FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
このページの記事一覧
    

【お知らせ】

PR

Posted on 11:20:08 «edit»

Category:WIN5

新潟11R セントライト記念(G2)の予想 

■新潟11R セントライト記念(G2) 芝2200 定量
レース名こそセントライト記念だが、
今年はいつものセントライト記念と同じ予想にはならない。

まず、セントライト記念での紛れが発生する理由は
一線級がみんな神戸新聞杯に向かうため、
抜けた馬が存在しないこと。

そして中山コースという特殊な条件が、
将来的に中山の鬼と呼ばれるような馬の激走を呼び込む。

ところが今年の開催は中山ではなく新潟となり、
中山を嫌うのはともかくとして阪神の神戸新聞杯を選ばずに
あえてセントライト記念なんかを選んだのはなぜか?

しかも限りなく2冠馬であるイスラボニータの出走を知っていて。

どうにも不可解で解せぬのが正直な感想。
個人的にもコンスタントに好走する蛯名とイスラのコンビよりも
平気でやらかすノリのワンアンドの方が組しやすい相手だが・・・。

肝心のイスラボニータは他馬に先駆けて乗り込みも始めて万全。
舞台設定も新潟2歳Sで結果の出ているコース。
それ以前に皐月賞前に不安視された右回りではなく得意の左回り。

普通に走れば負けない。

弥生賞後に注目していたのがトゥザワールドの底力。
この血統もバラ一族同様にG1ではなかなか勝ち切れない。

皐月賞をもしも勝てるようなら面白いと思っていたが、
やはり直線ではあっさりとイスラの軍門に下ってしまった。

それも絶好の展開で直線先頭に立ったところを差された。
完全に勝ちパターンを上りで0.6差付けられての実質完敗。

ダービーなんかは川田が川田である理由そのままに脚を引っ張った。
乗り方次第ではと思おうにもG1で連敗。
しかも皐月賞0.2、ダービー0.3と馬体が並ぶところまでいけていない。

切れにしても同じ位置ならイスラが上回るのは確実で
誤魔化しの利かない新潟なら尚更となる。

◎イスラボニータ
○トゥザワールド
▲エアアンセム
△クラリティシチー
△マイネルフロスト
△ショウナンラグーン
△サトノフェラーリ

ノーマル_lp_468x60_re
ノーマル_lp_468x60_re
関連記事

タグ: セントライト記念 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→https://kuruuma.blog.fc2.com/tb.php/2112-8e0efe21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング