FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:10:16 «edit»

Category:WIN4

京都11R マイラーズC(G2)の予想 

■京都11R マイラーズC(G2) 芝1600

G1で馬券にはなっても1着にはなれないのが川田のキャラクター。

結果的にこれが続いているのだから原因はあるのだろう。

大阪杯のキセキなんかは足りない部分が顕著。

ただ、G2大将というのは完全に正解であって
G1でさえなければ川田は頭で買える。

最近の馬質はルメールと同等。
言えることはミスをしても相殺してくれる極上馬質の馬には
G1で乗っていないだけなのがルメールとの違い。

一時期の祐一が勝てる馬質でも自身のミスで取りこぼしていたのとは異なる。

そこへ来てダノンプレミアムは現役でもトップクラス。

当方の考えとして王道路線が最強クラスで
距離短縮ならマイラーより優勢。

まずこの馬の強みは前で競馬ができること。
すぐにクソスローのクソレースを演出してしまう今の競馬では絶対に有利。

前で競馬ができるためにスローでも歓迎。
前にいるから不利を受けにくい。
騎手の腕が試される直線での進路取りを苦労しない。

父ディープで上がり勝負にも対応できる。

これは今の競馬では絶対に必要な要素である。

これを負かすのは並大抵のことではない。

インディチャンプが打倒一番手で期待されているが、
着拾いに徹するならともかく真っ向勝負すると返り討ち濃厚。

確かに重賞の一つや二つは勝てる馬と評価していた通り、
東京新聞杯は10年以上続いた1人気の連敗をストップ。

データを破ったものの、マイラーズCも同じく連敗続き。

だがダノンならこれもデータを破りそう。

インディは勝ちに行くと詰めが甘くなるだろうから
間に他の馬が割り込む可能性は高いと見る。

◎ダノンプレミアム
○モズアスコット
▲パクスアメリカーナ
△インディチャンプ
×グァンチャーレ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3633-024b11fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング