FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 20:37:42 «edit»

Category:回顧

もうWIN4はいらないンゴWIN5反省会 

■中山09R サフラン賞 500万 芝1600
1着▲レッドレグナント
2着△ミュージアムヒル

----------
WIN5ではほぼレッドとミュージアムに票が集中する。

ならば無敗馬ウインディマンシュ、ニシノウララを狙うのが、
まずは高配当狙いの手始め。
----------

1人気レッドレグナントが楽に先手を取ってそのまま逃げ切り。

祐一はお約束の2着で堅い決着。

いやあもっと新馬勝ち組がやれると思ってたんだけどなあ。

ウインディマンシュなんか盲点と思ってたのに大差負けの最下位。

さすがにこれは故障か何かあった?

1,2人気に票が集中するだろうからこそ裏を狙ったものの意味なし。

ミルコはホント安定してるなあWIN5。

■阪神10R 道頓堀S 1600万 芝1200
1着〇アットザシーサイド
2着△ナガラフラワー

----------
四位がへまをせずに外に出せれば楽に突き抜けるだけの脚はある。

安易にここを1点で抜けようとすると思わぬ落とし穴にはまるかも。

ほぼ大多数がここを1点にするだろうから配当的な妙味もなし。
----------

アットザシーサイドは後ろから行くと思ったら積極策。

前半34.0のスローで流れたならこれは正解。

四位らしからぬちゃんとした乗り方。

スマートグレイスを交わして決まりそうだったが、
最後にナガラフラワーが猛追。

印はつけても買ってなかったこちらは冷や汗ものだった。

ただ、このくらいのメンバー相手に首差の辛勝は物足りない。

もっと楽に勝てないと上では通用しなさそう。

ベストは1400くらいなのかな。

■中山10R 勝浦特別 1000万 芝1200
1着-クラウンアイリス
2着▲ベルディーヴァ

----------
人気の盲点は先生のベルディーヴァ。

父ダイワメジャーで母ハルーワソングの良血。

前走負かしたウインソワレは土曜阪神12Rで大穴。
----------

行く馬がいないと思ったら大野がガラになく積極的な逃げ。

前半3Fは33.4と1000万にしては速め。

ワイナルダムは逃げられもしなかったが、
前走32.8で行けたんだから北斗がひよっただけか。

逆に番手を追走した先生のベルディーヴァが絶好の展開。

結構自信の穴馬だったのだが取ったと思ったら内田のクラウンアイリスの強襲。

6歳にして今頃1000万勝っちゃうのかよ。

内田君も芝ではダメダメだったのに珍しいものを見た。

戸崎はいつもホントどうしようもないね。

消して正解。

■阪神11R ポートアイランドS OP 芝1600
1着-ムーンクレスト
2着△マイネルハニー

----------
成長力のないディープ産駒なら伸びしろは怪しい。

馬券内の可能性は高くてもやはり1着の魅力はない。

WIN5では人気のみの先行で敬遠したいタイプの馬。

ミッキージョイはもっとやれるはずの馬だったが、
ノリがポツンしてからアテにならない印象。

また、友一は阪神で結果が出ていない騎手で不安材料。
----------

期待したケントオーもヴゼットジョリーも案外。

押さえていたマイネルハニーが残れそうだから何とかならないかと思いきや、
番手からムーンクレスト佑介が鮮やかな差し切り。

いつも下手糞なのに今日は10R11Rと冴えていたハゲ。

ムーンクレストはOP上がってから3着が最高だったのだが今日は最高に展開が向いた。

この勝利は佑介の好騎乗が決め手となった。

確かにスワンS5着などまったくノーマークでいい馬でもなかった。

ただ、予想の対象にすら入れてなかったから能力比較をしなかったミスもある。

■中山11R スプリンターズS G1 芝1200
1着◎レッドファルクス
2着▲レッツゴードンキ

----------
中山芝1200なんてのはほぼ行ったもん勝ち。

ドンキの岩田は行かない可能性が高い。

おそらくイン突き待機の一発狙い。

結局買えるのはセイウンコウセイとレッドファルクス。
----------

近年残念なのがスプリントG1のクソスローが多い事象。

宮記念もそうだが前半ラップを刻める馬がいない。

いや、馬がいないのではなくて気概のある騎手がいないということか。

レースの格こそG1だがとんだクソラップ。

1000万下の10Rが33.4-34.4=1.07.8
対してG1なのに33.9-33.7=1.07.6

酷いよこれ。

500万勝ちでも通用する1000万下とたったの0.2差でしかない。

スノードラゴンやワンスインナムーンでも1000万なら勝つでしょ。

好走理由はほぼそれじゃないか。

小生はミルコが好きだが今日の乗り方自体は駄騎乗レベル。

結果的に勝っているから勝てば官軍にはなるのだが、
こんなスローのレースで位置取りは後ろ過ぎ。

最高に乗ったのは岩田の方でレッドは馬の強さに助けられただけだった。

まあそれでもきっちりモノにしてしまうのがミルコの凄いところでもある。

下手の騎手なら後ろにいる段階ですでに失敗している。

中山の馬場は絶好に近かったんだからやっぱり1分7秒前後のレースが見たかったのが本音。

■回顧

中山10Rと阪神11Rが鬼門になる読みは正解。

一応サフラン賞と道頓堀が波乱のケースもケアはしていたが薄目。

勝浦特別で8人気7人気をワンツー的中で気をよくしたところの阪神11RがNG。

サトノラーゼンを真っ先に消して上位人気がアテにならないと考えたのも合ってる。

でも7人気想定程度の荒れまでしか対処していなかったのが痛恨の一撃。

ちょうど9人気が1着、8人気が3着。

せめてマイネルが勝ってくれたら拾えたのだが。。。

最近は大外れこそしない替わりにWIN4ばかり連発して非常にしんどい。

WIN4になるくらいならかすりもしないくらいの方がメンタルは楽。

先週やらかして200万取りこぼしたのも引きずったが今週も143万。

でもハゲの方が難解だったなあ。

先週はみんな想定内の勝ち馬だったのを欲出してマルチのメソッド組んじゃったから自業自得。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3125-7635c0fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング