FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 18:34:47 «edit»
■中山09R グッドラックハンデ 1000万 芝2500
1着▲ヴァントシルム
2着△サトノグロワール

----------
有馬記念と同じ芝2500m戦。
仮にここで外してもメインの参考レースとしては重要。

抜けた馬もおらずルメールのヴァントシルムも外枠。

この条件はスローになりやすく内枠を重視。

となるとその外からの差し馬に食指。

現級勝ち実績ある先生のミルトプレストが魅力。

これにマスターコード、サトノグロワールあたり。

3歳トラストは恐いが外枠で三浦なら割引。
----------

15番ヴァントシルムがどう乗って来るか気にしつつ観戦。

クリストフは冷静沈着に外からの差しを選択。

早めに抜け出しを図った1人気サトノグロワールを差し切った。

この時点で有馬の外枠割引を再考。

雨の影響もあって内がそれほど有利にならないのではないかと
発想の切り替えをすることに。

また、これだけ自信を持って外差しが決まったなら
12番レイデオロにしても外枠の心配は杞憂になる結論。

アヴドゥラは強気の好騎乗。

中山経験が足りないと思ったが差されたのはその分か。

マスターコードの一発に期待したものの、
これは勝浦と外人騎手との致命的な違いが大きかった。

■阪神09R 千両賞 500万 芝1600
1着-マイネルフラップ
2着△マイネルウィルトス

----------
安定感ならマイネルウィルトス。

前走敗れた相手のダノンチェイサーはきんもくせい特別でマイネルサーパスとハナ差。
このレースは評価していなかったのだがやはり朝日杯10着と結果が出ず。

配当的な妙味はあれど強気にはなれないか。
----------

5F通過が60.5と平均ラップに思えたが、
先行勢は雁行状態で息が入りにくかったかもしれない。

にしても勝ったマイネルフラップには驚かされた。

過去のレースや相手関係を鑑みても
ほぼ最後方に近い位置取りからこの差し切りは想定外。

前走でもマイネルウィルトスには0.7差の完敗。

上がりでも0.7見劣り逆転は無理筋。

ところが今回は上がりも0.5上回っての快勝。

これはもう訳が分からない。

小生のようなデータと能力比較メインの人間には取れない。

■中山10R フェアウェルS 1600万 ダ1200
1着-シャインヴィットゥ
2着〇スビールアスール

----------
よく荒れる中山ダ1200だが1600万のときはそれほどでもない。

ただ、このメンバー構成を見ると色気は出る。

データ的な傾向は5人気以内で収束するのだが、
ハイペースになったときにゴール前で一変するのがこの条件。

後方一気タイプや逃げ馬のスロー前残りの両対応が必要。

最短距離からスローに落とせれば最内スビールアスールの残り目。

シャインヴィットゥは前走デビュー最高のプラス20キロで快勝。
少し気になるが勝春だから割引。
----------

前残りか追込みかの2択。

シャインヴィットゥの前走は明らかに何か異変を感じる内容。

この勘は運よく匂ったのだがもう阪神9R千両賞で死亡済。

にしても二桁人気だったのに終わってみれば8人気。

誰だ大量購入したのは・・・。

■阪神10R クリスマスキャロル賞 1000万 芝1600
1着-ペルソナリテ
2着△オールザゴー

----------
阪神芝1600で信頼度の高い浜中。

3歳で内枠ならエアアルマスの断然人気は納得。

ただ、ここを1点で済ませるのが大多数なら
やはり前残りの穴は押さえておきたいところ。

レイデオロが2倍台ということを考えると
あちらを疑うよりこちらの方が妙味。
----------

まあここで断然人気のエアアルマスを疑うのは
WIN5をやっているなら対策するところ。

当馬君がペルソナリテに◎だったから再検討したのだけども
このクラスの成績が0.3.1.13と未勝利。

しかも5歳でもう上積みの期待はできないだろうと。

だから2,3着までの見立てだったのだがこんなに鮮やかな勝ち方をするとは。

こちらも千両賞と同じく芝1600m。
同じように差し追込みでの決着となった。

今日の阪神は雨のせいか時計も掛かれば前も残らない。

その割にペルソナリテの上がりは33.5で困惑。

馬場が悪いから1.35.3だったんじゃないのかよ。。。

もう何が何だか。

■中山11R 有馬記念(GI) 芝2500
1着〇ブラストワンピース
2着◎レイデオロ

----------
結論としてはレイデオロの牙城は崩されない可能性が非常に高い。

誤算があるとすれば枠の分だけ差しが届かない2,3着。

今年の世代レベルで圧倒的な強さで上の世代を駆逐している3歳。

負かすとしたらこの手のタイプではないか。

noteでも触れたがどうもシルクジャスティスと被る。

幸い池添も有馬はオルフェで2勝、ドリームジャーニーで1勝と得意舞台。

外人続きの連敗を止めるとすればKYな騎手。
----------

9Rの外差しを見て15番シュヴァルグランを再考。

何とか馬券も修正出来て改心の的中となった。

noteで書いていたように実質の◎はブラストワンピース。

馬券圏内をまず外さないであろうレイデオロをあえて軸としては◎。

反省点があるとすればWIN5専門でやっている関係で
購入額を削ってしまったことくらい。

昔なら馬連ワイドでぶっこんで100万目指したようなレース。

ただ、これについてはもう終わったから言える話であって
結果的に後悔したにすぎない。

今はもう馬券に生活を賭けるようなことはしていないのだから。

レースを振り返ってみたい。

ちょうど9Rも2500m戦だから参考ラップ付きで。

■中山9RグッドラックH 1000万

2.36.3

7.0-
11.8-12.6-12.8-12.6:49.8
13.5-13.3-12.5-12.4:51.7
12.3-11.8-11.6-12.1:47.8

上り4F 47.8 - 3F 35.5

■中山11R有馬記念(GI)

2.32.2

6.8-
11.6-11.8-11.9-12.2:47.5
12.8-12.6-12.2-11.6:49.2
11.8-11.8-12.2-12.9:48.7

上り4F 48.7 - 3F 36.9


正直なところ、1着を狙うならキセキはあえて逃げない方がいいと考えていた。

枠的にレイデオロよりも外の14番。

そろっと出して周りが行かなければそこで判断してもよかった。

一貫したラップを刻んだため、レースそのものは締まったのだが、
騎手の考えとしてはもう一工夫欲しかった気がする。

まあこの辺りが生姜クンに対する根っこのところの不信感だろうか。

マーフィーのロケットが強気なレースをしたのは意外だったが、
おそらく出さなければ豊さんのオジュウチョウサンがレースを作ってくれた。

1着を狙うならばいっそのことレイデオロをマークする戦法だろう。

なぜ不満があるのかというと差しが決まるとはいえハイラップならば
前が残る東京の馬場と外差しが決まっていた今日の中山では馬場が違い過ぎる。

言葉は悪いが馬鹿の一つ覚えに逃げてしまった印象。

対してミッキーロケットは切れる脚のない馬。

この馬に関してはずぶずぶの展開になったからこその4着で。

スローの切れ勝負なら着順が上がったかどうかは微妙。

ただ、抜群の追い切りそのまま反映されただけに追い切りがレースと直結するタイプ。

今後も覚えておきたい。

レイデオロのクリストフは完璧なレース運び。

これは別に差し損ねたわけでもなく馬は力を出し切っている。

勝ったブラストワンピースが強かった。

初めて池添がGIでまともに乗れたのが暮れの大一番だったという。

ダービーは祐一に蓋をされて前が壁になる致命的な不利、
菊花賞にしてもペースが上がったところで追い上げて末をなくした。

距離が延びていいタイプでもないだろうから
来春も天皇賞を目指すよりは大阪杯から宝塚のコースがいいのではないか。

真のダービー馬はこの馬だろうし、牡馬のNo.1と言っていいかもしれない。

アーモンドアイはもはや別格だろうからいつかは対決を見てみたい。

来年のJCあたりで見られれば最高。

また、世代レベルの比較にもこの有馬は大きな目安となった。

現4歳も春前から強さを見せていたが、さらに強さを見せたのが現3歳世代。

これはもう来年の6歳以降は非常に寒々とした結果が待ち受けている予感。

■回顧

前半で波乱続きも後半にエアアルマス、レイデオロの壁があるため、
どちらかが敗れてもどちらかは勝つ可能性を考えたのだがどちらも負けてしまった。

2億の上限を取っ払ってからはもはやキャリーなんてのは都市伝説に近く、
JRAの悪変に辟易としていたが約4年ぶりのお目見え。

28日に今年最後のWIN5。

こりゃもう全力で行くっきゃねえ!
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3522-09e61c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング