FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

Posted on 12:23:51 «edit»

Category:WIN5

東京11R フェブラリーS(GI)の予想 

■東京11R フェブラリーS(GI) ダ1600

根岸S組の評価が上がるのはわかるが、
このレース経由は入着多数の替りに
1着は取れないのが過去からの傾向。

モーニンは重のスピード馬場でミルコマジック。

テスタマッタは距離不足で追い込み切れなかった敗退からの
マイルで変わった。

今年の根岸S組はいかにも危険な印象。
例年はスローで差し馬が届かずのケースも
ハイペースで追込み決着。

展開に不利のあった差し馬を狙うのは意味があるが
展開が向いての勝利なら旨味はない。

ノンコもサンライズも優等生タイプなら
WIN5で買うには気乗りしない馬。

実績的に最も間違いないのはやはりゴールドドリーム。

チャンピオンズCは前残りしやすい中京の
超スローペースを出遅れがありながらただ一頭伸びてきた。

テイエムジンソクの完全な勝ちパターンでありながら
ねじ伏せたのだから馬が強くないとできない芸当。

差しが決まる東京が舞台なら状況はさらに好転。

直行での臨戦も昨年結果を出した。

何しろ追い切りの内容が文句なしのS評価。

よほどの不利がなければ馬券にはなるのではないか。

で、仮にゴールドが力を出し切れなかった場合は
テイエムジンソクがそのまま勝ちそうな雰囲気。

気になるとすれば芝スタート程度だが
掛かるところがある馬なら芝で制御が利きやすくなるかも。

コパノリッキーと遜色ない能力なのはチャンピオンズCで証明済。

引退したコパノに東京大賞典で完敗した馬達相手なら優位。

周りの出方を見られる10番枠を引けた運もある。

2頭の間隙を突ける馬を探したい。

逃げるノボバカラを追走するには
1番ニシケンモノノフ2番ケイティブレイブは絶好枠。

クソスローで前残りするならこの序列はすんなりだろう。

とはいえあくまでこれは連下までの見立て。

ゴール前で逆転があるのが東京のダ1600。

1着で考えるとどうにも物足りなさは残る。

毎回似たようなメンツが走って新鮮味のないダート戦線。

力関係的に次に目につくのはサウンドトゥルーやアウォーディー。

追込み一手で川崎記念3着以内の穴条件から
はずれたサウンドよりはアウォーディーが魅力。

近走不振も大崩れをしているわけではない。

怒涛の6連勝から別馬のような詰めの甘さが目立つようになったが、
2年半ぶりの芝のレースと初の東京ダ1600は刺激的。

集中力を欠くようになった現状ならこの条件はソラを使う余裕もない。

勝たれて不思議ないならこの馬。

◎ゴールドドリーム
〇テイエムジンソク
▲アウォーディー
△ノンコノユメ
△ベストウォーリア
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3262-dd8693fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング