコスミア、カンタービレ。

これらは割引対象。

特に不利もなく伸びなかったカンタービレは気になるがミルコ枠。

レッドオルガの扱いが面倒。

クラレントの安田記念3着は12人気
レッドアヴァンセのVMは7人気
レッドヴェイロンのNHKは9人気
----------
レッドオルガの東京新聞杯は6人気

他はみんなG1だがレッドオルガはG3。。。

そしてこのときの馬場は内しか伸びない特殊系。

今回は人気で1枠2番はどうしても引っ掛かる。

どちらかというと旨味もない消したい馬。

また、馬場が軽い以上はスローで楽逃げ残り系は割引。

ステイゴールドやキンカメ系は厳しい。

嫌いでもディープインパクト組を評価せざるを得ない。

アエロが飛ばしていくと来なくなるだろうが仕方なし。

レッドオルガ    内過ぎ机過ぎ
ミッキーチャーム  阪神牝馬楽過ぎ
プリモシーン    お前はもう考えるな
ワントゥワン    近走悪過ぎ
サトノワルキューレ 阪神牝馬最速上がり
カンタービレ    ミルコ
サウンドキアラ   力不足

残したいのは
プリモ、サトノ、カンター

これにリピーターのデンコウアンジュ。
騎手買いしたいノームコアまで。

◎ラッキーライラック
○アエロリット
▲サトノワルキューレ
△プリモシーン
△デンコウアンジュ
★カンタービレ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3658-c7bf44df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング