FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

Posted on 11:57:01 «edit»

Category:WIN3

東京11R アルゼンチン共和国杯(G2)の予想 

■東京11R アルゼンチン共和国杯(G2) 芝2500

ここも過去10年で3人気以内で8勝なのだから人気サイド。

前走負けも0.4以内が全勝。

ハンデは56キロの4勝が最多。

58キロまでが対象だがこれはシュヴァルグラン。

前走着順にしてもミヤビランベリが札幌記念で
14着にしても3人気でのもの。

前走人気は5人気以内。

1人気3勝
2人気3勝
3人気2勝
4人気1勝
5人気1勝

1600万の馬は1,2人気。

年齢も基本は3,4歳で例外はアスカクリチャン、ミヤビランベリの6歳。
ただ、2頭はいずれも近走で重賞で入着の好走があった。

ではまとめてみたい。

3歳は不在で4歳はムイトオブリガードとホウオウドリーム。

前走0.4差以内の条件はかなり有効で残るのはムイトとルックとアルバートのみ。

アルバートはハンデと年齢でアウト。

ならやはり元々このレースと相性が良かったオクトバーSが前身の六社S組は優勢。

これにひと工夫を加えるならば接戦したムイトとルックより
緑風Sでルックに快勝のウインテンダネスの一発。

この馬は叩き良化型。

休み明けの京都大賞典は展開も向かなかっただけに度外視。

何しろ馬場は違うとはいえ緑風Sの2.22.9はダービーより速かった。

これに青嵐賞で同じく2.22.9を出したのがムイトオブリガードである。

時計面だけで考えればこの2頭の対決となる。

まあ秋の東京は後ろからの差しが届いているから展開は変わりそうだが・・・。

後は友一よりはオドノヒューでパフォーマプロミスの56キロ。

目黒記念の内容から前進は見込める。

欲張らずに点数は絞りたい。

◎ムイトオブリガード
〇ウインテンダネス
▲パフォーマプロミス
△ルックトゥワイス
×ホウオウドリーム
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3477-8d1df056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング