FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
05月の記事一覧

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 16:20:15 «edit»

Category:回顧

しゃがみ小キック的なメンタルの削られ方のWIN5反省会 

■東京10R 晩春S 1600万 芝1400
1着▲スイープセレリタス
2着-ミュージアムヒル

----------
ダイワメジャーが最適でハーツクライとキングカメハメハが苦手。

そもそもこの2頭がWIN5で未勝利なのだから無視できない。

昨日今日ではなく2011年からのデータ。

これに引っ掛かってしまうのが人気どころ。

追込みハマる展開待ちのレジーナはレーン人気だから消す。
ミュージアムヒルもこれまでWIN5で見てきたが未勝利。
----------

1,2着馬がいずれもハーツクライ産駒。

WIN5で未勝利だった条件だけにこれは止む無し。

ミュージアムヒルの2着は読めた。
これはいつも惜敗するタイプだけにあえての消し。

やられたのではなくてむしろ完璧。

やられたのはハーツクライのスイープセレリタスか。

2.6倍までの力は感じなかったがしっかりと勝ち切った。

人気したため仕方なく押さえた感じだが結果オーライ。

ただ、データ派としては仮にこれではずれてもノーダメ。

これまでハーツ軽視で結果が出て来たのだから。

■京都10R 端午S OP ダ1400
1着〇サトノラファール
2着◎メイショウテンスイ

----------
毎年確実に荒れている条件だがどうするか。

外枠で買えるのはアウトウッズとメイショウテンスイくらい。

テイエムサウスダンは結果は出しているが、58キロで内枠先行馬。

基本的にいつも飛んでいるタイプだけに消す。

馬券はともかくWIN5では狙えない。

サトノラファールは康太の下手糞加減がいい方に出る可能性。
----------

メイショウテンスイが勝てる競馬だったのに酒井君が台無し。

これだけ京都のダート乗っててまだわかっていないのか。

5着までみんな追い込んだ馬で積極策から粘り込んだのはこの馬だけ。

こちらから見れば明らかに騎乗ミス。

前半無理して押っつけていかなければ普通に勝てたはず。

馬は褒められても酒井君の判断は褒められない。

逃げ馬はそれなりだけど後ろからの競馬は向かないタイプの騎手だね。

その点、康太は下手糞だけど下手糞なりに何もしなかったのがよかった。

臨機応変なレースには対応できないけど
最初からハイペースが分かってるレースなら何もしないのが一番。

馬が強かったから突き抜けただけ。

■福島11R バーデンBC 1600万 芝1200
1着-アリンナ
2着-アンブロジオ

----------
福島の馬場は差しが決まっている傾向。

なんかローカルの平坦前残りのイメージとは違っている。

近年の福島はそういうところも誤差が出ている気がする。

あまり考えてもキリがないので差し馬を中心に広げる。

このところ福島は荒れてないので上位人気。
----------

馬場読みは完璧だったが、選んだ馬がポンコツだった。

アンブロジオは仕方ないとしてアリンナは候補に入れていた馬。

外差し条件にあう上に外枠で買い条件に一致。

だが、ここでもWIN5の芝1200で克駿が30連敗中で未勝利のデータ。

克駿は評価している騎手だけに相殺してもよかったが・・・。

代わりに期待値の高かったホウオウカトリーヌ丹内に入れ替えて轟沈。

11番人気に手を出して10番人気に勝たれる最悪のシナリオ(苦笑)

■東京11R スイートピーS OP 芝1800
1着◎デゼル
2着-スマートリアン

----------
大体は5番人気以内で決まっている。

過去10年で7番人気は1勝のみ。

ここは素直に入った方がよさそう。

デゼルは新馬しか勝っていないが過剰人気にも思える。
----------

スマートリアンは警戒しても芝では用無しの三浦。

2着に来たところでこれはミュージアムヒルと同様の読み。

誤算ではなく2着までの読みだから問題なし。

それよりもデゼルがここまで強いとは想定外。

新馬で豊がだらっとした競馬で快勝していたが、
あれだけでここまでの勝ち方をするとは読めない。

しかもこのレースはキャリア1戦で勝ったような馬はいない。

むしろ例年では無駄に人気して裏切るケースが殆んど。

展開的にも馬場的にもあそこの位置から届く理屈はない。

最も切れる脚を使うと思われたアカノニジュウイチより切れに切れた。

ちょっとこれは化け物級。

■京都11R 天皇賞春(G1)芝3200
1着◎フィエールマン
2着-スティッフェリオ

----------
本来ならここにワールドプレミアやグローリーヴェイズの名前があった。

だが残念ながら脚部不安とドバイ中止の影響で出走なし。

格が重視される天皇賞でG1馬はフィエールマンとキセキの2頭のみ。

騎手の期待値もルメールと豊なら仕方がない感じか。
----------

終わってみればスティッフェリオは普通に買えた馬だった。

だが、あまりに適当に馬券を買ったから存在に気づいていなかったのが本音。

土日は入稿で忙しいから最近はこういうのが多いかも。

まあ一応WIN5専門のブログだから的中であることはいいのだが。

だが、こんな薄っぺらいレースでルメールに勝たれるくらいなら
いっそスティッフェリオが勝った方がよかったとも思える内容。

レースの詳細はサイトの方で振り返りたいと思う。

■回顧

2011年からデータを取っているが、今回のデータブレイクは2例。

9年目に入ってのブレイク、しかも2つなのだからレア案件。

ウチはデータ理論を標榜しているからデータブレイクでのハズレは天災扱い。

そういう意味ではWIN4.5くらいの今回でもそれほどダメージはない。

一番痛いのはデータに逆らって感情的な選択ではずしたとき。

こちらの方が断然多いのだから、今回の1回くらいでどうこういってられない。
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング