FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:40:29 «edit»

Category:WIN4

中山11R 京成杯(G3)の予想 

■中山11R 京成杯(G3) 芝2000

ダート以外ではすっかりダメな騎手の烙印を押されてしまった感のある内田君。

個人的には応援している騎手なのでもうひと頑張りして欲しい。

ただ、やはりペース配分とかできないし乗り方が雑。

ルメールのような繊細さを求めるのは無理筋。

そんな中でも中山の芝2000に限ってはまだまだ買える。

皐月賞のゴールドシップや弥生賞のカミノタサハラなども内田の腕で勝った。

中山芝2000という乱打戦になりやすい条件も脳筋に向いているのかもしれない。

そしてこの京成杯は条件に追い風が多数。

父ダンカークはまだまだ未知数も母系はエアグルーヴやドゥラメンテなどを出したダイナカール一族。

母母エルフィンフェザーはエアグルーヴの妹。

キングカメハメハをつけたのが母カールファターレ。

競走馬としては目が出なかったが繁殖でシークレットランを出した。

生産もノーザンFと折り紙付き。

あらためて葉牡丹賞の映像を見るとめちゃくちゃ強引。

ずっと追い通しでそれでも突き抜けたのは相当。

戦績を振り返って新馬でアガラスに負けたのが気になったが、
新馬で464キロ、未勝利で+14キロ、葉牡丹賞で+10と成長して馬に身が入っている。

プラス体重を続けて強くなっているのも評価できる。

厄介なデムルメの騎乗馬にしてもキャリア1戦での京成杯勝ち馬はおらず。

2戦で1勝といきなり通用はしていない。

これでラストドラフトは割り引ける。

東スポ杯組も未勝利。

これはカテドラルについても言える。

そして葉牡丹賞組が好相性のレース。

迷わず◎シークレットランで。

相手はランフォザローゼス。

こちらはあの未完の大器母ラストグルーヴ。

父キングカメハメハ×母父ディープの印象とは裏腹に長くいい脚を使っていたのが前走。

一旦伸びないと思わせながらしぶとく伸び続けて2着は確保。

バテずにいい脚を長く使うのはイメージに合わないが、
馬群の中から割って出ての2着は評価できる。

◎シークレットラン
〇ランフォザローゼス
▲ラストドラフト
△ダノンラスター
×ヒンドゥタイムズ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3549-bd5c15fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング