FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 19:02:16 «edit»

Category:回顧

年内あと2回で焦るWIN5反省会 

■中京10R 桑名特別 500万 芝1200
1着▲コスモベリドット
2着-デザートストーム

----------
先週に続いてフルゲートの混戦。
とはいえ先週も案外堅い決着のオチと考えていたら
実際に堅かったのだから警戒過ぎても他に点数を回せなくなる。

能力的にはモンテヴェルデ、コスモベリドット、ファミーユボール。

見繕った感じではデザートストーム、プレシャスロード、サウンドドゥイット。
----------

前半3Fが34.2で500万クラスなら平均ペース。

34.2-34.6=1.08.8だから馬の力さえあれば前でも後ろでも勝負になる。

その点コスモベリドットの丹内は上手く乗った。

デザートストームの追い上げは目立ったが交わせるまでではない。

デザートはここでも取り上げた馬だがまさかホントにこんな走るとは。

上位入線組は勝ち馬以外は展開次第の印象。

サウンドドゥイットなんかは前走でもコスモと0.3差で今回も同じ。

コスモは昇級しても勝ち負けできそうな感じの勝ちっぷり。

■阪神10R 元町S 1600万 芝1600
1着-ミエノサクシード
2着▲ティソーナ

----------
土曜の阪神を見て目に付いたのは外差しの不発。

外を回しても真ん中寄りでなければ伸びない。

早めに外目を確保して仕掛けても内の馬に伸び負けしている。

ティソーナはマイペースで主張すればインベタで展開は楽そう。
----------

いつも末脚不発で届かないミエノサクシードが鮮やかな差し切り。

上手くなった和田の腕も多分にあるんだろうけど1馬身1/4突き抜けた。

ティソーナは垂れると思っていたら2着粘走だから思っていたより強い。

ワントゥワン幸も差し馬を枠なりにロスなく走らせてる。

残念だったのはクリアザトラックか。

この馬はもう少し走るかと思ったのだがディープ産で早くも息切れ。
成長力が怪しい。

ボーダーオブライフは現状ではこんなもの。

ロイカバードは昨年の勝ち馬だが、
まったく見せ場もなく16着。

これはいったん休ませた方がよさそう。

■中山11R ディセンバーS OP 芝1800
1着▲マイネルハニー
2着△ゲッカコウ

----------
中山の田辺は信頼度が高いがマイルがベストと極端。

穴で来ても人気馬だと途端に勝率が下がる。

疑うだけの意味はある。

そして2頭に人気が集中するなら誰もがここは1点または2点で考える。

WIN5的には3点目が欲しい。

欲張らずに復調気配のマイネルハニーは狙いたい。
----------

WIN5民の購入心理まで奇麗に読めた結果のマイネルハニー。

ここまでは改心だったのだが、その後の買い方が不味かったのが今日の敗因。

ちなみにこのレース。

1000m通過は1.00.5で平均寄りのスロー。

上がりも35.4要しており特に前が楽をしただけではない。

強い馬なら後ろからでも差し切れる計算。

それが出来なかったのは馬の出来オチが原因だろう。

以前のグレーターロンドンなら今日のようなスローなら
34.3程度ではなく33秒台で上がってくる。

ストロングタイタンも凡走したがデビュー以来最低体重の-16キロ。

池江のハゲとこは仕上げには定評があるのになんでやらかしてしまったのか。

最近の走りでマイネルハニーを狙ったところまではよかったが・・・。

WIN5民はほぼここを1点、または保険の2点で済ませた人が多いだろう。

これで一気に高配ルートに転じた。

■中京11R 三河S 1600万 ダ1400
1着△ヒデノインペリアル
2着-タイセイプレシャス

----------
ヒデノインペリアルも復調しており能力上位。

今回は川須に戻ってまた先行策が濃厚。

頭に入れておきたいのは中京ダ1400は逃げ馬が残ること。

穴の一発ならツーエムマイスター。
----------

前が残る条件の割に意外とタイトな流れだったのか。

勝ち時計1.24.1は平凡で特にハイラップの印象はなかったのだが、
追い込んだヒデノインペリアルもタイセイプレシャスも後方から。

強さを感じたのは強気な先行策で4着したツーエムマイスター。

これは展開が合わなかっただけと納得。

オールポッシブルは52キロと恵まれていたのに
前走2馬身半突き放した相手のタイセイエトワールに逆転を許した。

松若君とクリスチャンの差は大きい。

タイセイプレシャスは前走14人気で勝ったばかりの昇級戦を2着。

勝ち馬は強かったがいきなりこれだけやれたのは大きい。

アディラートはこのクラスだとまたお客さんになりそうな気がする。

■阪神11R 朝日杯FS(G1) 芝1600
1着〇ダノンプレミアム
2着◎ステルヴィオ

----------
サウジアラビアRCのダノンプレミアムは展開があまりにも楽だった。

内枠から経済コースを抜け出すだけの競馬で
後方から外を回したステルヴィオとは着順を鵜呑みにできない。

ステルヴィオにしても直線でほぼ最後方の雑な競馬。

これは馬が負けたというよりもルメールが負けただけの印象。

一発ならケイエイノーテック。

このレースで真っ先に目に付いたのがこの馬。
母ケイアイガーベラはダートの短距離で活躍した。

父ディープで期待の大きさもわかる。
前走敗れたとはいえプラス22キロなら使った上積みの方が期待。
----------

ルメールが悪いというのはタワーオブロンドンを
負かしたから良しとしてちょっとダノンプレミアムが強過ぎた。

サウジのレースぶりなら逆転できると思っていたのだが、
ここまで強いとは恐れ入る。

何しろ10R元町Sが古馬1600万で1.33.8

朝日杯が1.33.3のレコードだもの。

春のクラシックで古馬1600万と比較するのが世代レベルの目安だが、
まさかこんな時期の2歳馬が古馬の時計を圧倒しているのだから。

2着ステルヴィオにしても1.33.9でこれでもハイレベルと言える時計。

それだけに余計に勝ち馬の強さが目立った。

どうしても◎を打てなかった理由は川田だからに尽きる。

これがミルコだったら迷わず1点で済んだレース。

WIN5やってると2017で勝率2%の騎手なんかは買えない。

今日の勝利を入れても3.7%なのが川田。

逆を言えば川田の負ける率は96.3%とほぼ来ない数字。

川田を消して96.3%助かってきたのだから仕方ない。

狙っていたステルヴィオもケイアイノーテックもよく走った。

よく走りはしたがよりによって狙った2頭が直線の進路探しで喧嘩。

あれがなければケイアイノーテックが楽に3着になっていた。

デイリー杯で勝ち馬ジャンダルムが同馬に約4馬身差。

あの馬も騎乗の計算では相当なレベル。

ホープフルSに登録があるだけに注目。

ワグネリアンはどうやら出ないようで勿体ない。

どのみち今日の展開では
大外を回すだけの競馬でダノンは捕まえられなかっただろう。

後ろからの馬が強く見えるのは目の錯覚。

■回顧

ここ2週マヌケなWIN4を続けていてストレスがかなり溜まっていた。

そろそろすっきりしたいと意気込んでいたものの取りこぼす痛恨のミス。

前半荒れそうで荒れないケースは想定内で対処できたが、
マイネルハニーに自信を持ちながら強気に攻めきれなかった。

結局メソッドを使って3パターンで購入して
ハニーの入った組み合わせは1パターンにしかしなかった。

そりゃ思ってはいてもやはりグレーターとストロングは強い馬だからね。

で、ハニーを勝っていた買い目はラストがステルヴィオ1点の買い目。

WIN5では川田は狙わない主義だけに痛い2着。

それだけ川田を嫌っていても残りのパターンには入れていただけに余計にきつい。

年内は残すところ有馬の週とホープフルの週の2回。

このまま年を越すなんてのは是が非でも避けたい。

来週が売り上げ的にも配当が期待できる。

何とかならないか。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3204-0c2aa4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング