FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
最近の記事
     n e x t »

【お知らせ】

PR

Posted on 21:00:54 «edit»
■京都09R 雅S 1600万 ダ1900
1着▲モズアトラクション
2着×エンクエントロス

----------
だらっとした競馬ならまだ弘平のエンクエントロス。

ただ、いずれも連穴級の評価。

想定外があるならこの条件をすでに勝っているモズアトラクション。
前走は度外視。
----------

1人気プロスパラスデイズは前走より前の6番手からの競馬。

太宰なりに教訓を生かしてのポジション取りには納得。

ただ、今回は肝心の馬が動かずに伸びるどころか失速してしまう。

さすがにこれは太宰を責められない内容。

穴で期待したエンクエントロスが勝利寸前のところを
後方にいた克駿モズアトラクションがクビ差交わしてゴール。

トップハンデはともかく現級勝ち実績馬の力を見せつけた。

当初は消す予定だったのだがやられるならこれと再考したのが奏功。

これでガチ勢としてもガミり回避確定でまずは一安心できたのだが・・・。

■中山10R ジャニュアリーS OP ダ1200
1着▲ホウショウナウ
2着-ドリームドルチェ

----------
中山ダ1200は逃げ切りか追込みの両極端なケースが多い。

他場の1200と異なり、前半3Fのラップが32-33秒台になるのがザラ。

自己条件までは速い馬が行ったままになるのがほぼだが、
OP-重賞あたりからは追込みが決まりだす。

ホウショウナウはミルコが魅力だが中山の適性は不安。

力は足りているだろうがテンからのダッシュ勝負となる小回り中山で器用なレースができるか。

東京や阪神の大箱で好走しているだけにそこは気がかり。

とりあえずびっくりするような大波乱はないとみる。

過去10年でも5人気以内で勝率8割。

通常の期待値と合致する。
----------

ドリームドルチェはなあ。
千葉S、京葉Sであわやだったから警戒したものの、
ここ2戦が二桁着順連続でさすがにWIN5だと手が出せなかった。

せいぜい来てもこの相手なら3着までの見立て。

それだけにヒヤッとしたのだが勝ったのはホウショウナウが楽勝。

ミルコは中山のダートうまいんだよね。

サイタやコウエイなどの個人的に好きな馬がいたからつい広げてしまった。

■京都10R 紅梅S OP 芝1400
1着-メイショウケイメイ
2着◎プールヴィル

----------
JF掲示板が好走条件。

新馬からの連勝は桜花賞で期待できるくらいの勝ちっぷりが欲しい。

京都芝1400で秋山の期待値が非常に高い。

いつもの地味なイメージとは正反対である。

人気はレッドでも能力はプールヴィルが上。
この人気の違いは川田と秋山の差でしかないだろう。

2頭の優劣を確認して次の段階。

ラフェリシテの新馬勝ちは1.21.9の好時計勝ち。
母シュプリームギフトはディープの子。

ブルードメアにディープなら条件は悪くない。

ただ、これモレイラが馬を動かしての勝利。

今の豊は言いたくないが鞍上弱化。

レースのラップも35.0とスローの入りから上がり35.2は平凡。

この時計は評価しづらい。
----------

JF組を評価していたとはいえよりによって17人気11着のメイショウケイメイにやられる。

スムーズな進路取りで完璧な競馬を見せたメイショウとは逆に
秋山の酷い競馬が目立つ内容。

判断が遅くて外から岩田のノーブルスコアに早々と蓋をされて内しか進路がなくなる。

仕方なく内に出そうとすると今度は前にいたメイショウに寄られて仕掛けが遅れる始末。

これは秋山が負けたレース。

メイショウは頭差で勝利だから寄って邪魔をしたのが最高に効いた。

グレーゾーンまではいかないが直後にいた秋山は後手に回るばかり。

岩田は岩田でプールヴィルの進路を邪魔したのはともかく
頭をあげて行きたがった馬を押さえつけて折り合いを欠いた。

あれなら行かせてしまった方がよかった。

着差が着差だけにストレスのたまる結果だった。

レッドアネモスはだらしがない4着も京都の内が思いのほか伸びない馬場状態。

川田も馬が強くてこそであってマジックマンではない。

豊さんは昨日の今日で絶交したけどラフェリシテの位置取りも案の定後方。

これはまだまだ和解できそうにない。

■中山11R 京成杯(G3) 芝2000
1着▲ラストドラフト
2着〇ランフォザローゼス

----------
ダート以外ではすっかりダメな騎手の烙印を押されてしまった感のある内田君。

個人的には応援している騎手なのでもうひと頑張りして欲しい。

ただ、やはりペース配分とかできないし乗り方が雑。

ルメールのような繊細さを求めるのは無理筋。

そんな中でも中山の芝2000に限ってはまだまだ買える。

皐月賞のゴールドシップや弥生賞のカミノタサハラなども内田の腕で勝った。

迷わず◎シークレットランで。

相手はランフォザローゼス。

こちらはあの未完の大器母ラストグルーヴ。

父キングカメハメハ×母父ディープの印象とは裏腹に長くいい脚を使っていたのが前走。

一旦伸びないと思わせながらしぶとく伸び続けて2着は確保。

バテずにいい脚を長く使うのはイメージに合わないが、
馬群の中から割って出ての2着は評価できる。
----------

内田テメーこの野郎www

と言いたいところなのだが、今日の内容は納得の負け。

これは内田君を責められない。

後ろから差されたわけでもなければ、前の馬がスローで残っただけ。

レコード勝ちでは1.59.6だったとはいえ今日は2.01.6の遅い決着。

その割には葉牡丹賞の上がり34.5の切れ味はどこへやら。

ランフォザローゼスを交わせないのはまだしもヒンドゥタイムズまで残されている。

ちょっとショッキングな結果だが、さすがにな体重が増え過ぎた影響もあったのかもしれない。

何しろこの馬はデビューから毎回二桁増え続けている。

464⇒478(+14)⇒488(+10)⇒500(+12)

体重が増えても強くなっていたから今回もそれほど気にはしていなかったのだが、
さすがにこの4ヶ月で36キロ増は重かったか。

11月からの2か月ぶりのレースとはいえ誤算。

血統的にまだまだ見限れないため、次走も注目。
マイナス体重なら変わってくれるだろう。

ラストドラフトについてはマルセリーナの子で注目はしていたものの、
京成杯過去20年でキャリア1戦の馬が勝ったことはない。

さらに裏付けのデータが以下。

twitterでも自信満々につぶやいて大恥をかいたwww

----------
ラストドラフトは2着に負かしたヒシイグナスが次走未勝利を3馬身差の楽勝をしたとはいえこれは中山芝2000で2.01.5に過ぎない。
Aコースで葉牡丹賞と同じ舞台設定ならこれはレコードの1.59.6と1.9秒はかなりの差。
単純比較なら勝てる理屈はない。
----------

こんなのは理屈じゃ説明できないよねもう。

だってデータも時計比較もぶち壊して勝たれちゃうんだもの。

勝因=ルメール

はいおしまい。

ランフォザローゼスの2着はこれからも期待大。

どうも詰めが甘い馬で勝ち切れていないがばてない伸びないというのはステイヤーっぽい。

早くも菊花賞の惑星としてチェックしたい馬。

■京都11R 淀短距離S OP 芝1200
1着△ナインテイルズ
2着〇アンヴァル

----------
どう考えてもまともならダイメイフジが抜けている。

モズアスコット、モズスーパーフレアとモズハンターになっているくらい。

京都の芝1200条件は基本的に内枠の行ったまま。

想定外の大穴ならティーハーフが怖いのだがさすがに59キロで9歳。

中間は意欲的で陣営はひそかに色気は持っているが・・・。

ただ、58キロでも勝ったことがありこの時も8歳。

でもなあ、、、さすがに。

ここで広げる余裕はない。
----------

グランドボヌールが危険なのは察しがついたけどアンヴァルが差されたのは少し意外。

というよりも京都のこの時計。。。

1.09.1ですか?

遅過ぎやしませんかねえ。

いつもの京都じゃない。

OPクラスで34.0-35.1=1.09.1というのは京都が重いというのはホント真理だったよね。

びっくらこいたのはティーハーフさんの方。

この馬が二桁着順からいきなり激走することがあるのは覚えていた。

でも9歳で59キロだとWIN5じゃ買えないよなあ。

といいつつホントに3着来てるんだから凄い。

0.1差だし58キロだったら突き抜けていたかもしれない。

■回顧

今日は4歳が不振で高齢馬が頑張った印象が強い。

◆京都09R
1人気プロスパラスデイズ 10着

◆中山10R
1人気ホウショウナウ   1着
2人気クイーンズテソーロ 4着
11人気ハヤブサマカオー 15着

◆京都11R
2人気アンヴァル     2着
4人気リョーノテソーロ  6着

それでもミルコが乗れば勝つという。

いや、ミルコって中山そんなに乗らないけどダ1200うまいんだよね。

京成杯にしても珍しく内田君が得意な条件だったから応援したら・・・。

騎手 着別度数 勝率
内田博幸 4- 1- 3-22/30 13.3%
ルメール 4- 1- 3- 7/15 26.7%

ルメールの勝率が倍やないか(知ってたけど

しかも今日ルメちゃん勝ってさらに差が開いちゃったよ(絶望

あ、そうだ!

もういっそデムルメ揃ったときは予想しないで2点にして
他のレースで穴狙えばいいんだ(名推理

仮にそれなら対象5Rだから

今日なら中山10R、中山11Rを2点ずつ

京都の09R、10R、11Rを5点ずつ

5*2*5*2*5で500点の50000円

あれ?ガチ勢としては現実味のある額かもしれない。

来週あたり早速試してみよう(池沼
関連記事

tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング