FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:39:15 «edit»

Category:WIN5

東京11R 東京新聞杯(G3)の予想 

■東京11R 東京新聞杯(G3) 芝1600

もしここまで生き残れていたなら絶対に落としたくないレース。

過去10年のデータの推奨は2,3,5,8人気。

1人気が未勝利なのが大きい。

当初はタワーオブロンドンがそうなるかと考えていたのだが、
中間の抜群の追い切りなどもあってインディチャンプになりそう。

例年の東京なら内前抜け出しが鉄板となるのだが、
どうも昨年もそうだが馬場造園課のいじりようが気になる。

ハイラップ承知で行き切ってしまえば好時計で前が残るのだが、
日本人騎手お約束の折り合い手綱引っ張りゲームではそうもならない。

顕著だったのは土曜11R節分Sのラップ。

同じくマイル戦で前半36.3-34.3というバカみたいなクソスローで
前にいた馬が全滅して一切残れなかった。

究極の切れ勝負のような様相。

こうなってはもう展開もクソもない。

むしろごちゃついて前が詰まるリスクより距離ロス覚悟でも
外から直線一気でも発動させた方が好走するのではなかろうか。

こんな馬場状態の中で1枠1番サトノアレス、
2枠2番インディチャンプへの不安は大きい。

サトノは古谷君◎、インディは進路選びに定評のある祐一。

そもそもまともに能力を発揮できるのかすら怪しい。

いっそシャダイカグラのような乗り方をした方がいいかもしれない。

この二人が自分からレースを作るイメージは皆無だ。

藤沢厩舎3頭出しについてはタワーオブロンドン。

後ろから行く馬なのも展開には合っている。

グァンチャーレに敗れたのは物足りなさがあるが藤沢の休み明け。

最終的にはアーリントンCの直接対決で
あっさりパクスアメリカーナやインディチャンプを負かした過去も後押し。

ジャンダルムは個人的にも応援している馬で抜群の追い切り。

ではあるが、富士S、マイルCSの一連のレースで見せ場もなかった。

◎タワーオブロンドン
○ロジクライ
▲インディチャンプ
△サトノアレス
×レッドオルガ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3568-43636470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング