FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
09月の記事一覧

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 00:34:24 «edit»

Category:回顧

無能アンド無能でも希望は残っているWN5反省会 

■中山09R 木更津特別 1000万 芝1600
1着◎ハーモニーマゼラン
2着-ウインレフィナード

----------
3歳ハーモニーマゼランを信じていいのかどうか。

かといって他の馬も見せ場なしで敗れている馬が多数。

ここは広げた方がよさそうな気がする。
----------

37.0-48.9-46.8-35.2の超スロー。

こんな展開では前にいないと勝負にならない。

そういう意味ではハーモニーマゼランの巧也は好判断。

休み明けで14キロ増は気になったが、
これなら成長分と見てよさそう。

NHKマイルの惨敗よりもNZT6着馬と考えるべきだった。

今の中山のダイワメジャーには注意。

先行して垂れた組は完全な力負けだろう。

むしろ唯一後方から伸びたウインレフィナードの走りが目立つ結果。

■中京10R 桶狭間S 1600万 ダ1400
1着◎エイシンポジション
2着○ブルーメンクローネ
3着×プレシャスルージュ

----------
ダートの差しが目についている中京だが、
短距離戦はやはり前々でこそ。

先週は裏切られたけど武豊に懲りずにお願いしたい。

ダート期待値高めからピックで。
----------

3着まで当たったところでちっとも嬉しくない。

34.4-36.7の前傾ラップとなったレースだが、
それでも先行して楽に抜け出したエイシンポジションンの強さが際立った。

先週の豊が酷くてどうかという思いもあったが、
今日は信用できた。

中京の短距離は前が残る。

■中山10R 内房S 1600万 ダ1800
1着-ローザノワール
2着-キャンディスイート

----------
ここも微妙な案件だと思う。

シホノフォルテも前走がだらしない。

条件と横の比較ならラージヒルが好感。
----------

前後半差の少ない平坦ラップ。

つまりは淀みない流れでいい脚を長く使う馬が有利。

先週の中山ダート1800のラジオ日本賞を勝って
今年のWIN5初勝利を挙げた脩。

同じダ1800で警戒すべきだった?

これで2勝目となったがいずれもダート。

キャンディスイートは前走の下総Sで
ラージヒルに7馬身千切られていたのを嫌ったが、
まさか逆転があるとまでは思わなかった。

不良のダートは信用してはいけない(戒め

■中京11R 神戸新聞杯(G2)芝2200
1着◎コントレイル
2着-ヴェルトライゼンデ

----------
さすがにここはコントレイル。

春に疑ってみても容赦なく圧勝続き。

ディープ産駒だけに劣化があるにしても
来年以降ではないだろうか。

ワグネリアンやマカヒキも秋は問題なかった。

このタイミングで敵に回してもいいことはない。

一応、データ派としては初対戦の組に警戒。
----------

見ている方が笑ってしまうくらいに強かった。

WIN5やっている身としてはあくまで飛んだら美味しい馬。

さすがに欲を出し過ぎてしまったが、
スタンスとしては問題なし。

グランデマーレは中間も動いていた上に馬体重も増減なし。

動ける体だったはずだが予想外の惨敗。

次走でも注目したい。

ここまで強いと菊はもう確定かなあ。

あ、ディープボンドの馬券を買っていた人間は怒っていいw

完全に祐一のラビットやってる。

普通に乗れば3着はあった。

■中山11R オールカマー(G2) 芝2200
1着-センテリュオ
2着△カレンブーケドール

----------
カレンブーケドールは馬券外はないだろうけど1着はイメージしづらい。

何しろ馬もそうだが津村が全然勝てないんだもの。

津村も宏司も今年のWIN5で芝未勝利。

ゴ三浦師匠だって回って来るだけのダノンスマッシュじゃノーカン。

国枝さんとこは休み明け緩いからカレン割で。

展開を左右するならエスパー田辺とジェネラーレウーノ。

うーん、、、ここは典ちゃん信じてみたい気がしてきた。
----------

なかなかどうして人災の酷いレースだった。

中京の方が馬場が軽かったとはいえ、古馬のオールカマーが2.15.5。

3歳の神戸新聞杯が2.12.5で3秒も速い。

ただこれ超スローで流れた割に動き出しが速かったという罠もあった。

奇しくもセントライト記念のバビットみたいな感じだろうか。

13.0-12.0-13.2-12.8-13.3-12.5とここまではドスローもいいところ。

だが、次から流れが急変して11.6-11.9-11.5-11.5-12.2だもの。

残り5Fで淀みなく11秒台が連続している。

そう考えるとカレンブーケドール津村の動き出しは
ワンテンポ早かったのかもしれない。

で、その泥仕合のずぶずぶ展開に適性がなかったのがミッキースワロー。

ペースを考えると位置を取りに行った典ちゃんも悪くない。

悪くはないが、連続高速ラップで脚がなくなってしまった。

この馬は一瞬の切れを活かすパターンがよかったみたい。

展開が見事にハマったのはセンテリュオ戸崎。

周りが動く中で後方待機。

いつもならペースが読めていないタダのクソ騎乗なのだが、
前の馬が早く動いたがためにゴール前で止まったのが奏功。

何もしないをしていたのが向いた。

これが計算なら凄いのだが戸崎。

上手いと勘違いするのは避けたい。

というかこんな展開にしたのは
そもそもクソスローで逃げたゴ三浦が原因。

切れる脚のないジェネラーレウーノなんかは
超ハイペースで飛ばさないと意味がない。

田辺が散々やらかして叩かれていたのを知らないのだろうか。

■回顧

相変わらず酷い読み違いばかりで嫌になる。

なんだかんだでこれまで大抵プラスでやって来たのに
ここまで酷い連敗ってなかなかないんでないか。

ひとつボタンを掛け違えると全部ずれるみたいな感覚。

いずれにしてもオールカマーでセンテリュオは
考えていなかったのが誤算であり救いでもある。

どれだけ穴馬拾ってリーチになっていたとしても
最後で爆死していたのだから成仏するしかない。

むしろ16万で済んだことを喜ぶべきか。

不調とはいえ、本番は秋のG1が始まってからだと思ってる。

最後まで逆転の目があるのがWIN5の強みでもある。

あーつらいつらい。
関連記事

tb: (0)     com: (2)

 

あーあれは和田も別に祐一の位置は把握出来てないんじゃないかな

むしろ祐一の方が和田の位置を見てたと思うし

直線でさっと進路を空けてくれたのは助かったと思うけど

3,4着の着差を考えるとディープボンドは
自分のレースに徹していれば3着は取れたんじゃないかって話

ラビットっていうよりスローにさせないためのペースメーカー的な感じだね



  by くる馬

 

4角回るときに二列後ろにいたコントレイルとの位置関係を、和田がコーナリングしながら確認できたとは到底思えないのだが。

それと巨大掲示板でもネタにされてたが、むしろディープボンドはヨレてしまって、抜けてきたコントレイルにぶつけてるんだよねw
あれでラビットは無理がある。

  by 名無しさん

Comment-WRITES

go page top

Posted on 20:00:26 «edit»

Category:回顧

そろそろって気もしてくるWIN5反省会 

★日曜

■中山09R 鋸山特別 1000万 ダ1800
1着◎キタノオクトパス
2着×アルーフクライ

----------
1000万のダートなら3歳を買える条件。

特別怖い馬も古馬にいないなら素直に人気優先。

新馬でキタノオクトパスに勝ったヴォートルエロー。
----------

出遅れたキタノオクトパスがあっさり5馬身勝ち。

ここでは力が違ったか。

ユニコーンS5着、JDD3着ならこれくらいやれるということね。

この馬を500万で負かしたはずのヴォートルエローは面影なし。

シゲルタイタンも拍子抜けの弱さだった。

■中京10R 納屋橋S 1600万 芝1600
1着△シュリ
2着○ムーンチャイム

----------
1600万で3歳は買えなくなる条件。

とりあえずディープとカナロアは気を付けたい。

唯一リピーターのムーンチャイムをキープ。

ルーカスは好きだけどミルコがアテにならないしなあ。

ソシアル、シュリ、ナスノ押さえて。
----------

クリアザトラックもう少しやれると思ったが。。。

で、ムーンチャイムの差し切りに期待したものの2着まで。

前掛かりのラップを先行抜け出しのシュリが強かった。

■中山10R 御宿特別 1000万 芝1600
1着▲グレイシア
2着-イルヴェントデーア

----------
中山マイルなら田辺全力案件。

脳死で押さえたい。

ピーエムピンコは典ちゃん乗らない。

前走不甲斐なかったのが嶋田君でどうか。
----------

最近ダイワメジャー産駒が中山でよく来ている印象。

芝の三浦はやっぱり2着まで。

田辺はまあいずれ来るか。

■中京11R ローズS(G2)芝2000
1着△リアアメリア
2着-ムジカ

----------
デアリングタクトもレシステンシアもいない。

マルターズディオサが紫苑Sですんなりだったなら
ローズSも春のトライアル組を優先したい。

素直に入るならリアアメリア、クラヴァシュドールの中内田2頭にしたくなる。

でも今年の中内田はダメダメなんだよなあ。

生姜君は相変わらずだからここで重賞の連敗ストップのイメージも湧かない。
----------

リアアメリアがまさかの先行策。

カンパニーみたいな脚質変換?

ただ、たまたまうまくハマっただけ。

見た目も2馬身抜け出しの楽勝に見えるのだが、
60.9-59.0の完全な超スローなら評価は出来ないかも。

これなら後ろで脚を余した組に魅力がありそう。

■中山11R ラジオ日本賞 OP ダ1800
1着▲レピアーウィット
2着-ロードアクシス

----------
今絶好調の白毛軍団だけにハヤヤッコ。

これに人気でも武史のフィードバックか。

レピアーウィットは脩でも押さえざるを得ない馬だなあ。
----------

行ったままの展開。

直線入り口3番手前の馬だけで3着以内独占。

前傾ラップだが、中山のダートではよくある。

しかしロードアクシスの手応えを見たら
楽に交わせそうだったのに
レピアーウィットの差し返しには痺れた。

脩はこれが今年のWIN5初勝利。

ただし、ダート。

最近微妙に初勝利組いる。

■回顧

中山09R◎キタノオクトパス
中京10R△シュリ
中山10R▲グレイシア
中京11R△リアアメリア
中山11R▲レピアーウィット

印だけならWIN5的中

でもまあボーダーラインの馬が
これだけ来ると全部は拾い切れないんだなあ。

★月曜

■中山09R 浦安特別 1000万 ダ1200
1着▲アヴォンリー
2着○ガンケン

----------
芝の三浦は買えない一方でダートは買える。

アストロブレイクは中山ダ1200で圧勝実績あるなら問題ない。

この馬が先手を取ればほぼそのままの可能性。

人気でもあとは川田のガンケン、ルメのアヴォンリー。

逃げ先行馬が多く、差しが決まるようならオメガ、ニシノまで。
----------

アストロブレイク負け過ぎじゃないか。

行ったままでも34.0の前半でここまでの大敗は謎。

騎手のせいにはできない。

上位3頭は乗り方で入れ替わった感じ。

■中京10R ブエナC 1000万 芝1600
1着×クリスティ
2着△チュウワノキセキ

----------
クリスティも実績はありそうで詰めの甘さは気になる馬。

ダートの関東オークスから芝のマイル戦で前進とは考えにくいか。

穴で一考したいのはリュクスポケット。

これにチュウワノキセキ、ジュンライトボルトあたりまで。
----------

46.9-46.4の平均ラップの割に
前で残れなかった組は力不足。

クリスティはこれまでのレースぶりから
切れるイメージはなかったから意外。

まあ1000万で3歳を買えるって確認しただけの結果。

■中山10R オペラオーC 1000万 芝2000
1着▲ヴァンランディ
2着-モクレレ

----------
無気力騎乗は気になるが、
さすがにそろそろ勝ちそうなルメカス。
----------

以上。

■中京11R JRAアニバ 1600万 ダ1800
1着-ダイアナブライト
2着×オーケストラ

----------
ここは点数少なくてよさそう。

メイショウソテツの連勝の内容は余裕もあった。

大外は気になるが、早めに上がって抜け出せばいい。

アスターマリンバと2頭で狙いたい。
----------

メイショウ2頭がまさかの共倒れってどういうこと?

岩田がKYやった可能性も高いが。。。

ソテツとアスター2頭を選んだ側としては不満。

そりゃこれだけ前が飛ばしたら後ろからの馬。

隼人は中京得意やなあ。

勝ったダイアナブライトはワーケアの上。

ハッキリ言って大誤算のレース展開だった。

■中山11R セントライト記念(G2) 芝2200
1着◎バビット
2着△サトノフラッグ

----------
牡馬は牝馬よりもさらに低レベル。

重賞勝ち実績はバビット、ガロアクリーク、サトノフラッグの3頭。

はいおしまい。
----------

バビット自信あったけど保険に他の馬も押さえてしまった。

しかし重賞勝ち馬だけで3着以内。

レース内容的に見どころあったのはバビットだけ。

これ単純なスローではなくてロンスパ戦になってる。

ただの前残りなら後傾ラップだけなのだが、
5F過ぎから加速ラップを刻んでるのが注目。

当然他の先行馬はずるずると後退し、
完全に力勝負のサバイバル。

紛れがなかったのも納得。

これは内田君次第だけども菊花賞で惑星になるかもしれない。

ディープのコントレイルは距離延長が歓迎ではないタイプ。

淀の長距離で同じ展開になるとディープ産駒が
苦手な消耗戦にできるか。

■回顧

日月連続開催としんどかったが、
178万と56万なら狙いどころだった配当圏。

個人的には56万の月曜より
178万の日曜の方が楽だった気がする。

買い方が下手糞過ぎたね。

というわけで2回分あるのと
最近忙し過ぎて死にかけてるのでサラッと。
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 02:21:45 «edit»

Category:その他

秋競馬は楽しいが夏が終わるのも淋しいWIN5反省会 

■中山09R 白井特別 1000万 芝1800
1着△デクレアラー
2着-ハローユニコーン

----------
血統的な魅力はエリスライトだが、
前走楽勝といえど500万。

2走前3走前に敗れた相手が低レベルで信用できない。
ルメール人気があるだけに妙味がない。

3歳で52キロを考えるとデジマノハナか。

アランブレラ、デクレアラーも展開次第だが。
----------

少頭数はアテにならないまんまの結果。

前走小倉で追い込む競馬をしていたヒラボクが逃げ。

まんまと超スローに落とした坂井君が面白い作戦。

こんなペースに付き合いながら後退した馬はどうしようもない。

好位から抜け出した戸崎の好騎乗。

エリスライトも後ろ過ぎた上に力不足。

デジマノハナは典ちゃんが折り合い専念していたが、
ずっと行きたがったままでガス欠。

喧嘩するくらいなら行かせてもよかったのでは。

■中京10R ムーンライトH 1600万 芝2200
1着▲アドマイヤビルゴ
2着○ショウリュウイクゾ

----------
3歳牡馬の低レベルはある程度見えている。

アドマイヤビルゴは血統馬だけに
武豊とのコンビで応援したい気持ちはあるが。

WIN5的にはこの馬の勝敗が配当面で大きく影響しそう。

まあ素直に1倍台は点数広げなくても負けさえすれば高配当。

基本は上位人気で収まりが良さそうなのでこちらを優先。
----------

シャフトオブライトの逃げは5F63.3の超スロー。

この時点で前にいないと勝負にならない展開。

アドマイヤビルゴは外目の好位から徐々に進出。

直線でショウリュウイクゾとの叩き合いを制した。

着差は目立たないが、1600万を勝ったのは価値がある。

3歳牝馬なら秋華賞の穴くらいにはなれる目安。

菊には向かわないとのことだが、それがいいだろう。

距離が伸びていいタイプにも思えない。

アル共からJCのローテなんかだったら楽しみもあるが。

■中山10R 初風S 1600万 ダ1200
1着-ロードラズライト
2着▲シスル

----------
中山ダ1200はいつも怖い。

ただ、1000万やOPの荒れ具合に比べると
1600万の場合は落ち着く傾向。

過去に警戒し過ぎて点数を無駄にしたことも多い。

スローで内前になるかハイで外差しになるか両極端。

越後S、春風S辺りを考えれば
スナーク、シスル、ロード当たり。

坂井君は中山なんて乗り慣れてないだろうから割引。
----------

33.9-36.0なら前が残るのが中山ダート1200。

ん?1.09.9ってちょっと速くない?

シスルも自分の時計は走ってるよなあ。

ロードがいつもよりパフォーマンスが上がったのか。

◎サトノガーネットでクソ騎乗をされた恨みで割り引いた坂井君。

私怨が裏目に出てしまった。

しかし、中山のダート1200mって
関東のレースの割に関西の騎手の成績がいいんだよな。

■中京11R セントウルS(G2)芝1200
1着▲ダノンスマッシュ
2着-メイショウグロッケ

----------
人気馬でまず真っ先に消したいのがビアンフェ。

3歳牡馬は怪しんでいい結論。

幻ではなく現実のG1馬ミスターメロディ。

ゴ三浦師匠は重賞25連敗の生姜君より酷い66連敗中。

さすがにここで止めないと泥沼だが・・・。

荒れそうに見えてそうでもないと見る。

普通に宮記念好走歴のある組を評価。
----------

ミスターメロディで足りると思っていたらまさかの3着。

まさかってほどでもないけど中京芝1200で2戦無敗だっただけに。

セイウンコウセイとラブカンプーが競り合って33.0-34.9の完全な前傾ラップ。

これせめてどっちか引けばよかったのに。

でもそんなハイラップにもかかわらず、
4番手から楽に抜け出したダノンスマッシュは強い勝ち方。

ゴ三浦師匠も66連敗で見事ストップ。

生姜君は絶好の連敗ストップチャンスを逃がしたね。

2着メイショウグロッケは展開が味方したことは確かだが、
このメンバー相手に地力強化は認めざる得ない。

ミスターメロディも敗れはしたが、藤原厩舎の余裕残し。

ここを叩いてスプリンターズでも買えそう。

軽視したら怖いかもしれない。

岩田の息子はやっぱり下手糞。

■中山11R 京成杯AH(G3) 芝1600
1着◎トロワゼトワル
2着○スマイルカナ

----------
中山の馬場の傾向はまだ把握出来ていない。

把握出来る頃に開催が替わるのがいつもだけに
あまり頭を引っ張られ過ぎても面倒なだけ。

また、ハンデ戦の割に1着馬は大荒れしないのがこのレース。

勝ち馬は順当に4番人気以内にいると見たい。

トロワゼトワルVSスマイルカナのハナ争いがどこまで激しくなるか。

ある程度ペースが上がっても残せそうな雰囲気はある。
----------

35.0-35.6なら前の馬が残せる流れ。

騎手の腕の巧拙が明暗分けたレース展開とはいえ、
フロックでもない勝ち方。

まあ何しろ上手かったのが典ちゃん。

相手をスマイルカナと見たタイミングで上がった好判断。
タイミングが遅ければ届いていない。

8枠16番の不利がありながらも自分のレースに徹したスマイルカナ。

ボンセルヴィーソにしてもダービー卿2着馬。

同じG3でここまで人気がないのがおかしいくらい。

酷かったのは戸崎アルーシャとルメールのアンドラステ。

前者はこの流れを最後方近くから意味のない上がり最速。

巧者は絶好のスタート決めたのに下げるという致命的な判断ミス。

ルメは積極的な乗り方しないしなあ。

にしても無様な負けっぷり。

ルフトシュトロームは24キロ増はともかく最下位。

3歳世代は低レベル疑惑があるが、それ以前の問題。

スマイルカナがこれだけの走りを見せたとなると牝馬は信頼できそう。

これでデアリングタクト>コントレイルにも現実味か。

■回顧

中山は10R、11R連続でロードカナロア産駒が連勝。

あ、そういやダノンスマッシュもカナロアか。

今日の対象レース5つのうち、カナロアが3勝とはね。

中山9Rはダイワメジャー産駒。

中京10Rアドマイヤビルゴはディープ産駒。

3→1→4→1→4番人気で65万6140円。

あぁ、もどかしい。

ガチ勢とはいえ65万なら拾っておきたいところだった。

来週は日月の連続開催あるんだよなあ。

馬券はプラス収支でも京成杯当たったところで3連複の230倍程度。

WIN5の破壊力に比べれば焼け石に水。

100万超えるようなの当ててこそだよなあやっぱ。
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング