FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
12月の記事一覧
« 11月      01月 »

【お知らせ】

PR

Posted on 12:30:51 «edit»

Category:WIN5

阪神12R ファイナルSの予想 

■阪神12R ファイナルS 1600万 芝1400

生き残れているかどうかはわからないがここが最終関門。

昨年みたいにリーチからのクライムメジャー2着、
ヴェネト前が壁みたいなオチだけは避けたい。

まずは昨年やられた弘平から警戒。

レインボーフラッグは勝ち切れない競馬が続いているから
ここは思い切った後方待機もありそう。

ただ、阪神Cが前残りしたように阪神芝1400条件は両極端。

これを知っていたからこそ内枠だけのボックスで万馬券が取れた。

流れ的にはクソッたれの前残りも警戒しておきたい。

こういうときは大方5番以内の内で残る。

対して差し追込みが決まる場合は10番より外。

この辺を念頭に入れて予想を組み立てるのがよさそう。

前走で上がり3着以内の馬はフィアーノロマーノとレインボーフラッグ。
この2頭はまず押さえる。

他はなかなか難しい。

前残りがあるならショウナンアエラとラフィングマッチの行ったまま。

外差しが決まるようなら外枠勢も怖い。

◎レインボーフラッグ
〇フィアーノロマーノ
▲メイショウカズヒメ
△ラフィングマッチ
△ショウナンアエラ
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:30:19 «edit»

Category:WIN4

中山12R ベストウィッシュCの予想 

■中山12R ベストウィッシュC 1000万 芝1600

大穴は見込めず大体は6人気以内で収まるレース。

ここは人気でもアイスフィヨルドとオメガラヴィサンの対決が濃厚。

レジーナドーロは人気先行型だろう。

中山マイルだけに外枠は不利。

前走は5着以内が目安。

トータルソッカー3着
オメガラヴィサン1着
レジーナドーロ3着
アドマイヤシナイ4着
アイスフィヨルド2着
サンクロワ5着

次に中山適性。

オメガラヴィサン2勝
アドマイヤシナイ2勝
サンクロワ2勝
アルトリウス3勝

これなら順当に3歳馬優勢の見立てで問題なさそう。

割り切って外枠は捨ててみたい。

プレトリア、サンクロワ、アルトリウスなんかは
少し面白そうだがさすがにそこまで広げると点数が足りない。

アドマイヤシナイやレジーナドーロは出来れば買いたくないくらいだが、
一応保険として騎手期待値の高い二人でフォローする。

絞るならオメガとアイスの2点でもいいくらい。

◎アイスフィヨルド
〇オメガラヴィサン
▲レジーナドーロ
△トータルソッカー
△アドマイヤシナイ
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:29:46 «edit»

Category:WIN3

阪神11R ベテルギウスSの予想 

■阪神11R ベテルギウスS OP ダ1800

前売り段階からロードアルペジオが謎の断然人気。

誰かのぶっこみでもあったのだろうか。

力関係的にとても抜けているとは思えないのだが・・・。

ジュンヴァルカンにしても初ダートだった桃山Sの内容こそ
鮮烈だったがその後は3戦して3着が1回のみ。

前走なんかはまったく見どころなく惨敗。

次の人気のピオネロになってようやく人気に納得がいく馬。

こういうのは荒れる匂いがプンプンしてくる。

データ上は過去10年で7歳馬の優勝はないのだが、
このメンバー構成なら普通に勝ち負け可能。

トップディーヴォは典ちゃんでアテにはならないものの、
昆厩舎の馬というのは大きい。

今日はこの馬に乗るためにわざわざ関西に来ているのだから勝負気配。

息子の面倒も見てもらっている昆厩舎。

春にアエロリットを捨ててまでミスパンテールを選んだのも少なからずの背景。

ポツンする可能性は低いと考える。

まじめに乗ればJBCのアンジュデジールのように期待もできそう。

後は毎回懲りずに買い続けているコスモカナディアン。

ラフィアンの馬を買うときは大知ではなく丹内でというのもWIN5的には定石。

この人気なら妙味は十分ある。

ヨシオは阪神が苦手で二けた惨敗明けで消す。

エテルナミノルも穴で面白そうだったが、約2年近くぶりのダート。
適性は高いかもしれないが近走見どころなしでの転戦は疑問。

それならまだコパノチャーリー、マイネルバサラの方が面白い。

◎ピオネロ
〇トップディーヴォ
▲コスモカナディアン
△コパノチャーリー
△マイネルバサラ
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング