FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 11:11:56 «edit»

Category:WIN5

東京11R ジャパンC(GI)の予想 

■東京11R ジャパンC(GI) 芝2400

アーモンドアイが予想通りの断然人気。

ここまで抜けたパフォーマンスを見せているのだから仕方なし。

むしろメイクデビューで戦績に傷がついたのが残念な限り。

新馬勝ちしていない馬がこれだけ強いのだからそれも珍しいかも。

当方はオルフェーヴルが好きだから
ラッキーライラックを桜花賞とオークスで狙ったものの返り討ち。

そのオルフェーヴルをJCで破ったのがジェンティルドンナ。

タックルはあったとはいえ3歳牝馬のタックルでひるんだのだから
オルフェーヴルの負けは認めなくてはいけない。

ただ、ジェンティルドンナが強かったかと言えば疑問だ。

器ならブエナビスタの方が上だっただろう。

まあそれはともかくジェンティルよりアーモンドの方が
はるかに上回る3冠の内容。

それより下のジェンティルがJCを勝てたのだから
理論的にはアーモンドアイも勝てると考えるのが筋。

それ以前に3歳牝馬の一線級ならJCで通用する歴史もある。

過去にもファビラスラフイン、レッドディザイア、デニムアンドルビーなど
ジェンティル以外の馬も通用しているのが裏付け。

ウオッカに関してはそもそもダイワスカーレットにかなわなかった馬で
最後の挑戦で勝てたのもオウケンブルースリの進路を
コスモバルクが塞いで棚ぼたでの勝利。

まあなんだかんだ言ってもアーモンドアイの結論にたどり着く。

本来ならライバルだったはずのサトノダイヤモンドやスワーヴリチャードも怪しい。

サトノは京都大賞典で復活したように見えても
その実は自己条件を勝ったばかりのレッドジェノヴァに追い詰められての薄氷。

サトノが復活ならレッドで足りる計算だったエリ女で4着。

これでレッドが強い勝ち方でもすればサトノの復活も現実味があったのだが、
逆にサトノ復活が疑問符に逆戻り。

モレイラ騎乗は魅力も父ディープから成長力は見込めない。

昔の名前で出ていますの域にとどまる。

スワーヴリチャードの天皇賞は出遅れた上にマカヒキに突き飛ばされての惨敗。

まともならと思いつつも不利がなければ勝ち負けだったほどの走りがなかった。

後ろからの競馬になったとしてもせめて上がりはそれなりに出して欲しかったし、
ミルコ自身の出遅れ癖や最近の持ってなさも気になる。

まだ内枠で脚を溜められればという期待もあったが11番と外枠。

先行策を取って欲しいとはいえ大阪杯のようなスローでなければ捲れない。

さて、展開を考えると前走アルゼンチン共和国杯でクソスローにして
持ち味を台無しにしてしまったウインテンダネス陣営の本番で内田君のプランは予定通り。

内田君の性格的に押してでもハナを取り切ろうとするのは読める。

この馬が緑風Sで計時した2.22.9のラップで飛ばすなら淀みない流れは必至。

さすがにこのメンバー相手に今の東京で逃切りは厳しいだろうから
この馬にはクソレースにならないようにペースメーカーの役割を演じてもらう。

内田君が逃げて番手を取れれば最高なのが生姜クンのキセキ。

神戸新聞杯でもレイデオロには完敗しており、
天皇賞での負けは仕方がなかった部分もあるが復活気配は見て取れた。

あのときキセキが残っていればWIN5も250万くらいは優に超えていたのになあ・・・。

まあそれはともかくキセキに関しては能力は疑うところはない。

香港で壊れていた体調が戻れば問題なし。

現在は天皇賞激走の反動よりも完全復調が見える上昇カーブ。

正直力と力の真っ向勝負でもサトノやスワーヴがアーモンドを倒すイメージはわかない。

展開の紛れがあるなら前々で競馬が可能なキセキのみ。

シュヴァルグランにしても昨年は絶好の展開に恵まれてのもの。

JCで6歳馬が勝ったのは過去10年でデータから消えた。

叩いての東京替わりはプラスだが過去以上の上昇はない。

これはもうキセキとアーモンドアイの1点で結論。

素直にアーモンドアイ◎といきたいところだが、
穴党を自称するからにはキセキで。

配当的なものは期待できないだろうから
下手に点数流すよりレートを厚めで勝負したい。

まあ小生はWIN5専門なのでこちらにそれほど金額は割けないのだが。

◎キセキ
〇アーモンドアイ
▲スワーヴリチャード
△サトノダイヤモンド
△シュヴァルグラン
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3497-fb66c081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング