Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:23:43 «edit»

Category:WIN5

東京11R NHKマイル(G1)の予想 

■東京11R NHKマイル(G1) 芝1600

過去10年で勝ち馬は1人気が6勝、2人気1勝、3人気1勝。

勝率80%ならデータ派を名乗るからにはここから探したい。

ならタワーオブロンドンとギベオンで即決。

テトラドラクマは過大評価でむしろ消したい。

東京芝1600未勝利でプリモシーンに差されているのも減点材料。

逃げて1.33.7のクイーンCは一定の評価はしたいがここはG1。

スローの前残りを回避するには都合がいいペースメーカーになり得るが、
馬場の渋った皐月賞のようにはいかないと考える。

これならまだ桜花賞で戸崎がやらかしたプリモシーンの方が魅力。

アラを探し始めたらタワーオブロンドンにしても追込み一手。

アーリントンCでは見た目は鮮やかもレースは前掛かりでL1で止まる展開。

これは出遅れが展開向いたレッドヴェイロン同様に過信は禁物だ。

ハイラップである程度前々で競馬して切れる脚を使うならスタミナは欲しい。

1800mの毎日杯組が好走する理屈は通る。

ブラストワンピースはダービー馬候補であってギベオンの負けは許容範囲。

G1ならルメールよりはミルコの結論。

あとはパクスアメリカーナ、ケイアイノーテック。

これらを負かしているカツジ。

外枠だが先行出来てスピードあるミスターメロディには楽しみも。

NZT3着馬が穴を出す傾向からデルタバローズ。
ここまで人気がないなら買って損はない。

◎ギベオン
〇タワーオブロンドン
▲カツジ
△パクスアメリカーナ
△ケイアイノーテック
△ミスターメロディ
★デルタバローズ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3324-53e3271b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング