FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
このページの記事一覧

【お知らせ】

PR

Posted on 17:41:15 «edit»

Category:回顧

トンネルを抜けたらまたトンネルが待っているWIN5反省会 

■札幌10R 2018WASJ第3戦 1000万 ダ1700
1着△エンクエントロス
2着〇フリーフリッカー

----------
豊のフリーフリッカーは前走不良だったため、
鵜呑みにはでいないと思いながらも
良でも結果は出している。

降級してから1戦で即復帰ならば調子もいい。

この馬が最も信頼度が高そうなら素直に。

となるとエンクエントなんかは何の妙味もない。
----------

豊がもし飛んだら荒れそうだと考えていたのだが、
まさかのモレイラに交わされる結果。

抜群の位置取りでこれなら間違いないと思ったそばから
外からゴリゴリやってるのがいたのがモレイラ。

手応えはフリーフリッカーが優勢だったものの、
追われてからはエンクエントロスが伸びた。

仕掛けを無理した分だけエンクエントの脚が鈍り、
フリーが差し返し始めたところがゴール。

着差はハナ差だがゴールのところだけ前に出たモレイラが巧かった。

これは敵ながらあっぱれ。

■新潟10R 朱鷺S OP 芝1400
1着△ワンスインナムーン
2着-ショウナンライズ

----------
データ的には買ってはいけない騎手の大野君が
ワンスインナムーンに乗る段階ですでに怪しい。

とはいえ大野君も勝春も新潟ではマシというのもあったり。

そもそも下手糞でも逃げ馬なら買えというのがマイルールでもある。
----------

いやね、123着みんな前にいた順。

笑ってしまうくらいの前残り行ったままだった。

ショウナンライズもコウエイタケルもそりゃ狙えなくはないが、
それは通常の馬券の買い方。

1着を考えると他の馬に妙味。

で、いつも言っているように下手糞でも逃げ馬なら買え(笑)

下手糞なのに逃げさえしなかったノットフォーマル原田君は
完全に使えない騎手リスト入り。

この馬には江田照男乗せてくれ。

■小倉11R 小倉日経OP 芝1800
1着▲レトロロック
2着-エンヴァール

----------
当方が最近気にしているディープ狙いというのは
あくまで穴のディープである。

というわけでここでも狙うのはレトロロック。
ではなくて弘平のタムロミラクル。
----------

エンヴァールは来ても2着までの読み通り。

浜中は小倉では一流。

タムロミラクルはなぜかダートのディープだったが、
芝でどうかと期待してみたものの見せ場なし。

とはいえディープ産駒がまた来た訳で。

8頭立ての4人気ならリターンはある。

■札幌11R キーンランドC(G3) 芝1200
1着-ナックビーナス
2着◎ダノンスマッシュ

----------
正直もう見飽きたメンバーである。
友一ダノンと祐一トゥラのU1ライン。

あーこれ普段なら絶対狙わないだろうなあ(笑)

だからこそおもしろそうなのである。

次に別路線組からの狙いならミルコのキャンベルジュニア。
----------

ナックのモレイラが逃げて3F33.7と平均やや速め。

ゴール前で息切れするかと思いきや楽逃切り。

3歳の素質馬ダノンスマッシュに2馬身半差の完勝。

ピッタリマークされながらも上がりで0.2上回ったのだから強い。

内枠を利して田辺が好騎乗したペイシャフェリシタが3着。

枠の内外の差も大きく外枠勢は全滅。

稍重で勝ち時計は1.09.4

■新潟11R 新潟2歳S(G3) 芝1600
1着〇ケイデンスコール
2着-アンブロークン

----------
ここは予想のウェイトはあまり考えずに傾向重視。

4人気以内で9割拾えるなら考えない方がいい。

1.ケイデンスコール 脩
2.アンブロークン  石川
3.ジョディー    池添
4.エルモンストロ  蛯名

謙ちゃんは最近パッとしないのが割引。

脩は大きいところでは頼りないが、
上位騎手がみんな札幌にいるなら通用する。

血統的な魅力はロードクエストの下スティルネス。

ところがどっこい1200からの延長と三浦では期待できない。
----------

無敗馬が勝たないと将来性がないのが新潟2歳S。

ケイデンスコールが重賞を勝ったなら
これを負かしたアドマイヤマーズも重賞級の見立て。

新馬デビューは祐一だったのかこの馬。

結果を残せなくてサンデーRからは干されていたはずだが、
こんな馬をまた負かされるようになったなら驚き。

それはともかくとしてレースの中身は色々気になった。

蛯名の逃げも意外だったが脩の位置取りも意外。

あんな後ろで普通なら届かない。

しかし結果的には馬のお陰で勝てたから結果論的にマシとしても
どうしようもなく酷かったのは石川君。

出遅れて慌てて気合を付けたら今度は引っ掛かって前に。

むしろあれだけ上がやらかしてもクビ差の2着は
アンブロークンもしかして強い説すら現実味。

これ石川以外の騎手なら勝っていた可能性高そう。

まあ小生も買わなかった理由は石川だからドンピシャ過ぎて複雑。

で、脩の方は後ろ過ぎる位置取りがまずかった。

それでも予想でも触れたようにトップクラスの騎手がいないのが奏功。

札幌組のトップ級がいたらダメだっただろう。

それ以前に乗せてもらえていないか。

共同通信杯のドゥラメンテとリアルスティールみたいなレースだった。

このレースに関しては石川が脩だけど。

■回顧
先週に印をつけていながら買えなかったサイタスリーレッド。

今週は印をつけていなかったが仕方なく嫌々押さえたモレイラ。

先週108万で今週12万だから逆がよかった(切実

とりあえずはWIN4にならずには済んだからヨシとはするが、
3桁配当以外はそれほど喜べないのも本音。

来週こそすっきりと高配当を拾いたい。

頼むよブラストワンピース。

1点にするかも。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3413-e298b46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング