FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
02月の記事一覧

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 00:32:55 «edit»
■東京09R ゆりかもめ賞 500万 芝2400
1着〇ブラストワンピース
2着-ドレーク

----------
乗り方次第で勝てていたかもしれないイェッツトは3着。
まあこれは欲目もあったとはいえ500万なら確勝級。

すでに傷のついた馬とは比較するまでもなく、
無敗馬のブラストワンピースが相手。

シルクとノーザンは好素材が多数。
----------

ブラストワンピースが2着ドレークを4馬身突き放す圧勝。

素質馬とは思っていたがここまで強いとは想定外。

500万とはいえ東京芝2400でこの走りができたのは大きい。

対してだらしなかったのはイェッツト。

もたついていた京成杯の走りなら
追走が楽になる距離延長は吉と考えていたものの伸びない。

血統的にはこなせるイメージなので
状態面の問題だったのかどうかはまだわからない。

これで距離が原因と決めつけるにはまだ早い気がする。

次走を見てからにしたい。

京成杯で0.4離したロジティナに0.9も後れを取っているのは釈然としない。

■京都10R 河原町S 1600万 ダ1400
1着▲エポック
2着△アディラート

----------
WIN5だと京都のダ1400は荒れるイメージが強い。

大抵は人気馬が勝利寸前で外から穴の差しが決まる感じ。

中途半端に買うよりは逃げ馬か追込み馬かの
極端な方が頭で来る期待値は高い。

アディラートは現状強いのか弱いのかよくわからなくなっている。

全幅の信頼は置きにくい。
----------

前走ルグランフリソンの2着だったエポックが順当勝ち。

2着にも人気のアディラートが入って2人気1人気と堅い決着。

前がやりあえば後ろから届くと期待したものの、
前半3F35.9と超スローではどうしようもない。

好走はしたもののこの流れで勝てなかったアディラート。

メリートーンは展開待ちだけに仕方がない部分もある。

この馬は次走でも狙いたい。

■東京10R 金締S 1600万 ダ2100
1着-クラシックメタル
2着-ロードシャリオ

----------
このレースは東京ダ2100実績がモノを言う。

近走不振でも過去に強い勝ち方をしている馬なら要警戒。

今日の東京はダートが不良発表。

データと傾向的にはほぼ5人気以内で決まる条件。
----------

上位人気馬はそれなりに前走走っているだけに
データからも推奨の5人気以内で拾えるだろうと油断した。

クラシックメタルもロードシャリオも
予想の段階でチェックはした馬だったが、
5人気以内のデータもあればそれぞれが柴山、三浦と
買ってはいけない分類の騎手で消してしまった。

特にクラシックメタルは灘Sでシャイニービームと接戦、
安達太良Sではコスモカナディアンと接戦の地力。

人気がなさ過ぎたのは確か。

せめて柴山君以外の騎手なら消さずに買っていたのだが(苦笑)

これで前半2つが堅かった展開も一転して高配ルートに入った。

■京都11R きさらぎ賞(G3) 芝1800
1着
2着◎グローリウェイズ

----------
前残りの警戒でサトノフェイバーは気になる存在なのだが、
デビュー戦の2.04.8はさすがに遅過ぎて話にならない。

このレースは6Rで9Rの福寿草特別もスローの前残り。

アイトーンの勝ち時計は2.02.3と年始の京都の高速馬場では低調。

メインの京都金杯が1.34.3と時計が掛かっていたことから
例年よりは馬場が重かったのは確かだが、
それに比べても6Rは5F1.04.9と歩いているようなラップ。

中間でも13.9や13.5が出ているようでは信頼できない。
上がりにしても最速ではなく34.9

9Rが5F1.02.7で2.02.3で上がり35.1なのだから
500万下の福寿草特別よりも大きくレベルが下がる。

コンマ数秒ではなく2.5秒では話にならない。

その割に上がりは0.2差でしかない。

追切の動きはよかったとはいえ過大評価と見る。
----------

これだけ長々と分かったようなことを書きながら
◎グローリーヴェイズが敗れたのだから
参考にしていた人がいたら土下座して謝罪するレベルの恥ずかしさ。

こういうのが一番カッコ悪いなあ我ながら。。。

確かに5F1.01.3とスロー寄りに思えるのだが、
上がり3F最速でも3着ラセットの35.2なら
京都の馬場は予想以上に重い。

前残りは前残りなのだが通常なら
スローに気付いたミルコが捕まえに行っているのだから交わせるはず。

それでもハナ差だろうがなんだろうが凌いだかだから
これは素直に勝ち馬サトノフェイバーを褒めるべきなのだろう。

カツジは+14キロと太目なのか成長分なのか微妙な馬体重。

掛かってもいたし距離も1F延長しているので保留。

ラセットは京都金杯4着相当の時計で前走勝ちで3着も納得。

ダノンマジェスティは懸念していたように若さが出過ぎてしまった。

一歩間違えると競走馬としても危うそうな走り。

まだまだ先の長い馬。

調教から見直して立て直しに期待。

■東京11R 東京新聞杯(G3) 芝1600
1着〇リスグラシュー
2着△サトノアレス

----------
過去10年で推奨は4枠7番以内。

唯一の例外は15番から先行したスマイルジャック。
今年の15番は奇しくもダイワキャグニー。

外枠が嫌われてもこの馬ならスマイル同様に先行可能。

リスグラシューは8番だが4枠7番条件なら誤差の範囲内で相殺。
追切が超抜だったなら確保。

3サトノアレス
4ディバインコード
7クルーガー
8リスグラシュー

これらが残って15番ダイワキャグニーを押さえる。

グレーターロンドンは過去10年全敗の1人気が濃厚。

個人的に気になったのは前走の敗退。

秋天の疲れの影響と考えているがあれは負け過ぎ。
中山のマイルは神だが1800は酷い田辺だったとはいえ釈然としない。
----------

見当違いに終わったきさらぎ賞と違ってこちらはほぼ読み切れたか。

肝心の◎を二択を間違えてクルーガーにしてしまったため、
思い切りタテ目で1,2,3着くらって絶望したのはご愛敬。

それでもWIN5だから許されるのだけれどもね(笑)

にしてもリスグラシューの3番人気は過大評価と感じた割に
競馬ファンは目が肥えているのか豊人気だったのか。

小生の想定では5,6人気くらいになるかと思ったが。

狙っていたこちらとしては妙味がなくなって拍子抜けだった。

エリ女8着からの休み明けだったのにねえ。

みんなうまいのね。。。

レースの展開はもう見飽きたと言ってもいいくらいの前残り。

ただの前残りではなく切れる脚がないと残れない前残り。

番手追走から下げた宏司は絶望的にセンスがない。

だってこれ前半3F36.8って糞スローもいいところだよ?

ちなみに土曜メイン1600万、節分Sの勝ち時計は1.33.9で前半3F35.6で上がりが34.9
しかも稍重馬場。

良発表の重賞である東京新聞杯が36.8の1.34.1で34.1なんだもの。
重賞級の馬だから上がりは速くなっているけどレースとしては低調よね。

だからって好走した馬たちが弱いという意味じゃない。

そもそも節分Sを勝ったロジクライにしてもシンザン記念勝ち馬。

素材としては今後重賞に出てくる馬。

で、上位人気馬について少し触れておきたい。

勝ったリスグラシューは追切でも超抜の走りと時計。

元から調教は動く馬だったけれど芯が入ってきた感じ。

牝馬だから吉と凶どちらに転ぶかと考えもしたがこれは最高の結果。

折り合い我慢比べのレースで速い上がりで1馬身差なら完勝。

このメンバー相手にこれならVMや安田でも好走が期待できる。

できれば中距離よりはマイルで専念して欲しい。

サトノアレスはダイワキャグニーとほぼ同程度の能力。

どちらが先着するかは騎手次第。

今回は柴山君が上手く乗れてノリちゃんが失敗した結果。

まあ柴山君もこれは狙って出せた結果ではなくて、
内を空ける暗黙のルールを逆手に取れただけのラッキースケベ。

この糞スローで直線を後方3番手にいる時点でレースが分かっていない。
結果的に運がよかっただけ。

ライアンやミルコのように狙って出した結果ではない可能性が高い。
そもそもそんなことが普段からできるならこの成績でもない。

ノリちゃんのダイワキャグニーはスタートはともかくとして
35.4のスローで位置を取りに行けなかったというのはない。

そろっと出したが、外から川田がグレーターを出していったから
後手を踏んでしまった印象。

バテない伸びない馬だからキャピタルSのように
直線先頭くらいの積極的な騎乗をして欲しかった。

15番枠でも先行して内に潜り込めばの条件でOKだったのだから
ずっと外々を回っていては外枠の不利しか残らない。

むしろ馬が負けてなお強し。

内枠を引いていれば勝てたかもしれないが言わない約束。

そして◎クルーガーは弾けなかったこともあるが、
前が詰まっている気もした。

前方の進路も狭ければ落馬事故のトラウマがある浜中に
狭いところに突っ込んでいく度胸はなくなっている。

さらにはがら空きだった内の進路もダッシングブレイズで事故っているから無理。

要は岩田が全部悪い(極論

でもなーこれなー勝てなくなった岩田もそうだけどイップスみたいなものだと思うの。

表面的なところしか見ていないからあくまで想像というか妄想なんだけどね。

狭いところにでもしっかり突っ込んでいけないと大きなところじゃ勝てない。

何も危険騎乗をしろって意味ではなくて
一瞬の判断で大きく結果が変わってしまう世界だから。

あと、グレーターロンドンは前に行ったからダメだったんでなくて
予想でも書いたけれど馬自身が本調子じゃないと思っている。

いっそ春は全休くらいでもいいんじゃないかな。

■回顧

京都10R東京10Rが波乱のポイントになると想定。

きさらぎ賞と東京新聞杯はそこまでひねらなくても何とかなると判断。

ところが穴と人気で選んだ河原町Sは2人気。
5人気以内で選んだ金締Sは8人気と見事な逆読み。

これはなかなかの痛恨。

止めを刺されたのがきさらぎ賞のサトノフェイバー。

小生に限らず松若とミルコくらいで済ませた購入者も多数。

ウチは弘平好きだからカツジまで入れてたんだけどね。

WIN5では点数減らしのために人気馬に通常の馬券以上に偏る。

その結果、なかなかの高配当549万円。

あーこれくらいの配当圏はドストライクなんだけどなあ。

配当こそ549万だけど人気は2-2-8-4-3でしかない。

8人気の勝利も大きかったけどもきさらぎ賞の4人気も大虐殺に近い。

とはいえトータルとしては今日は無理。

反省するほど悔しくない結果と素直にアイムソーリー。

柴山君だからクラシックメタルは消したし、
サトノフェイバーも実力不足の結論だったもの。

来週日月開催の地獄が待っているからそっちでリベンジやね。
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング