FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 21:20:24 «edit»

Category:回顧

勝っても負けてもいつものWIN5反省会 

■東京09R 鷹巣山特別 1000万 芝1600
1着▲ボーダーオブライフ
2着-サバイバルポケット

----------
ボーダーオブライフ、アルミレーナ、ルネイション。

3歳が圧倒的に結果を残しているレースだけにその辺は考慮したい。

サーブルの仕上がりとジークは川田が懸念材料。
----------

逃げたサバイバルポケットのラップは3F36.1の超スロー。

これで前にいる馬を差せというのが無理な話。

出遅れたサーブルオールや後方の組は絶望的だった。

本来この展開ならニシノアップルパイに絶好のはずだが、
これで勝てないのではこの馬の巻き返しはない。

3番手につけたミルコのボーダーオブライフがギリギリの射程圏。

ジークカイザーはディープ産駒の割に切れがないという悲しさ。

せめて2着馬は交わさないと。

これが馬の詰めが甘いのか川田の詰めが甘いのか。

ルネイションは田辺が東京では戦力外なのでデータ通り。

こちらも本音を言えば3歳馬ではボーダーが見劣る想定だったのだが、
結局は戸崎、田辺、隼人なんかと見比べるとミルコの期待値が別格。

■京都10R 清滝特別 1000万 芝1800
1着▲クリノヤマトノオー
2着-ブランドベルグ

----------
ウォータービルドが人気だが波乱も想定したい。

枠的にも外を回して直線勝負になりそうな上に開幕の京都。

能勢特別に情状酌量の余地はあれど先着を許したサマーローズも出走。

こんなのは予想なんてするもんじゃない。

展開次第で大きく結果が変わってきそうだ。
----------

昨年の2着馬ブランドベルグ佑介が逃げて1000m通過59.1。

距離が1800mということを考慮すれば京都の開幕ならスロー。

逃げたブランドと2番手のワンダーで行った行ったの前残り。

になるのが当然の展開にもかかわらず外からクリノヤマトノオーが差し切り。

しかも33.7という別格の上がり。

同様に後ろにつける読み違いをしたのが岩田君。

和田の方は馬が帳消しにしてくれたが岩田君は4着までが精一杯。

どうした岩田、和田にこんなやられ方しているようじゃ復活できねえぞ。

勝てなくなると同時に自信もなくなって思い切りも悪くなるのかね。

岩田が勝てなくなったのは馬質の問題だけじゃない気がする。

しかしこのくらいのペースじゃやっぱり前だね京都。

■東京10R テレビ静岡賞 1600万 ダ1400
1着◎ダノンフェイス
2着〇ディーズプラネット

----------
レッドゲルニカの人気は想定内。

そして宏司がダート苦手なのと藤沢厩舎の期待値が低いのも想定。

WIN5リピーター的にディーズプラネット、ダノンフェイス、グラスエトワール。

レッドゲルニカは押さえておくが信頼はしない。
----------

宏司のダートは買ってはいけないWIN5。

これはもういつもダートで言ってることだからお約束なんだけど。

なんかここまで酷いというかわざわざ出遅れまでしなくても・・・。

まともに出ていたとしても今日の展開では勝てなかった可能性が高い。

1,2着馬は数値的に優秀だもの。

グラスエトワールはもう少しやれると思っていたが9着は酷い。

大穴で期待したブラインドサイドもこのペースじゃ届かない。

直線半ばでダノンの手応えが一頭だけ違ったね。

それよりもこの時計は何なの?1.21.9?

芝みたいな時計。。。

■京都11R オパールS OP 芝1200
1着▲ソルヴェイグ
2着-ヒルノデイバロー

----------
京都の芝1200mは内枠狙いが必須。

キングハートの大外はいかにも危ない。

弘平のソルヴェイグが人気するのは当然の流れ。

ソルヴェイグが前に行くのは当然だろうから
これを差すよりはこれより前で競馬がしたいところ。

こんな時の方が豊が空気を読まずにやってくれないか。
----------

前半3F34.3の表示を見た段階でソルヴェイグの勝利を確信。

マイルの3Fみたいなクソぬるいラップで京都の前が止まる訳がない。

訳がないのだが、ヒルノデイバローが思っていた以上にいい脚で焦った。

ヒルノは好走の可能性は読めていたけど1着はない馬で読み切っていた。

不満なのは豊のイッテツかな。

この馬は逃げが向いているんだからハナを叩くくらいの度胸は欲しかった。

この3着はもったいない3着。

上がり32秒台なんて出るレースは基本的に騎手の怠慢騎乗が原因。

■東京11R 毎日王冠(G2) 芝1800
1着◎リアルスティール
2着▲サトノアラジン

----------
ソウルスターリングを信じるか否かのレース。

グレーターロンドンは安田で見せ場十分だったが東京芝の田辺は基本消し。

マカヒキはもう終わった馬のように思える。

大きなレースで頼りになるのは結局のところデムルメ。

今回は本気度の違いからミルコを本命にしたい。
----------

開幕の東京芝1800で前半3F35.6の1000m通過60秒フラット。

この流れで逃げと番手で残れない馬は弱い(断言)

ソウルスターリングが逃げるんじゃないかというのは想定していた。

ダイワに外から被されつつも展開としては行った行ったのペース。

その証拠にダイワキャグニーは強い古馬相手に大健闘の4着。

それを考えたらダービー馬レイデオロさんはもう少しやれそうなのかな?

ソウルスターリングは正直ガッカリした。

この展開で勝てない、休み明け、揉まれた、、、にしてもである。

これがまだ+16キロくらいの太目残りで伸びそうで伸びなかったならわかる。

絶好の展開で+6キロの動ける仕上がりというのがよくない。

使ってよくなるのは確かだろうけども希望や願望的な意味合いが濃い。

普通は見ただけである程度わかるものがあるはずだが見えて来なかった。

グレーターやマカヒキ程度なら58キロのサトノアラジンでも勝てるというのは予想通り。

で、最後になったけどもリアルスティールには痺れたね。

直線半ばでまた余力十分だったもの。

あーこれは勝ったなと、外からアラジン来てるけど58キロで川田だから大丈夫。

これで騎手が逆だったらサトノが勝っただろうし。

それくらいにミルコと川田の腕の差は大きい。

ドゥラメンテが脩のへぐりで自滅したとはいえこれに勝てたのが共同通信杯。

東京芝1800はこの馬が最も力を発揮できる条件だろう。

ただ、ここがメイチっぽいから次は厳しいね。

何しろミルコが乗らない。

■回顧

最後のソウルスターリングが負けたから1R目の7人気とあわせて
うまくいけば3桁配当も?なんて淡い期待をしたものの京都の11Rがソルヴェイグ。

うーん、、、これでは配当もつかないか。

せめて70-78くらいはと期待したのだが53万です。

フリーザ様の戦闘力ですか。

とはいえミルコ様のお陰で拾えた訳で薄氷の勝利。

そりゃ9Rでサーブルやジークが勝っていれば2票拾えていたけども配当は安かったろうし。

まあ外れなくてよかったなってところですかね。

53万なんて配当ではWIN5やってる意味がない。

twitterでもこれくらいじゃあまり当たった当たったって言いたくないのよ。

こっちは配当安くて不満だけど知らない人からしたらなんだこいつって思われるリスクもある。

基本的にはいつも負けて愚痴ってんなこの人ぐらいに思っていてくれた方がありがたい(笑)

という訳でまだ明日がある!

明日こそはリベンジして3桁配当ゲットやね。

★WIN5 2017.10.08現在
----------
M.デム 24- 7-11-28/70 勝率34.2%←おかしい
ルメール 17- 8- 7-34/66 勝率25.7%←連敗してもこれ
----------
日本人騎手は10%超えればトップクラス
武が15%前後

ミルコちゃんにならケツ掘られてもいいw
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3131-afbb9a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング