FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 17:46:50 «edit»

Category:回顧

WIN4梅雨明けしたらただの惨敗だったWIN5反省会 

■中京10R 香嵐渓特別 1000万 ダ1400
1着◎ビックリシタナモー
2着-プライスガウ

----------
強い3歳馬の出走はなし。

ビックリシタナモーは降級2戦目でそろそろ。

展開関係なく安定して勝ち負けしているのは力のある証拠。
----------

レース前に1番タガノカトレアと16番テイエムグッドマンが除外。

除外理由のアナウンスもなく釈然としなかったが、
結果的に1点で突破できた格好なら結果オーライ。

プライスガウの中間の状態がすこぶるいいという噂は本当だったらしい。

後ろから届かない中京ダートだったが、
ミルコは位置取りに細心の注意を払っての騎乗。

ハナ差だろうが何だろうがきっちりと勝ち切るのが凄いところ。

■福島10R さくらんぼ特別 1000万 芝1200
1着-トーホウハニー
2着◎カイザーメランジェ

----------
穴でならと考えていたトウカイパシオンだが人気し過ぎ。

芝実績もないのに過剰人気では妙味がまったくなくなった。

それならば同じ3歳のカイザーメランジェの方が楽しみがある。

実績的にはトーホウハニーが出色も近走冴えず休み明け。
----------

メンバーを見渡してトーホウハニーの実績が
抜けた存在であることまでは確認したもののもう1周考え直したのが裏目。

そりゃまともに走れば勝つんだろうけど。。。

休み明けになるのも無理やり嫌った理由だが、
だからこそリフレッシュ効果もあったのだろう。

この着順の差は蛯名と武藤の差。

内からロスなく回していた蛯名に対して
武藤は福島を意識して早めのまくり。

直線で並びかけたところまではいきながら交わせなかった。

全パトを見てみると蛯名が外に押し出しながら追いやっている。

わざとかどうかはわからないがなかなか卑怯な、
いや、熟練のテクニック。

武藤君は若さが出た。

■函館11R 巴賞 OP 芝1800
1着△ナイトオブナイツ
2着-アストラエンブレム

----------
アストラエンブレムは去勢したがまだ復調途上。

安定感こそあれ詰めが甘かった馬も凡走続き。

紛れがあれば3歳ハッピーグリン、ナイトオブナイツ。
----------

洋芝の1800スペシャリストといっていいナイトオブナイツ。

前走の負けは左回りが合わなかっただけ。

手頃な人気に下がったここは絶好の狙い目だった。

出遅れたとはいえアストラエンブレムはもはや完全復調が見えてきた。

まだ途上だと考えていた当方としては肝を冷やす結果。

次からは押さえる。

ハッピーグリンは3歳の世代レベルの高さを証明。

騎手さえまともなら通用。

■中京11R CBC賞(G3) 芝1200
1着-アレスバローズ
2着-ナガラフラワー

----------
データの傾向的には大荒れはしないレース。

4人気以内を押さえていれば大体は何とかなる。
----------

ワンスインナムーン浜中が飛ばしたラップは前半32.7

これを32.9で追走したセカンドテーブルが3着。

開幕週の中京はかなりの高速馬場だったといえる。

G1の高松宮記念が1.08.5という凡戦だっただけに
ここまで飛ばして1.07.0は爽快。

小生の狙ったトウショウピストはハナにも立てずに3番手で我慢。

前を行くセカンドを捕らえられずに7着に後退。

いくらなんでも今日の時計は速過ぎた。

時計勝負の向かない馬はことごとく凡走。

トウショウピストもペイシャフェリシタもレコード決着のようなレースはダメ。

せめて1分7秒台後半からか。

この激流を自分から追いかけて行って3着まで粘り切ったセカンドテーブルは優秀。

優秀だっただけに水口君の乗り方が正しかったのかどうかは疑問。

浜中は32.7を刻んだがさすがに意味が分からない。

アレスバローズはディープの苦手なスプリント戦で好結果。

重賞初勝利となったが4人気。

当方はこれまで裏切られた過去からとても4人気の評価はできなかった。

生姜クンがミルコ様を差し置いてWIN5のリーディングを取っているのだから計算が合わないわけだ。

■福島11R ラジオNIKKEI賞(G3) 芝1800
1着△メイショウテッコン
2着▲フィエールマン

----------
近年は人気どころが勝っているが、もともとが荒れる重賞。

今年はフィエールマンが1人気だがどこまで信用できるか。

勝つか負けるか両極端のメイショウテッコンは
狙いたい馬だがトップハンデ56キロは割り引かざるを得ない。
----------

そろそろ怪しいと読んだ人気馬だが見事なワンツー決着。

あれれーおかしいぞ(白目)

メイショウテッコンの弘平はあまり褒められた騎乗ではない。

ように見えたのだが結果オーライでいいのだろうか。

馬は掛かり気味だったうえに手綱を引いて折り合いも欠いた。

これまで逃げてなんぼの競馬をしておきながら今回は行かずに引いた。

頭も上げていたし負けたら弘平のせいだと
半ば切れ気味に見ていたのだが勝ってしまった。

戸崎のキボウノダイチが逃げても3着に来ているくらいだから
メイショウが逃げていればもっと楽だったのではないかな。

出遅れて後方から進めたとはいえフィエールマンの走りは将来性十分。

直線ではあわやのところまで追い上げたが今日は完敗。

不細工なレースをして56キロんぼハンデを背負った相手に負けたのだから。

イェッツトは素質を感じる馬なのだけれども乗り難しいのかな。

グレンガリーにしても福島では好走歴があったのに9着惨敗。

古馬相手に1000万を勝つ力があるなら負け過ぎの感。

フィエールはサンデーRを考えると次走はルメールあたりに乗り替わりかな。

■回顧

いきなり人気の2頭が除外で配当が下がると思われたが、
終わってみれば意外なことに3,059,140円の高配当。

除外がなければ500万くらいになったのではなかろうか

変換が2億2千万もあるのだから。

対象の5Rでピックしながら自滅してはずしたのはトーホウハニーとメイショウテッコン。

アレスバローズはノーマーク。

さすがにトーホウハニーに勝たれたときにはどうしようかと焦ったが、
アレスバローズの勝利で気持ち的には成仏。

ただ、これも4人気以内で勝率9割と考えれば素直に買っていればという気も。

とはいえこれそれぞれの選択タイミングはあれど全部が全部はカバーできない。

つまりどう考えても的中できなかったてことね。

3週続いたWIN4も一旦停止したとはいえただの惨敗やないか。

来週こそリベンジを(切に

半額返還されて助かった。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3369-c8459b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング