FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
最近の記事
     n e x t »

【お知らせ】

PR

WIN5攻略

Posted on 18:17:47 «edit»

Category:回顧

もういやだもういやだもういやだWIN5反省会 

■京都10R 北大路特別 1000万 芝2000
1着◎ハギノカエラ
2着×コパカティ

----------
牝馬限定の1000万。

小頭数の割に力関係がスッキリしておらず混戦。

康太は下手糞だから飛ばす可能性あり。

また、幸はダートで買えるが芝だと依然連敗中。
サマーセントは割引。

置きに行きたいが、こういうときって
押さえていない残りの馬が激走する可能性がある。

余裕があるなら一考。
----------

ハービンジャー産駒が好調のため、3頭をチェック。

ハギノカエラ、コパカティまでは押さえたが、
幸の芝で連敗酷いのでサマーセントのみ見送り。

って何勝っとんねん!!!

レースは前後半3F38.0-35.1の後傾超スロー。

そりゃ行く気のないヤツはどうしようもねえわ。

基本スローばかりの日本人騎手だから行ったもの勝ち。

目に余る酷さだったのはコパカティの康太。

スタート悪くなかったがずっと手綱を引っ張り通し。

挙句、最後方だったハギノカエラより下げてしまった。

やらずなのか八百長なのか折り合いをつけられる技術がないのか。

これはなかなか見ていて胸糞な乗り方だった。

結局直線入ってもサマーセントのセーフティリード。

幸さんさあ。。。

VMのジュールポレール(的中した)から
芝で79連敗もしててようやく連敗ストップ。

あれって18年の5月だったよねえ。

1年半もいらなかったなら買わない方が黒字っちゃ黒字。

■中山10R ジャニュアリーS OP ダ1200
1着-ヨシオ
2着-ハットラブ

----------
レッドアネラは人気すると思っていたが予想以上に被った。

ルメール騎乗なら仕方がない感じ。

最注目はやはり同条件だったカペラSになるのだが、
3着シュウジとレッドのタイム差は0.2の1馬身。

これって意外とバカにできない。

シュウジ57キロ、レッド54キロから
今回はシュウジ59キロ、レッド54キロとシュウジだけ2キロ増。

ひでえなあ。
----------

33.7-36.6=1.10.3の前傾2.9

中山ダ1200ではよくあるラップで珍しくはない。

ただ、レッドアネラのルメールは逃げる必要まであったのかは疑問。

せめて2,3番手くらいで追走したかった。

ハングリーベンの4着は前走と一変。

安定して好走する馬でもないので何とも言えない。

シュウジは力のあるところを見せたがさすがに59キロが堪えたか。

それでもレッドアネラには先着しているのだから上等。

ハットラブは復調すればこれくらいはやれる力はある。

ヨシオは1200の競馬は久しぶり。

前走1800から一気の短縮となったが、
以前は短距離も使っておりスタミナが生きた格好。

覚えておきたいのは弘平が
中山ダ1200でジャスパープリンス、ヨシオと連勝していること。

実はかなり得意かもしれない。

■小倉11R 巌流島特別 1000万 芝1200
1着×メイショウキョウジ
2着-ヒロイックアゲン

----------
とりあえず騎手と種牡馬の期待値、
続いて小倉芝1200での適性を考慮。

穴目からブラックダンサー、ボーンスキルフル。

500万条件だったとはいえ昨年の同レース勝ち馬コンパウンダー。

これに北九州短距離Sで好走のマッスルマサムネ。
能力比較で上位のメイショウキョウジ。

菜七子人気で妙味のないケイアイサクソニー。
小倉未経験のイーサンパンサーを割引。
----------

33.8-35.4=1.09.2の前傾ラップ1.6。

重馬場を考えればハイラップだが、
それでも1,2,3番手までの馬で決着。

これは小倉が行ったままの馬場ということか。

土曜の芝1200っも同じ傾向だった。

■京都11R 日経新春杯(G2) 芝2400
1着-モズベッロ
2着-レッドレオン

----------
中距離のハンデ戦でイメージ的には穴狙いをしたくなる条件。

とはいえ、過去10年で1,2人気が8勝と人気サイド。

種牡馬的にもキンカメの期待値がディープを上回り、
ハーツクライが勝てない条件でも知られている。

1人気レッドジェニアルはともかくとして
2人気アフリカンゴールド、3人気タイセイトレイルはデータ的にNG。

4人気モズベッロも52キロは魅力だが比較したときに力不足。

5人気レッドレオンは上記の通り。

また、このレースの傾向的に前走アルゼンチン杯組は好走しない。

となると京都の実績あれどもタイセイ、アフリカンは割引で。
----------

ここは我ながら迷走したなあという感想。

10R以前に現在の京都は内前馬場。

後ろから行くとまず届かない。

現実のこのレースも逃げたエーティーラッセンが3着に残ったスロー。

勝ったモズベッロは6番手から抜け出して2馬身半の圧勝。

1600万の比叡Sを勝ったレッドレオンが2着。

参考レースとして同じくハンデ戦で2400の烏丸Sをチャックしたのだが。。。

タイセイトレイルとアフリカンゴールドは不安が多かった。

掲示板は来ても1着のイメージまではわかないタイプ。

だからって豊のレッドジェニアル本命にしていてはどうしようもない。

せめて神戸新聞杯の競馬を期待したのだが、
迷わず後方待機策。

豊さんって京都上手かったっけ?

こんな位置からの上がり最速にはハナクソ以下の価値もない。

にしてもモズベッロだって前走グレイトフルSで4着。

武史が下手に乗ったとはいえ
勝ち馬のロサグラウカは六社特別でアフリカンに完敗だし、
ヒシヴィクトリーだって迎春Sで3着程度。

いきなりG2で突き放して勝つかっての。

勝ちました。ああごめんなさいごめんなさい。

メロディーレーンにしても芸がないけどあれしかないのかもね乗り方。

生姜君と祐一はまあいつも通りなのか。

■中山11R 京成杯(G3) 芝2000
1着▲クリスタルブラック
2着◎スカイグルーヴ

----------
スカイグルーヴが本物なら楽勝。

偽物なら凡走して拍子抜け。

ただそれだけのレース。

ルメールがゼノヴァースではなくスカイグルーヴを選択したということ。

そう考えると買えなくなる。

ここは芝2000ならディープの連勝が止まって不思議はなし。

一発穴にはクリスタルブラック。
新馬戦のレベルは低いがこの馬だけは正味2Fの競馬しかしていない。

吉田豊も安定の好騎乗ではないロスの多い競馬。
後ろから大外ぶん回して楽に差し切ったのは気になる。
----------

記者予想なら的中!でいいんだろうけども。。。

twitterでも触れたようにクリスタルブラックの新馬は好内容。

気持ち的にはこちらが◎も
エアグル教的にスカイグルーヴが化け物であって欲しいという願望の方が強かった。

でもって吉田豊という不安材料から▲まで下げた。

新馬で気になっていたのは楽に抜け出した後も馬に余裕があったこと。

抜け出してもまだ馬なりみたいな雰囲気だった。
クソスローの流れから大外をビュンで2Fしか競馬をしてなかったもの。

ただ、これは終わって結果が出た後だから説得力を持っているに過ぎない。

やる前から確信をもってというまではさすがに無理だった。

で、レースはロールオブサンダーが主張して
スカイグルーヴは横綱相撲の番手追走。

直線では楽に先頭に立って大楽勝のはず。

それがスタートしてから手綱を引っ張って引っ張って
ポツンみたいな位置から大外をぶん回しただけ。

新馬同様芸のない乗り方。

共同通信杯でドゥラメンテが取りこぼしたのと同じようなミス(に見える)

にもかかわらず競り掛けるどころか差し切ってしまったのがやばい。

少なくともスカイグルーヴの乗り方にミスはなかった。

だからこそ負けたのはショッキングな力の差。

3着ディアスティマはさらに2馬身半離されている。

これは相当な器かもしれない。

キズナ産駒はまだまだ未知数も血統的には筋が通っている。

当方はアンチディープだがキズナは嫌いじゃない。

エピファネイアのスカイグルーヴを
キズナのクリスタルブラックが負かしたのも何かの因縁なのかね。

■回顧
置きに行って取りこぼすなら買わなかった馬の見立て通りに即死。

中山もシュウジは狙ってもヨシオはさすがにノーマーク。

京都のモズベッロも横の比較的に頭は薄い見立て。

小倉は順当。

中山はクリスタルブラックなら買える。

が、これ全部拾うのは無理よ。

だからこその1700万。

仮に中山をスカイグルーヴ1点にしていれば
他のレースは拾えたかもしれないが
そんなことをしても結局はWIN4になる。

所詮、5つ全部当たらなければWIN0も同じ。

惜しかったと泣くより負けは負けなら同じで諦めるしかない。

いやね、ほんとクソボールかワンバウンドのような低めしか来なくて
狙っている配当圏がここまで来てくれないのもしんどい。

はずれるのは慣れてるけどツライアンドツライ。
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング