FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 10:40:08 «edit»

Category:WIN4

阪神11R 神戸新聞杯(G2)の予想 

■阪神11R 神戸新聞杯(G2) 芝2400

先週立て続けにローズS、セントライト記念が荒れたため、
神戸新聞杯でも波乱を期待するムード。

ただ、クラシックのトライアルで最も実績馬が結果を出しているのも神戸新聞杯。

1人気の勝率は6割、前走ダービー5着以内条件なら8割。

むしろ色気を出してはいけないレースの性格。

個人的にも神戸新聞杯よりはオールカマーの波乱を期待している。

そもそもダービー組がスワーヴリチャードもいなければアドミラブルもいない、
マイスタイルはノリがレースレベルを下げに下げまくった恩恵での4着。

あれは上手く前残りさせただけで馬が強い訳ではない。

超スローをペースを読めずに下げたカデナやベストアプローチあたりの巻き返しはありそう。

気になったのはクリストフに唯一対抗できそうなミルコのキセキ。

臨戦過程はオウケンブルースリに似ており面白いのだが意外にもミルコの期待値が低い。

阪神は得意な騎手だがいつものミルコほどではないのは気掛かり。

近年は調教師の役割はただの預り所で仕上げは放牧先。

デブ専藤沢は過去のものと考えて差支えがない。

3歳世代でレースを見て強いと感じたのはレイデオロとソウルスターリングのみ。

JC狙いなら京都大賞典に使えよと思わなくはないがディープスカイと似たケースか。

しかしまあレイデオロが勝ったとして勝ち馬が菊に出てこないのは興ざめなことをする。

わざわざ輸送のある阪神に使う意味があるのかと。

◎レイデオロ
〇キセキ
▲カデナ
△ベストアプローチ
△ダンビュライト
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/3117-32c21cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング