FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:16:32 «edit»

Category:WIN1

小倉10R 西日本スポーツ杯の予想 

■小倉10R 西日本スポーツ杯 1000万 ダ1700

現級勝ちがあるのはレッドディオーサのみ。

この条件の騎手期待値は浜中が断然。

データ的にはこの馬を狙いたいのだが肝心の近走が微妙。

前走は後方ポツンから上がり最速で追い上げて0.8差の6着。

スタートまともならまくりも決まる可能性がある。

ただ、小倉のダートが良ではなく渋っているのが問題。

こういうときは時計勝負で前が有利となる。

持ち時計のある逃げ先行馬狙いがセオリーか。

まず目につくのはスズカフリオーソとイシュトヴァーン。

両馬の前走を比較するとラップはほぼ同じで上がりに0.9差。

時計も0.4上回るならいずれの斤量も増減なしなら力関係はスライド。

二者択一なら取捨は可能。

スズカフロンティアにしても同じく消せる。

グアンに関しては時計はイシュトヴァーンと大差ないが、
上がりは出せて2馬身半差なら伸びしろ補正程度。

ただこちらも怖さは感じないレベル。

となるとやはりここはコマビショウが他をリードしている結論。

前走の負けは不意打ちを食らった誤差で差し支えない。

勝ち馬ダンツゴウユウも弱い相手ではなく2番人気。

このレースは穴狙いには合わない見立て。

気がかりな点があるとすればコマビショウではなく和田の方。

過去のWIN5の小倉ダ1700成績は以下。

騎手 着別度数 勝率
和田竜二 0- 3- 0-11/14 0.0%
国分優作 0- 1- 2-16/19 0.0%

穴で一考したかったテイエムチューハイも優作がこれでは。

大筋コマビショウが信頼できそうだが、
和田がヘマをする可能性は頭に入れておきたい。

◎コマビショウ
〇スズカフリオーソ
▲レッドディオーサ
△グアン
△テイエムチューハイ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3414-44203c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング