FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
01月の記事一覧

【お知らせ】

PR

Posted on 20:55:06 «edit»
■京都09R 1000万 ダ1800
1着◎レッドアトゥ
2着-マイネルカイノン

----------
レッドアトゥがここでは頭一つ抜けている。

前走中山1000万下はスローにもかかわらず
勝負所でついていけなかったために仕掛けが遅れた。

あのペースなのに押して押してというのは違和感。
反応のズブさは気になる。

馬の力は認めるが年始のクソスローで末脚不発の可能性はある。

人気が被るようなら前残りの波乱は想定したい。
----------

5F通過が1000万のダートにしては速い59.8。
隼人も大作も浜中も荻野もペース配分がめちゃくちゃ。

掲示板すべてを直線で二桁ポジションの馬が独占。

いつもはやる気のないクソスローばかりやっている連中が
突然何をやり始めたのか謎である。

岩田が早々と脱落馬達を捌いて強気のまくり。

あっさり2馬身抜け出した。

マイネルカイノンは川田が乗る以外は評価していなかったが好走。
前残りでこそ穴目があると考えていただけにこれだと荒れようがない。

■中山10R カーバンクルS OP 芝1200
1着◎モズスーパーフレア
2着▲ナックビーナス

----------
実力上位のナックビーナスは58キロ。

OPならそれでもというのはあるが、
モズスーパーフレアの53キロはいかにも恵まれた。

ため殺しモードの豊なら怪しいが、
この馬に限っては必ず逃げる。

セプテンバーSの再現が濃厚だろう。

前走ラピスラズリSにしてもダイメイフジは実力馬で相手も悪かった。
----------

強気に逃げたモズスーパーフレアのラップは前半32.8とハイラップ。

これならお釣りがなくなりそうだとほくそ笑んだものの最後まで残し切った。

58キロを背負ったナックビーナスも2着と健闘したがこれはハンデ差が大きかったか。

レジーナフォルテ、ペイシャフェリシタも力は出せた。

1,2,3着がすべて3番手以内の行ったまま。

勝ち時計は1.07.0と中山の馬場は年末のイメージとは異なり速い。

元々が行ったままになりやすい芝1200条件だけに順当な結果。

■京都10R 門松S 1600万 ダ1200
1着◎ヤマニンアンプリメ
2着〇スズカコーズライン

----------
ここは昨年10月の藤森S京都ダ1200で
コパノキッキングとタイム差なしの好戦をしたヤマニンアンプリメ。

WIN5リピーター馬でもあり、岩田の期待値も抜けている。

ゼンノサーベイヤーは前走スローに持ち込んでのもので、
展開にも恵まれただけに過大評価は避けたい。

同じ逃げタイプならばまだスズカコーズラインに食指。
この馬もWIN5リピーター。
----------

スズカコーズラインは休み明けのプラス14キロの割に
好スタートから先手。

内枠を利してゼンノサーベイヤーが並走。

残り50mあたりでスズカが競り勝ち大勢決したかに見えたが、
進路確保に手間取ったヤマニンアンプリメが一閃。

この馬は1400より1200があっている。

■中山11R 中山金杯(G3) 芝2000
1着-ウインブライト
2着★ステイフーリッシュ

----------
ハンデ戦のG3の荒れる印象とは別に近年は落ち着いている。

目安は5番人気以内で組み立てたい。

中山芝2000なら当然ながらホープフルS組と京成杯組は評価したい。

もうステイゴールド縛りでやってしまおう。

アドマイヤリード
マウントゴールド
ウインブライト 消す
ステイフーリッシュ

エアアンセムは好きな馬だが結論としては2,3着まで。

過去10年で勝ち馬は7歳まで。

田辺は最近使えないからやめておく。
----------

過去のデータから5人気以内の決着が濃厚だったが、
8歳エアアンセムを消せたまでは良かったものの、
58キロの勝利がなかったことからウインブライトも消してしまった。

5F通過は59.9と平均。

ただ、流れを変えてしまったのは
道中で無駄にまくったステイフーリッシュ佑介と
タイムフライヤー和田。

この2頭が早仕掛けをしたために前の馬には苦しい展開に。

とはいえマイペースで逃げたタニノフランケルは被害にあわずに済んだ。

まくりとは先頭まで立って抜け出してこそ。

中途半端にポジションをあげても末を無くすいい例。

判断を誤った二人が仕掛けたタイミングでも
ウイン松岡は動かなかったのが大きい。

某基地外掲示板では佑介の判断を絶賛するコメントが多かったが、
当方の見解はあれこそが敗因に思える。

足りない馬が見せ場を作るためにやるならまだしも
勝ち負け可能な馬であれは馬が可哀想。

外枠といっても今の中山はそれなりに外差しも決まっている。

こういうところが外国人騎手に勝てない理由。

勿論、58キロで勝ったウインブライトの勝利は価値がある。

中山記念を勝ったようにコース適性も申し分なく、
強い4歳相手にトップハンデで返り討ちにしたのはお見事。

残念なことにこの馬は中山専用なので
大きいところといってもオールカマーくらいしかないかも。

典ちゃんのアドマイヤリードは見せ場十分。

致命的だったのはインをロスなく追走して
直線でこれからというときに前の内田タニノが邪魔になって追い出せなかったこと。

あれがなければもう少し際どかった。

どうしようもなかったのは田辺のエアアンセム。

先行抜け出し型のこの馬で後方待機策は理解に苦しむ。

直線でも14番手と絶望的な位置。

それでも上がり最速で0.2差の7着に押し上げたのだから
これは田辺が負けただけで馬は力を出し切れていない。

田辺は中山専用の騎手だがマイル以外は買えない。

■京都11R 京都金杯(G3) 芝1600
1着◎パクスアメリカーナ
2着-マイスタイル

----------
過去10年で1人気が2勝と波乱含み。
4,5,6,7人気が美味しい配当を持ってきてくれるレース。

年末に使った中山と比べて年始の京都はクソレースの宝庫。

八百長馬場で内枠逃げ先行馬が残りまくるのが例年の傾向となる。

ここは脳死で4枠より内が狙い目。

狙っていいのも6歳までだ。

外枠はパクスのみに留めて残りは内の馬。
----------

逃げたツーエムマイスターのラップは3F35.3ならスロー。

ただ、勝ち時計が1.34.9ということを考えると
今の京都はなぜか馬場が重い。

例年ならもっと高速馬場にいじられているのだが違和感がある。

過去10年の時計が以下。

18年1343
17年1328
16年1330
15年1328
14年1325
13年1335
12年1329
11年1334
10年1341
09年1329

やはりおかしい、、、おかしいが、、、昨年のレース上りが35.1。

今年の時計は1.34.9でレースの上がりが35.2と似ている。

どういうことだろうか。

京都の馬場造園課のやり口が変わったのか?

使ってたはずの中山で芝1200で1.07.0が出る馬場で
間の空いていた京都が芝1600で1.34.9と遅い。

例年なら時計ひとつ速くなる計算。

まあそう考えると負けるなら切れ負けを懸念していたクロフネ産駒パクスや
切れないハーツクライのマイスタイルの残り目も合点がいく。

これは気を付けないといけない。

明日はシンザン記念があるが、金杯でこれだと
勝ち時計は当然1分35秒台後半くらいは想定しておかないと。

レースに話を戻すとパクスアメリカーナは着差以上の完勝で圧勝。

外枠でかえってのびのびと進路を探す余裕があった。

本来なら軽い芝でいきいきするディープ産駒が揃って惨敗したのも重い馬場か。

1着クロフネ
2着ハーツクライ
3着ステイゴールド
4着ハーツクライ
5着ハービンジャー

サラキアなんかは絶好の条件だと思ったのにこれだ。

このレースはパクスアメリカーナだけ自信があったから仕方ない。

後はもう想定外だらけ。

■回顧

あわよくば断然人気に取りこぼしてもらってとスケベ心を持って挑んだ新年一発目。

年末のクソ堅い決着でガチ勢としては胸糞悪い結末のリベンジに期待したものの、
いきなり1.9倍の楽勝からの1.7倍の完勝。

あーせめてこのどちらかに取りこぼして欲しかった。

京都10Rのヤマニンアンプリメは自信があったからともかくとして
残りの東西金杯はそれなりに網を広げていたから
ガミはともかくまあ当たればいいやと妥協したところであーた。。。

おいコラハゲ!なんでそこで動いちまうんだよ!!!

お陰で7人気ステイフーリッシュを拾い損ねてまさかの消したウインブライト。

58キロじゃなければ押さえてたんだがなあ。

京都は自信の◎パクスアメリカーナであっさり。

まあ狙っている3桁の配当圏を取りこぼすよりはまだマシなのだが、
WIN5の恐ろしさを知らないニワカ勢に当てられるのはイラっとする。

我ながら人間が小さい(笑)

だってさ、あいつらWIN5当てる苦労知らないじゃん。

というわけで明日またリベンジする。

忘れないでおきたいのはトリッキーな馬場状態。

中山の方が速くて京都が重い。
関連記事

tb: (0)     com: (2)

 

>ドラカッチャンさま

ご無沙汰ですね
おかえりなさいませ^^
WIN5に復帰されるとのことで何よりです
また、一緒にJRAと戦いましょう
ちなみに私は今日のマイネルフラップで600万拾い損ねて絶賛ふて寝中ですw
来週の参加お待ちしております

  by くる馬

 ご無沙汰です

新年明けましておめでとうございます。
そしてお久しぶりでございます。
約2年前の夏競馬に嫌気がさして競馬を休み 競艇三昧の日々を過ごしておりました。しかし、師匠のコラムはずっと気になっていたのでだけ毎回拝見しておりました。昨年のこの時期 見事約300万の配当を的中したこで 「さすが師匠お見事!」と感服したものです。
前置きが長くなりましたが 競艇で散々な目に遭い また今年から師匠のwin5を参考にさせていただき頑張ってみようという次第です!
これからも頼りにして参りますので宜しくお願致します。

  by ドラカッチャン

Comment-WRITES

go page top

Posted on 12:12:25 «edit»

Category:WIN5

京都11R 京都金杯(G3)の予想 

■京都11R 京都金杯(G3) 芝1600

過去10年で1人気が2勝と波乱含み。
4,5,6,7人気が美味しい配当を持ってきてくれるレース。

年末に使った中山と比べて年始の京都はクソレースの宝庫。

八百長馬場で内枠逃げ先行馬が残りまくるのが例年の傾向となる。

ここは脳死で4枠より内が狙い目。

狙っていいのも6歳までだ。

1.パクスアメリカーナ 6枠4歳
2.サラキア      1枠4歳
3.カツジ       2枠4歳
4.グァンチャーレ   2枠7歳
5.ヒーズインラブ   4枠6歳
6.マイスタイル    8枠5歳
7.アドマイヤアルバ  3枠4歳

マイスタイルはスローの前残り専門だったが、
ノリから勝春に替わって折り合いがつかなくなってしまった。

掛かるならいっそ距離短縮というのが陣営の妥協だろうが、
切れる脚もない馬にこれでは無意味。

重賞では荷が重い。

グァンチャーレは勝ち切れない競馬が続いて古川。
年齢的に1歳引っかかるが前走でキャピタルS1着ならありか。

好相性のリゲルSを楽勝したパクスアメリカーナは最有力級。

割引があるとすればクロフネ産駒の不振と6枠12番。

ただ、前走内で窮屈なレースをしたことを考えると
6枠くらいの方が能力を発揮できる。

この馬を倒せるならやはり同じ3歳馬となる。

嫌いとはいえディープインパクト産駒がこの条件で信頼度が高い。

外枠はパクスのみに留めて残りは内の馬。

◎パクスアメリカーナ
〇サラキア
▲カツジ
△グァンチャーレ
★アドマイヤアルバ
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:11:52 «edit»

Category:WIN4

中山11R 中山金杯(G3)の予想 

■中山11R 中山金杯(G3) 芝2000

ハンデ戦のG3の荒れる印象とは別に近年は落ち着いている。

目安は5番人気以内で組み立てたい。

本稿入稿時点の人気は以下。

魅力は認めても1着や58キロに疑問の組はオミット。

1.マウントゴールド
2.タイムフライヤー 4歳
5.コズミックフォース4歳
----------
6.エアアンセム
8.ステイフーリッシュ4歳
9.アドマイヤリード

中山芝2000なら当然ながらホープフルS組と京成杯組は評価したい。

ただ、コズミックフォースは過去10年でも入着なしの菊花賞以来の組。

脩が復帰するのはいいことだが、いきなり馬まで休み明けで勝てる華はない。

本人にしても怪我から復帰で攻めの騎乗はしてこないだろう。

後ろに下げてから外を回すパターンが濃厚。

母ミクロコスモスは好きだった馬で応援はしたいが話は別。

それに関してはランガディアにしてもエアグルーヴ好きの当方としては
母マリーシャンタルなんてのを見ると無意識に印をつけたくなる。

とはいえ穴で3着ならと考えていた程度がここまで人気すると過剰人気。

ストロングタイタンにしてももう終わった馬。

それならば典ちゃんとのコンビで前走鮮やかな勝利を挙げたアドマイヤリード。
父ステイゴールドの中山適性の高さを見せた。

エアアンセムはOP時代のホープフルS勝ち馬。
ルメールだったけど8人気だったのよね。

有馬の日で中山で見ていたが◎で美味しかった思い出。
年始競馬の8歳表記なんてのは気にする必要がなく狙う気は満々。

田辺の期待値も問題ない。

問題ないのだが肝心のシンボリクリスエスの期待値が最悪レベルに酷い。
2,3着はあっても1着はないデータ。

でもまあこの馬は実際中山芝2000勝ってるんだがどうすべきか。

割り切れるデータがあるとすれば枠か。
ほぼ4枠以内しか来ないレース傾向。

年末は外差しが決まっておりそのイメージは続くのだが、
単発のイメージを引き摺るより歴史は繰り返す方を優先したい。

悩んでも馬鹿らしい。

もうステイゴールド縛りでやってしまおう。

アドマイヤリード
マウントゴールド
ウインブライト 消す
ステイフーリッシュ

これにキングカメハメハと内枠重視でコズミックフォース。

エアアンセムは好きな馬だが結論としては2,3着まで。

過去10年で勝ち馬は7歳まで。

田辺は最近使えないからやめておく。

◎マウントゴールド
〇アドマイヤリード
▲タイムフライヤー
△コズミックフォース
★ステイフーリッシュ
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング