FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 22:50:52 «edit»

Category:回顧

心が折れそうになるWIN5反省会 

■京都10R 桃山S 1600万 ダ1900
1着-ジュンヴァルカン
2着-ミキノトランペット

----------
テルペリオンとソレイユドパリが他をリード。

点数を減らすにはこの2点で入りたい気もしてくるがそれはそれ。

WIN5で油断は禁物だ。

どういう訳かこの条件はよく荒れる。

むしろ狙いは34567人気側にある。

よく飛ばすルメールと祐一なら可能性は十分。
----------

これまでの対戦成績で能力比較を試みたのだが失敗。

逃げるならタガノグルナがマイペースならと考えたら
豊のミキノトランペットが終始いい手応え。

ソレイユドパリはスタート後手で中団。

好発テルペリオンは消極策で持ち味が生きず。

ミキノはホーリーブレイズにも完敗していたため、
残らないと想定していたのだが今日は豊が完全に手の内に入れていた。

このまま逃げ切るのかと思ったらまさかの最後方からイン突きした岩田ジュンヴァルカン。

ネオユニヴァース産駒でダート適性は想定内だがほぼ1年ぶりのレース。

まずは使ってからと思ったらいきなり・・・。

出遅れたにもかかわらずこの差し切りだからさすがの地力。

調教技術の向上で昔のような休み明けイコール消しは早計になって来つつある。

先週もグレイトパールがロングシュートを決めたばかり。

ところで引っ掛かることがあったのが1点。

土曜の前売りで3人気くらいにバカ売れしていたのがこの馬。

当初はなにゆえと思ったものの、結果的にこれ。

言いたくないが関係者で大口があったのではなかろうか。

こちらも馬の力ではなく休み明けを不安視していただけなのだから。

仕上がっているなら普通に買える。

そんなことを思いながら同じく休み明けのピットボスを選択。

あぁ、これは友道厩舎の厩舎力か・・・。

■東京10R 鎌倉S 1600万 ダ1400
1着-メイショウボンロク
2着△エニグマ

----------
5人気以内で決着する条件。

データ的には確かにそうだがたまに酷い荒れ方をする。

東京10Rでダートならともかく距離が1400なら警戒したい。
----------

中山とはほとんど関係しない条件。

そういう意味ではヤサシサやシャカダイキはノーマーク。

また、土曜東京からダートが前残りするのはお察し。

ある程度前々で競馬をしないと勝ち負けは出来なかった。

そう考えると謙一の位置取りは完璧だったし、大知の位置取りはセンスがない。

ただ、謙一はダートが苦手でこれまで殆ど来ていないデータ。

さらには7歳馬ということもあってデータ的に消してしまった。

スティンライクビーは中山専用機の割に今日は松岡が上手くエスコート。

これは好騎乗。

ブラインドサイドはこれくらい安定して走る。

1着がないだけだ。

陣営のコメントから行かないとわかっていても
江田照だけに期待してしまったのがプレシャスエース。

プリサイスエースには先着できたものの勿体ないレースだった。

逃げ先行していれば3着はあった内容。

■福島11R 福島中央テレビ杯 1000万 芝1200
1着△レーヴムーン
2着〇ショウナンアエラ

----------
大外レーヴムーンがいかにも怪しい。

実績上位は間違いないのだが降級しても勝ち切れていない。

そこへきてハンデ戦なのだから割引以外ない。

さらに津村もこの条件は減点材料。
----------

大外レーヴムーンがスタートで出遅れ。

それみたことかと思ったらハイペースに乗じて差し切り。

ラップが完全な前傾になっており、奇麗にハマった。

ショウナンアエラは絡まれる展開ながらハナ差。

こちらが強いレースをしたのは明白。

34.0-35.5=1.09.5

地味にというか思い切りクソ騎乗をしたのは菜七子。

ちょっと期待していたのだけど心配したのは前走で馬群を突いたこと。

まだ菜七子にそこまでは求めていない・・・。

せめて馬の力分だけは外を回してもいいから走らせてほしかった。

思い切り馬群に突っ込んだ挙句、前が壁で詰まって脚を余している。

菜七子ちゃん・・・そういうのいいから。

祐一なら思い切り叩かれてるよ。

■京都11R マイラーズC(G2) 芝1600
1着△サングレーザー
2着△モズアスコット

----------
サングレーザーなんかは飛びつきたくなるが
祐一が減点材料。

着拾いに徹するだろうから馬券内ならありかもしれないが、
勝てる騎手かというとそうではない。

この馬が追い込んで馬券になっているのはハイペースの時。
----------

ハイペースになりました(笑)

ベルキャニオン佑介が前残りを狙って逃げたのを
外から川田ロジクライが強引に競り掛けて前半3Fは33.9

クリストフのモズアスコットは3番手につける超積極策。

これまで追い込みに徹していた馬が突然の脚質転換。

4角では早くも番手まで押し上げて直線では先頭に。

エアスピネルは伸びてはいるが切れ不足を露呈。

モズアスコットが押し切るかというところで外からサングレーザーが強襲。

これまでも展開待ちで着拾いに近い乗り方をしていたが今日はズバリ。

ここまでペースが上がって馬群もばらけたら外に出すのも楽。

勿論、それまで内々でロスなく折り合いに専念できたのも大きい。

勝つための工夫という意味ではルメールの乗り方が面白いが、
結果的には祐一の着拾いがホームランどころか場外まで飛んだ。

勝ち時計の1.31.3はレコードで申し分ない内容。

ただ、気になるのは強い馬が強い勝ち方をしたよりは
ハイペースで追込みがハマった感の方が強い。

こういう乗り方は安定して勝つことはないが、
展開がハマれば突き抜けるからインパクトが強い。

いかにもファンが好みそうなレースである。

レース後のコメントであったようにレースそのものの収穫は
いつもの乗り方のサングレーザーよりも強引な乗り方でも2着のモズ。

GIでどちらを買いたいかというとモズになる。

フランケルの早熟説が確定から審議に戻った。

エアスピネルはもうほんとエアスピネルってレース。

本番の安田はミルコのスワーヴリチャードが待っている。

最大のチャンスだった昨秋のマイルCSは勝っておきたかった。

■東京11R フローラS(G2) 芝2000
1着◎サトノワルキューレ
2着-パイオニアバイオ

----------
開幕週の東京で外差し狙いは下策。

ノームコアなんかは真っ先に消したい。

ミモザ賞組もんぜか壊滅的な成績しか残しておらず。
三浦ならなおさらレッドベルローズは買えない。

ここは徹頭徹尾牡馬にぶつけてきたサトノワルキューレか。

ミルコは対象レースでここだけ。
----------

いやもうなんなんですかねえ。

東京新聞杯の頃とか内しか勝負にならない馬場だったのに。

開幕週でいつものパターンかと思ったら外差し馬場じゃないですか。

内前残りとは真逆の最後方大外一気。。。

これ、9Rのコーカス見た時から何となく見えた。

だから内前残り用にサラキアと外差し用にサトノを押さえてたの。

上がり33.4で最後方からぶっこ抜き。

謙ちゃんは10Rは上手く乗ったのにこっちは下手に乗ったねえ。

行くとこ行くとこ壁で4着は勿体ない。

こういう馬場なら安田のサングレーザーはもう一丁あるかもしれない。

でもなー馬場造園課はホント昔からいろんな罠を仕込んでくるからなあ。

予想の半分は馬場造園課との闘いといっても過言ではない。

記事上げた後だから15番と16番が来ても仕方がないと納得済。

パイオニアバイオはともかくとしてこれに前走楽勝したラブラブラブは最下位。

なんでだろーなんでだろー。

■回顧

今週は堅そうで堅くない。

荒れるなら前半。

ここまでの読みは完璧だった。

ただ、狙った穴馬が勝った訳ではなかった(絶望

違う、そっちの穴じゃないって感じ。

7人気までが狙い目ってのはデータ的にも正解だったが、
長休明け初ダートのジュンヴァルカンや
ダート全然だめの謙ちゃんの勝利は避けた。

で、終わってみれば7-7-2-4-1で8,363,170円

今年3番目の高配当。

ちなみにここ一か月の間にレコードが更新されていく。

4.01 9,717,140円
4.08 4,614,100円
4.15 15,173,350円
4.22 8,363,170円

4月は地獄やで・・・
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3313-ff1e6970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング