FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

Posted on 18:49:50 «edit»

Category:回顧

ぜんぜん効いてない効いてないWIN5反省会 

■中山09R 芙蓉S OP 芝2000
1着◎ミッキーブラック
2着〇ボスジラ

----------
小頭数の割には絞りにくい顔触れ。

人気はミッキーブラックだが、
初戦で3/4馬身差の2着だったアトミックフォースを物差しにすると
同馬は次走でテイエムバリバリに敗れ、次々走ではハヤヤッコに4馬身差の完敗。

新馬勝ち程度のキャリアの馬を無理に上に見るのは怖い。

ただ、ミッキーもクリストフを配して勝負掛かりでもあれば、
新馬勝ちの内容も3F11.7-11.7-11.8のレースラップを
34.5で差し切りなら一定の評価が必要。
----------

人気に応えてクリストフのミッキーブラックが快勝。

とはいえ中間スローと見るや即座に動いたクリストフと
その他大勢の騎手の凡庸さとの違いが目立った。

着差も3/4馬身でこれは動けたか動けなかったかの差。

気が付けばWIN5対象レースの芝で勝率が.360と全盛期のイチローかというほどの安定。

先週もいきなりステーキならぬルメールだったがまだまだ無双状態。

■阪神10R 西宮S 1600万 芝1800
1着◎エアウィンザー
2着△サトノケンシロウ

----------
前走で負かしたミッキーグローリーが京成杯AHを勝利。

エアスピネルの下という血統もあってミルコも騎乗。

エアウィンザー本格化を期待する見方は多くて当然。

ただ、断然人気の馬がいる以上はそれを疑ってこその高配当。
----------

スランプのミルコだけにもしかしたらここもと
ミルコ教信者のくせに淡い期待を持ったのが失敗。

しっかりと修正して外目追走ながらも前々を射程の競馬。

生姜クンのサトノが追い上げてきたがこれは勝負した騎手と
守りに入った騎手の決定的な差。

どう乗っても着順が入れ替わることはない。

まあ生姜クンだし。

酷かったのはスマートエレメンツの浜中。

WIN5で小倉と阪神だけは信頼できる騎手だったのに
まさかの内でどん詰まり。

ほぼ馬なりのままゴールは叱られて当然。

この馬こそ進路さえあれば勝てそうな走りだった。

叩かれた影響も大きいのだろうがこんなイップスみたいな乗り方では勝負できない。

■中山10R 外房特別 1000万 芝1600
1着-シャルルマーニュ
2着△イレイション

----------
クリストフ人気のディロスは未知数だが、
ワグネリアンやゴーフォザサミットと戦ってきたなら
個々の相手関係は随分と楽。

懸念があるとすれば条件的にステイゴールドの成績が振るわないことか。
----------

もう笑ってしまうくらいの前残り。

ただ、これは来週のスプリンターズSを考えれば笑っている場合でもない。

土曜の芝1200で1.07.0がらくに出たように
今の中山芝は前にいないとどうしようもない。

だからこういうのはとにかくボンクラ騎手による人災に備えないといけない。

来週にしても逃げ先行馬を買わないとまず的中しようがない。

シャルルマーニュは東スポ杯3着があったように能力に裏付けのあった馬。

すんなりと逃げて1.33.0で上がり34.0では後続には手が出ない。

まあそう考えると後ろから差し切った京成杯のミッキーグローリーは強かった。

届かない上がり最速ほど意味のないものはない。

■阪神11R 神戸新聞杯(G2) 芝2400
1着▲ワグネリアン
2着-エタリオウ

----------
ここはもう予想するよりもデータを信頼したいところ。

過去の傾向からも荒れたのはイコピコの7人気のみ。

基本はダービー1,2着馬が好成績を残すレース。

勝ち負けに関してはダービーで先着した馬が1着濃厚。
----------

スタートしてすぐにエポカドーロが躓いて後方から。

ただ、気になったのはスタートしてアドマイヤアルバと軽く接触したように見えたこと。

ゲートを出て体勢はよくなかったが、ガクンとなったのはアドマイヤアルバと重なったあたり?

まあそれはともかくとしてメイショウテッコンが外連味ない逃げ。

ワグネリアンは後方から4番手だったがあのエポカドーロの方が後ろの異常さ。

今日は小頭数で比較的前を射程に入れることができたのが大きかった。

本番は距離も伸びて坂のない淀の長距離でスロー必至。

トライアルはトライアルとして割り切った方がよさそうなレースだった。

ワグネリアンの好走には少々ワンアンドオンリーを重ねる部分もあって上出来すぎた反動が怖い。

やはり本番でもエポカドーロ有利の見立てには変わりはない。

エタリオウは器用さがなくやはり追込み一辺倒。

はまればレインボラインくらいの印象。

やはり前残りが正義だろう。

メイショウテッコンはこれでも本番は軽視されそうな感じならぜひ買いたい。

■中山11R オールカマー(G2) 芝2200
1着◎レイデオロ
2着〇アルアイン

----------
先週はセントライト記念で芝2200の同じ条件で弟のレイエンダが敗れた。

で、レイデオロが想定以上に人気しているが
前走を引っ掛かって敗れたとなるとこちらも折り合い重視の後方待機か。

前々で先に抜け出すのが勝利パターンの中山でこれは不安材料。

馬券から外れる可能性は限りなく低いが2着は十分考えられる。
----------

レイデオロはやはり後方から。

勝負所では外から田辺エアアンセムが蓋をして仕掛けは遅れる。

番手から抜け出したアルアインの完全な勝ちパターン。

これでは届かないだろうと思ったところでクリストフが巧かったのは進路取り。

あれで外に出そうとしていたら間に合わなかったのだが、
巧みに内へ誘導して狭いところを抜けてきた。

最近のWIN5で異常な勝率をあげているように今は逆らわない方がいいと思えるほど。

キャプチャ

9月のみで6勝はさすがにエグい。

これだけ勝てるならモレイラなんかいらねえな。

レイデオロの次は秋天かJCだろうけどもJCではアーモンドアイがいる。

■回顧
配当を狙うなら断然人気のいる芙蓉Sか西宮Sしかないと
外房特別から点数を削って神戸新聞杯もエポカで絞ったらまああーたw

とはいえ最初の2つが断然人気の連勝で終わった時点で儲からない回。

はずれても配当56590円ならなんてことはない。

ガチ勢には許容範囲の額である。

そりゃ当たるに越したことはないけれど。

さて、来週もルメールサンに警戒しつつリベンジやね。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3443-329259d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング